サンポーの「焼き豚ラーメン」が発売40周年、「そりゃ、うまかけん食べちゃってん!」

引用 サンポー食品

なぜか「焼き豚ラーメン」がSNSで話題になっており、急上昇ワードとなっていたのであせりました。「製造終了」かと思ったからです、しかし、そうではなくて40周年だったのですね、西日本新聞の電子版で取り上げられていました。発売された頃、私は高校生で覚えたてのマージャンを友人宅でする際に夜食で頻繁に食べたのを覚えています。カップ麺なのですが、カップヌードルのような「カップ、カップ」しておらず「ドンブリ」的なイメージのする商品でした、もちろん、その味も地元豚骨。

九州の誇る「焼き豚ラーメン」が発売から40年

■焼き豚ラーメンのベースは「久留米とんこつラーメン」

西日本新聞の記事をピックアップしながら書いていきたいと思います。

「佐賀県基山町。九州自動車道から工場を望むことが出来る場所に、サンポー本社はある。工場長の古川揚一さん(44)が見せてくれたのは、「44th」の文字が輝く現在(2018年)の製品と、過去の包装。その中に、1996年製の品がある。もちろん食べられないが、ビンテージの“22年物”。おそらく現存する最古の「焼き豚ラーメン」である。二つを見比べると、定番商品にもかかわらず、いくつもの違いがある。実はこの20年ほどの間に、焼き豚ら0面はマイナーチェンジを重ねていた。」~西日本新聞電子版より~

大手メーカーの商品でさえマイナーチェンジを行っても生き残れない時代なのに、40年の長きに渡って生き残っていることを称賛したいと思います。パッケージの問題ではなく、問題は、その中身です。「焼き豚ラーメン」は唯一と言って良い“久留米ラーメン”スタイルのカップ麺なのです。

■とんこつ臭い、本格派のとんこつラーメン

「焼き豚ラーメン」が地元で支持される理由は、その味の独自性なのです。

「1978年の発売当時と異なり、今はとんこつ味の即席麺は星の数ほど生産されている。それでもサンポー食品の焼き豚ラーメンファンの間で聞かれるのが「サンポーは違う。ちゃんと『臭い』」。とんこつスープ特有の臭みは、どうやって生まれているのか。「開発者も含めて、サンポーのスタッフは九州人。とんこつラーメンの味を分かっているというのが大きい。地元の人にしか理解できない『いい臭さ』を追求してきた」(古川さん)
~西日本新聞電子版より~

『いい臭さ』というのは面白い表現です、私が大好きな久留米とんこつラーメン「丸星ラーメン」などは、昔は駐車場に車を止めて外に出た時点で「臭い」が漂っていたものです。今では、豚骨の濃度も抑えられていますが、ひと昔前の豚骨スープは、観光客が食べることができないほどクセが強いものでした、そのとんこつの風味をカップに閉じ込めたからこそ焼き豚ラーメンは地元に支持されているのです。

これから全国区で広がっていく「焼き豚ラーメン」を応援

■競争の激しいカップ麺業界

なにげなく食べている即席麺ですが、その競争は激しく生き残りをかけた戦いが日々行われているのです。

「即席麺メーカーなどでつくる「日本即席食品工業会」(東京)によると、2017年度に発売された、日本農林規格(JIS)法に基づくJASマークが付いている即席麺は袋麺が265銘柄、カップ麺は1311銘柄に上る。正確な数は定かではないが、業界では「年間1000種類以上の新商品が出る」と言われている。スーパーやコンビニの棚を、各メーカーの商品が奪い合う――。勝ち残れるのはほんの一握りの「エース」だけだ。「発売直後がピーク、その後は急激に売れ行きが落ち込むのがカップ麺」と古川さん。年間売上高22億9千万円のサンポー食品を文字通り「屋台骨」として40年間支え続けてきた焼き豚ラーメンは「絶対的エース」と言える。~西日本新聞電子版より~

袋麺ではマルタイ食品の棒ラーメンやハウス食品のうまかっちゃんがありますが、九州発のカップ麺で絶対的なポジションを得ているのは焼き豚ラーメンだけです。ここに来るまでは、試行錯誤があったに違いないのですが、40年守れたのですから、これからも会社が存続する限り作り続けていただきたいものです。

■今の味を大切に販売していってもらいたい

サンポーは昨年7月に東京・汐留に東京オフィスを開設しました。これまで9割が九州で消費されてきた焼き豚ラーメンを“全国区”で販売していくためです。これまでも店舗提供のラーメンとして一蘭や一風堂が東京から全国区へ出ていきました。しかし、九州発のカップ麺が全国に出て行くのは例がありません。東京で“万民に受けるラーメン”となって全国、そして海外へと進出していくのでしょうが、恐れるのは『標準化』です、地方でクセのある商品として受けてきたものは東京でクセを取ることで『標準化』され、全国で通用する商品となっていきます。サンポーの誇る『いい臭さ』が関東圏でも受け入れてもらえると良いのですが、臭いが問題になって変更になると従来の焼き豚ラーメンの特徴が失われてしまいます。「これが久留米とんこつらーめんたい‼」と気合で、現状の味を維持しつつ頑張ってください、私も週3くらいのペースでスーパーに通います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA