北九州で松本清張全集を盗む輩は許せない、馬鹿たれが「早よ、図書館にもどさんかい」

引用 西日本新聞

福岡県北九州市の市立中央図書館が9月16日、「松本清張全集」全66冊のうち、62冊が貸し出し用書棚から紛失したことを明らかにしました。被害額は約20万円相当、同館は窃盗事件として小倉北署に15日に被害届を出しました。同館によると、最初に判明したのは9日の午前9時ごろ、閉館前の巡回で1階の松本清張コーナーの棚からごっそり本が消えているのを司書が発見しました。その時点では57冊が消えており、その後に貸し出し状況の確認の為に書棚を離れ、開館直後の午前9時35分ごろに現場に戻ると、残っていた6冊のうち5冊が新たに消え、最終巻の「老公 短編6」だけが残されていました。うち3冊は貸し出し中でした。

どんな状況で大量の本が消えたのか?

■犯行は2日間に渡って行われた

8日の巡回時には書棚に異常がないことが確認されていたことから、全集は8日と9日の2日間に分けて持ち出されたと見られます。書棚は貸し出しカウンターから約10メートルの場所にあり、雑誌コーナーも近いことから人通りの多い場所、図書館の関係者は「貸し出しの受付担当者や防犯カメラからは死角になってはいますが、常に利用者がいるような場所。どうやって大量の本を持ち出したのでしょうか?」と首をかしげています。

■重さ40㎏、どうやって持ち出したのか?

本は縦19㎝、横13.5㎝。62冊分の重さは計40㎏にもなります。2009年に松本清張の生誕100年を記念して発刊されたもので、同館は11年くらいに購入しました。松本清張は北九州市の出身ということもあり、他の作家に比べて借りる人も多かったといいます。同館は約49万冊の蔵書があり、北九州市内では最大の図書館です。平成13年に公開された映画「図書館戦争」のロケ地となったことでも知られています。

もしかしたら広島の人間が持っていったのか

■松本清張の出生地は北九州とされているが、本当は広島

松本清張のプロフィールには福岡県企救郡板櫃村(現在の北九州市北区)で生まれたとされていますが、小倉は出生届が出された場所で、清張自身は1990年の読売新聞のインタヴューで「生まれたのは小倉市ということになっているが、本当は広島なの」と語っており実際には広島市で生まれたと推察されます。北九州市の松本清張記念館館長の藤井康栄氏も松本清張は広島生まれだと指摘しています。しかし、同氏は「松本清張が広島生まれであることを証明する古い写真が存在する。この古い一枚の写真は広島生まれの傍証となるかもしれないけれど、だからといって青年月日や出生地などの公式記録を書きかえることはできない。それらは本人が生涯馴染み、確認し続けたものなのだから」として、松本清張の出生地であるとの報道について「新説」として触れる一方、現在も「小倉生まれ」の立場をとっています。もしかしたら、消えた全集は広島市の図書館の前に置かれているのかもしれません。

■なるべく早くに戻してほしい

いづれにしてもミステリーの大家の全集を「誰にもわからない」ように持ち出したのですから、それなりの意図があってのことでしょう。単に金銭が目的であったなら「がっかり」させられますが、当初より大量の図書をどうやって持ち出すか、綿密に計画を立て実行したとするならば、連れ去られた「松本氏」も納得がいくのではないでしょうか。1日目には57冊の本が消えているのですから、その重量は30㎏を超えていたはずです、またその書籍をカバン等に入れれば、かえって目立って不審に思われるはずです。考えれば考えるほど謎は深まっていきます。これこそミステリーではないのでしょうか、私としてはこんな話であってほしいと思っています。

広島の松本清張ファンは同氏の出生地が北九州とされるのに納得がいきませんでした「どうして広島で生まれたのに北九州なんだ」、そこで仲間の相談して30名ほどの人手を集めて北九州に行きます。彼らはひとりが2冊づつカバンに本を入れて持ち出します。持ち出した本は代表の家に集められています。10月某日、広島市民図書館の前にはビニールシートに覆われた「松本清張全集」が置かれ、一緒に現金の入った封筒が発見されます。その封筒にはメッセージが添えられていて「北九州市までの運送費入れておきます。松本清張氏は広島の生まれです。」なんてことはないですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA