遂に失職!2度目の不信任決議でみなかみ町長にトドメ、懲りない前田町長も終わり。

引用 時事ドットコム

群馬県みなかみ町の団体職員の女性が前田善成町長からセクハラを受けたとされる問題で、みなかみ町議会は18日、不信任決議を受けた前田町長の解散に伴う町議会戦後、初めての町議会を開きました。不信任決議案を全会一致で可決し、前田氏は地方自治法の規定により失職しました。不信任決議は二度目、前田氏は記者会見を開き、町政運営に支障をきたしたことを謝罪し、次期町長選(10月23日告示、同28日投開票)に出馬しないことを表明しました。

最後まで自分の責任を認めることなく去っていく前田氏

■町議選に費用がかかるのは仕方ないことと認めていた

みなかみ町議会は18日、前田善成町長に対する不信任決議案を再度提出し、全会一致で可決しました。町議や町民からは一連の問題が招いた町政停滞や町長の議会解散で町議選になったことへの批判が噴出しています。この日は9日の町議選後、初となる議会でした。不信任決議案の提出前には、町議選費用約1800万円を盛り込んだ本年度一般会計補正予算の専決処分報告が審議されました。質疑で町議が「大儀なき解散による町議選であり、町民を無視した無駄な予算」「予算は町民の生活や福祉向上などに使われるべきだった」などと強い口調で町民の不満を代弁しました。これに対し前田町長は「辞職か解散を迫られる中で、解散を選択した」と繰り返し、答弁は噛み合いませんでした。前田氏には町民に対して迷惑をかけた意識はないのです、なぜならば基本的に問題を認めていないからです。

■反省していれば5月時点で辞めているはず

「町政への不信を招くなど、町民の期待を裏切った」と町議に指摘された際には「責任は十分に感じている」と反省を口にしました。しかし、不信任決議案の採決では、前田氏は「セクハラにあたる行為はなかった。町政の混乱を招いたことは理解しており、自ら職を辞することで責任を取らせてもらいたい」と訴えました。前田氏は、セクハラ行為に関しては現在も認めておらず、その為に町議会銀選挙が行われたことに関しても制度上のことであって、仕方なしとしています。しかし町議からは「全国に良識と責任を示すことが町長による“人的災害”からの復興」「自身の保身を優先、町政への信用・信頼を失墜させた」などと批判され、全会一致で不信任となりました。

倫理感が欠けた人間の為に振り回されてきた「みなかみ町」

■選挙時点で町政の為になる人を選ぶのは難しい

傍聴席で議会を見ていた町民は「町長は前回(5月)の辞職勧告で辞めるべきだった。最後まで私たち町民は振り回された」とこれまでの4ヵ月を振り返りため息をつきました。他の男性は「選んだ町民も大いに反省すべき」とした上で、次期町長選では「町民は、きちんと町政を正常に運営できる人を選んでほしい」と語りました。政治は住民のためのものであり、それを主導するもの住民に選ばれた代表である以上、住民にも責任があることは間違いありません。住民は反省すべきなのなのですが、代表者が立候補時点で「倫理」を欠く人であるかどうかは判断できません、また、その時点では候補者としての資格を十分に有していたとしても、地位に就いた後にモラルが低下することも考えられます。結局は「人は間違いを犯すもの」と考え、間違ったらどうするかを考えるしかないようです。

■何であれ、まずは社会人として責任を持ちましょう

前田氏は現在もセクハラ行為を認めていませんが、社会的に認められない行為を犯したかもしれないのですから、政治家ある前に日本国民としての義務と責任を果たすべきです。前田氏は「セクハラはやっていない」と主張していますが、行為を受けた側が「セクハラ」と訴えている訳ですから、少なくても不快感を持つような行為があったと認めるべきです。それも否定するならば、被害者側が嘘をついているわけですから名誉棄損で訴えれば良いのです。いづれにせよ被害女性を不快にし問題にしなければならないような行為をしたのですから、刑事罰を含めて、その責任は追及されるべきです。このことが早期に“犯罪”と認めらていたなら、その場で町長は解任させられたはずです。政治家であろうが、何者であっても秩序を乱し、他人に不利益を与える者は処罰し、その人が社会的な影響力を持つ場合には即時に職務を停止させるべきです。そうすることが『間違ったら、どうする』の答えだと思います。前田氏もこれで終わりではありません、問題とされている女性への行為に決着をつけない限り、この問題は終わらないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA