シュレッダーにかけられたバンクシーの絵は値上がりするらしい、山下清のちぎり紙細工とどっちが上なのだろう?

引用 ねとらば

ストリートアートで世界的に有名なバンクシーの絵画が、オークションで落札された瞬間、自動的にシュレッダーが起動してズタズタに裁断されてしまいました。ニューヨークタイムズなどによると、このショッキングな出来事が起こったのは10月5日、ロンドンのオークションハウス「サザビーズ」でのことでした。バンクシーの絵「風船と少女」が、2人の電話入札者の競争の末、事前予想の3倍に当たる104万2000ポンド(約1億5500万円)で落札されました。これは、過去のバンクシー作品の最高落札額と並ぶ額でした。「風船と少女」は、赤いハート型の風船が少女の手を離れていく姿を描いたもので、バンクシーの代表的な作品のひとつとして知られています。

自分の作品をオークションにかけられるのが嫌いなバンクシー

■数年前からオークションに備えてシュレッダーを仕込んでいたバンクシー

「風船と少女」は2002年にロンドンの街中に描かれたのが最初だと言われています。今回、落札された絵は、現所有者が2006年にバンクシーから購入したものだったといいます。5日のオークションでは、競売人がハンマーを叩いて落札が決定すると同時に、会場にアラーム音が鳴り響きました。額縁に仕込まれていたシュレッダーが起動し「風船を持った少女」の下半分が裁断されたのです。サザビーズは落札者の名前を明かしていませんが、今後について話し合いをしている段階だといいます。オークションにかけられた時点では額に入った1枚の絵だったわけですから、シュレッダーで裁断された作品は“別のもの”となってしまう可能性があります。

■「破壊の衝動は、創造的であるもの」ピカソの言葉をインスタに上げたバンクシー

バンクシーは自身のインスタに「破壊の衝動は、創造的でもある」というピカソの言葉と共に、オークション会場で撮影された動画を投稿しました。インスタ中に「オークションで競売にかけられることに備えて、作品の中に数年前、シュレッダーを潜ませていた」と書き込みも行っています。バンクシーはオークションに否定的なことで知られています。バンクシーの壁画がオークションにかけられることも多いのですが「ストリートアートは最初の場所で販売用に描かれていない限り、誰も売り買いしないように忠告したい」とニューヨークタイムズに話していました。今回のパフォーマンスも、高値で美術品を取引するオークションに対する挑発だと見られています。しかし、絵画作品として売渡したものを裁断する行為は許されるのでしょうか?疑問が残ります。

作品を破壊する行為は犯罪ではなくパフォーマンス?

■裁断された作品は、さらに価値が上昇する可能性がある

ワシントンポストによると、サザビーズのシニアディレクター、アレックス・ブランチックさんは「オークションの歴史の中で、芸術作品が落札直後に自動的に裁断されたのは初めて」としながら「バクシーに一杯食わされた」と声明を出しました。しかし、皮肉なことに「風船を持った少女」は、シュレッダーで裁断されたことで逆に価値が上昇した可能性があります。絵画を扱う専門家によれば「今回の騒動がメディアの注目を浴びたことでこの絵画は少なくとも50%以上は価値が上がり、おそらく200万ポンド(約2億9800万円)の価値があるでしょう」と話しています。サザビーズの運営側が額縁のシュレッダーに気付いていなかったかどうかは不明ですが、サザビーズ側ではこのハプニングを含めてバンクシーの作品と捉えています。

■芸術品の価値を創造するのは“売り手でやり手”の人々

数年後、バンクシーのプロフィールが明確になり、本人も自身の事を語ることができるようになった時、この「風船を持った少女」はどんな位置づけの作品となるのでしょう?サザビーズで落札後、シュレッダーにかけられた伝説の作品となるのでしょうか、その時の絵画の値段は、いったいいくらになっているのでしょうか。バクシーの作品を有名にし価値ある資産にしてきたのはサザビーズのスタッフのような「売り手」であり「やり手」のプロなのです。日本で有名な山下清氏のちぎり絵を山下氏は“金の道具”とは考えてはいなかったでしょう、ある時は風呂のお礼であり、おにぎりのお返しだったに違いありません、それが「芸術品」となったのは、彼の周囲の「やり手」のせいでしょう。バンクシーは「落書き」は犯罪と言う認識があり、その正確な身元を明かしていないと言われています。彼が純粋に表現者として現在の作品を考えているならば、彼の行動は拝金主義に対する反抗ではなく、周辺のやり手どもを喜ばせるパフォーマンスにしかならなかったのです。バンクシーの尖った感性が、周辺の「やり手」によって丸くならないことを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA