登壇に「のど飴」は是か非か?女性市議問題でまたまた揺れる熊本市議会

引用 aiko369.com

女性が会議場を出た廊下で倒れて苦しそうに皺がれ声を出す姿をニュースで見たことはありませんか?そうです熊本市議会で問題になった退職勧告を受けた女性市議が気分が悪くなったと廊下で呻いている様子です。この女性市議は北口和皇氏、4度の退職勧告そして兼業禁止などで失職していましたが、復職を果たしました。そんな熊本市議会で、また新たな火種が出てきました。昨年、11月に乳児同伴で議会に出席したことで問題となった、緒方友佳氏が、今回は「のど飴」を口にしたまま登壇したことが問題となっています。

市議会の「品位」とは何なのか?議員に状態管理の問題は?

■緒方議員が「のど飴」を口に含んで登壇

熊本市議会で9月28日、緒方夕佳議員が「のど飴」を口に含んで質疑し、審議が8時間に及んで中断される騒ぎがありました。市議会は緒方市議に対して謝罪を求めましたが、緒方議員はこれを拒否しました。市議会は緒方議員に対して、28日1日間の出席停止処分を下しました。緒方議員は昨年12月には議場に乳児を抱いて着席したことから議長から文書で厳重注意を受けています。このような以前の問題もあって、周辺からは熊本市議会が旧態以前としていて、進歩的な女性議員をイジメテいるという声が上がっています。

■緒方議員は注目を集めるために意図的に行動を行っている

市議会が批判を浴びる中、現場の状況をツイッターで中継し、緒方議員を批判した田上辰也議員のもとにも「のどの調子が悪いからのど飴をなめていただけなのに議会を止める市議会に問題があるのでは?」と言ったリプライが殺到しました。中継を行った田上議員は「いじめではありません」と述べ、緒方議員の行動に関して説明を行いました「乳児は直前まで他の女性に預けていたのに、わざわざ抱いて着席してマスコミの注目を集めました。周囲の議員はパフォーマンスだと感じています。昨年の12月も体調が悪いと議会を休みながら、東京で政治活動を行っていました」と説明しました。今回ののど飴騒動に関しても「内容のない質問を繰り返していた」ことが直接の原因だと主張しています。

緒方議員は反論する「のど飴」は風邪でのどを痛めていたから

■緒方議員は市議会側の対応に反発する

緒方議員は「風邪をひいてのどを痛めていました。咳き込むとしばらく止まらなくなることがあるんで、そうならないようにのど飴を口に含んでいました」と説明しています。「謝罪をする必要があるとは思っていなかった」ため、謝罪はしなかったといいます。のど飴を咎められて発言を遮られた時は、市民からの請願について質問をしていました。「市民団体から議会の在り方を変えるような請願が出されていました。具体的には、議事録をもっと早く公開してほしい、スマートフォンでもインターネット中継を見られるようにしてほしいといった内容でした。この請願がきちんと審議されないまま不採用にされようとしていたため、質疑にどのくらい時間をかけたのか質問したのです」しかし、この質問の内容を田上辰也議員は「内容のない質問をくりかえしていた」としているのです。確かに市議会で「のど飴」だけで8時間もの間、空転するのは理解できません。やはり質疑内容に問題があったのではないでしょうか。

■真実は藪の中、本当に正しいのは誰なのか?

緒方議員は市民からの請願に関して質問していたのにそれを遮られた。それは市民の声を代弁するという議員の使命を軽視しているのではないかと指摘しています。「質疑の途中で出席停止となったため、28日は質疑の残りと討論を行うことができませんでした。これでは市民を代弁するという議員本来の仕事ができていないことになります。議会にとっても最も重要なことは、市民のために議論すること。のど飴を舐めていたかどうかという問題で議員から発言の機会を奪うというのは、おかしいと思います」と緒方議員は市議会の姿勢を責めました。この請願を出していたのは「熊本市自治基本条例をより良くする会」。10月1日には、議会の対応は市民の請願権の侵害にあたるとして、本会議の招集と質疑の再開を求める申込書を提出しました。

いかがでしょう?私的には「のど飴」は表面的な話で問題は“特定団体の請願”にあるように思われます。緒方議員は市民側として、この請願の重要性を語り、田上議員は同請願に関する質問を「意味がない」と切って捨てています。「のど飴」を口にした女性議員をイジメル市議会といった簡単な話ではなさそうです、この緒方議員、なかなかの曲者なのかもしれません。もう少し時間をかけて動向を見守った方が良い気がします。どちらが社会正義的に正しいのか興味の沸く騒動です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA