築地市場に幕が下りると、1万匹のネズミが新天地を求めて有楽町・銀座を襲う!

引用 大映「大群獣ネズラ」

首都圏の台所として1935年の開場以来、83年の歴史を刻んだ東京都の築地市場(東京・中央)が9月6日、閉場の日を迎えました。マグロの卸売り場では築地での最後のセリが開かれ、いつものように威勢のよい声が飛び交っていました。世界的に知られた国内屈指の中核市場は、11日に開場する豊洲市場にその座を譲ることになります。掉尾を飾った最高値のマグロは162キログラムある青森県大間産で、438万5000円の値がつきました。6日に取引されたマグロは生・冷凍合わせて874本でした。

競りの魚の姿が消えて大量のネズミが残される

■解体が始まれば大量のネズミが移動するようになる

閉鎖される築地市場には、推定1万匹のネズミが生息していると言われています。解体工事が始まれば、正門は開けっ放しとなり、ネズミたちの大移動が始まります。既に銀座界隈ではネコほどの大きさがあるネズミが度々見かけられており、築地の周辺地域では既に異変の兆候が表れています。築地市場が閉場し、解体によって大量のネズミが逃げ出して、周辺地域で大繁殖するような事態になれば、大パニックになるでしょう。繁殖が拡大すれば、赤坂や六本木、丸の内など他の繁華街への飛び火も考えられます。地区が隣接する銀座などの周辺住民や店舗関係者からはネズミの大移動に不安の声が高まっています。

■推計では約1万を超えるネズミが生息している

世界最大の魚市場、築地市場。世界中から魚介類が集まるこの場所は、ネズミが大量に暮らす場所でもありました。専門家の推計では1万匹におよぶ数が生息しているのではといいます。ネズミ駆除の専門業者は「築地を視察した結果、生息するネズミは1万匹かそれ以上だと考えられる。市場にはクマネズミとドブネズミの2種類がいて、クマネズミは穀物や果実、種子などを好んで食べるが数の上ではそれほどの脅威ではない。問題は半分を占めるドブネズミ、大きなものはネコほどの大きさになり、性格は凶暴で動物性タンパク質を好む、このため市場閉鎖に伴い外部に餌を求めて流出が始まる」と説明しています。ネズミが増えれば、病原菌を媒介するだけではなく、配電線を噛むことで火災を起こしかねません、もちろん東京都も対策を行ってはいますが市場周辺は抜け道だらけでネズミの脱出を防ぐことは容易ではありません。

避けることのできない鼠害がやってくる

■東京都の対策では不十分

東京都では既に2回の駆除を実施しています、しかし、ネズミが減った実感はなく市場で働く男性は「客がいなくなって、人影が少なくなると出てくる。フンはあちらこちら、階段で2階へも行くし、箱も齧れば電線もね。場内だけ駆除しても無駄だよ。あいつらどこからでも出入りするんだから、築地がなくなれば餌を探して近隣へ行くんじゃないの」と現状を語ります。築地市場には鮮魚の荷捌き場があり、船が接岸できる形状になっています、市場前は墨田川。勝鬨橋のたもとまで行けば、橋桁を伝って対岸にも行けるし、晴海通りに上がれば、植え込みを伝って銀座方面にも移動できます。東京都は隅田川沿いに籠罠を設置しているようですが、その数は不足しており、ドブネズミは泳ぎも得意です。ゴミや温暖化の影響で、既に各地域のネズミの生息数は増加しています、それに築地市場の解体が拍車をかけることになれば、予想外の鼠害がないとも限りません。

■本当にやって来るかも知れない「ネズラ」の恐怖

昭和30年代にネズミを怪獣に仕立てて映画化が計画され、結局は中止になったことがあります。作品名は「大群獣ネズラ」、昭和39年に正月映画として大映が製作をしていました。物語は東京都の南端・笹島にある研究所で研究されていた超高単位カロリーの宇宙食を食べたネズミが突然変異し巨大化、島の住民や家畜を全滅させた後、海を渡って東京に上陸、銀座裏の下水道に巣くって増殖し、東京を襲い始めるというストーリーです。撮影はぬいぐるみや人形を使わず、本物のねずみを使用し合成する手法をとりました。このため、撮影所には大量のネズミが集められ、ネズミの大量飼育に伴い発生するノミやダニ、シラミが撮影スタッフを悩ませました。また、共食いや逃げ出すという状況も頻発し、近隣住民からの苦情も殺到しました。このため、保健所から警告が届き、遂には撮影中止に追い込まれてしまいます。映画はわずか2000フィート(約20分)が撮影されただけでした。最終的には保健所の指示で大量のネズミを処分することとなりましたが「ガソリンをかけての焼却処分風景は、本編の撮影よりも迫力があった」という関係者の話が残っています。

これまで築地で生息してきた約1万ともいわれるネズミの大群、閉場に伴い、都内各地域に散らばって行くことは間違いないと思われますが、映画化が叶わなかった「ネズラ」のように、直接的に人に被害が及ばないことを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA