虹色ジーンの『絶頂睡眠』が意味深と話題に、単なるヘッドスパの情報なのに?!

引用 悟空のきもち

今朝の話題「絶頂睡眠」、空想力の逞しい輩は朝からエロな内容を想像していたようですが、これは“虹色ジーン”の番組中に紹介されたヘッドスパの施術内容を表現したものです。独自のヘッドスパ技術で「これ以上ない気持ち良い睡眠が」ということのようです。この超絶気持ちの良い睡眠をもたらしてくれるのはヘッドスパ専門店『悟空のきもち』です。本店は京都にあるのですが、東京では原宿神宮、銀座に店舗があります。

「悟空のきもち」が大人気な理由とは

■ほとんどの人が寝てしまう、その絶妙な技術

「悟空のきもち」は日本初の頭専門の揉みほぐし店として2008年、京都で創業しました。現代人に多い不眠や、ストレスなどを解消するために、頭を癒す安全で効果的な手段として悟空の代表が考案した21種類の手技、ドライヘッドスパが始まりです。頭に精通した技術と極上の手技が人気となり、好評を得てきました。店舗での施術は、ほとんどの人を10分程度で眠らせてしまいます。大人を眠らせる魔法と噂が広がり、たいそうな評判となっています。通常の睡眠と違いドーパミンなど快楽ホルモンを高め気持ち良すぎる幸福感が、頂点に達した状態で寝落ちに導く「絶頂睡眠」の技術を、全コースに採用しているそうです。

■本当の満足感を感じることができるヘッドスパ

「悟空のきもち」では現在、全店予約上限の3カ月満席の状態です。京都本店・大阪心斎橋店・原宿神宮店・銀座店の全4店舗のキャンセル待ち合計は330,972人(2018年9月現在、新規の予約は、キャンセル待ちLINEの募集より、先着受付になっています。通常約1分でその月の募集枠は完売になっています。現在ヘッドスパ・ほぐし分野はもちろん、すべての店舗で「日本一予約が難しい店」となっています。これほどまでに人気なのは本当の満足感を感じることができると、評価を得ている証拠でしょう。

施術の具体的な内容はどのようなものなのでしょうか?

■ほとんどの人が寝落ちしてしまう「絶頂睡眠」

施術を受けたほとんどの人が寝落ちしてしまうという、独自の手技「絶頂睡眠」こそ、悟空のきもちが日本一予約がとれないサロンといわれる理由です。悟空のきもちオリジナルの「水を使わないヘッドスパ」は頭部に精通したヘッドマイスターが、前頭部、側頭部、後頭部を中心に21もの手技を使って頭をほぐし、ドーパミンなどの快楽ホルモンを高め、頭から全身へと心地よい幸福感が頂点に達した状態から一気に寝落ちに導くというものです。その極上手技はほとんどの人を10分程度で眠りに導き“魔法”とさえ呼ばれています。施術の流れは、リクライニングチェアに座り毛布をかけてもらってスタート。胸元から肩にかけてのマッサージから始まり、首・後頭部、そして頭へ、目元や眉間、こめかみなど、心地よいと感じるポイントを刺激され、眉間から「ふっ」と力が抜けていきます。ぐいぐい揉みほぐされるのではなく、そっと触れるような優しいタッチが絶妙です。無意識のうちに全身の力が抜けていく感覚を感じたら「絶頂睡眠」はすぐ、気絶するかのように究極の睡眠へと落ちていきます。

■施術後は「疲れ」「だるさ」が取れて“すっきり”

寝落ちするとマッサージの間中眠り続け、ヘッドマイスターの「お疲れさまでした」という声で目を覚まし「絶頂睡眠」の体験は終了します。施術後には、重かった頭は軽くなり、まぶたがいつもより開きやすくなって、視野がクリアになるような爽快感が感じられます。溜まっていた体内の毒素がデトックスされたように体の疲れやだるさが軽減されているのです。店名の由来ともなっている、頭を締め付けている「孫悟空の輪」を取ったときのような心地とは、施術後の状態のこと。ドーパミンやセロトニンなど脳の快楽ホルモンが高まって、心も体も「ふわふわ」とした状態になれます。あなたも是非、「絶頂睡眠」を体験してみてください、予約が取れればの話ですが…

  • 原宿神宮店 東京都渋谷区神宮前3-21-7 神宮前NTビル ☎03-6721-0553
  • 銀座店   東京都中央区銀座4-3-9 クイーンズハウス4階 ☎03-6263-0959

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA