「世界の果てまでイッテQ!」“祭り”とイベントは別物、勝手にラオスで祭りをでっち上げるんじゃない!

引用 日本テレビ
世界の果てまでイッテQ

日本テレビ系の人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ」でやらせ疑惑が報じられ、番組公式サイトでは長い釈明文がアップされています。

「今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません。ラオスの情報文化観光省には、番組の趣旨を十分に説明し、正式な手続きを経て当局の許可をいただき、撮影にもご協力いただきました。現地コーディネイト会社からの提案では、水の上の一本橋を自転車で渡る催しは、東南アジアのテレビ局でも取り上げられるなど各地で人気となっている催しとの事で、番組サイドでも資料映像等を確認した上で、企画決定に至りました。一方でこの催しについて、コーディネイト会社から、ラオスでは村単位で開催されているという説明はあったものの、今回放送した会場での開催実績を十分に確認しないまま作業を進めてしまいました。結果、この会場で初めての開催であった「橋まつり」を、放送では毎年行われているかのような、誤解を招く表現となりました。この点については、番組として真摯に反省すべき点があったと考えています。」

番組公式ホームページ掲載の週刊文春(11月15日号)の“やらせ”報道に関する釈明の一部です。この説明によると、水の上の一本道を自転車で渡る「催し」がラオスで流行っており、その「催し」を別地区で再現したものであって、感謝や祈りに根ざした“祭り”とは説明されていません。

当初はごまかそうと思っていたが、逃げきれない

■現地開催の祭りにしてはセット風

文春でイッテQの“やらせ”疑惑が報じられ、イッテQの番組HPが釈明文を公開するなど、事実確認に対して攻守入り乱れて論戦を繰り広げていましたが、関係者からは「ヤラセがあったのは間違いない。ただ、宮川大輔も司会の内村光良も知らなかった。」とする話が出てきています。要は、ヤラセは行われていたとうことです、今後の日本テレビの対応いかんでは「内村が降りる」と言った声まで囁かれています。放送された「橋祭り」の状況を確認したテレビ関係者からは「日本で同じセットを作れば数百万の費用がかかるだろう、現地のコーディネーターが撮影費用から捻出したと言っているようだが、そんなレベルではない」と日本側スタッフの関与が濃厚であるとの見方もある。

■ラオスには”こんな祭りはない”と観光省

この「祭り」は、4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行われたと放送されましたが、文春側の調査では、現地在住の日本人は「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない」との証言を得ています。さらにラオス情報文化観光省光部副部長が「こうした自転車競技はラオスには存在しない」「日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」と話したと報じています。ラオスには「祭り」として一本橋を渡る催しは存在しないということです。

祭りと言わなければ良かったのに

■ラオスで流行りのイベントでは?

文春の取材に対し日本テレビは「かねてから行われている催し」とし「番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」と回答していますが、日テレ関係者の間では「真っ黒」との話が飛び交っているそうです。当初は、シラを切る方向で動いていたようですが、それが難しいと判断し現地コーディネーターに責任を追い被せるようです。現在、日本側からの取材に対し、現地のコーディネイト会社は沈黙を保ったままのようです。これが「世界の祭り」のロケでなければ、何の問題もなかったのですが、“ラオスでは水の上の一本道を自転車で渡る奇祭がある”と紹介したならば『なぜ』と問うのが普通です、それが水の神への感謝の為なのか、その年の収穫を占うためのものなのか、橋に宿る神への挨拶なのか、なんらかの起源があって“祭り”があるのです。ラオスで一本道を自転車で渡るイベントが流行っている、というなら、そのままイベントとして紹介すれば良いのです。「祭り」とするからラオス政府が腹を立てるのです、日本のメディアなら、そこんとこはキチンとやって欲しかったと思います。

■出演者も騙されていた?

今後、恐れられているのが他の“ヤラセ”の発覚です。周辺では「イッテQ」ではヤラセが常態化していたのはないかとの声もあります。毎回、高視聴率を上げる海外ロケ、その裏側では「あれだけの成功が続くはずがない」と、これまでの『奇跡』にも疑惑の目が向けれられています。極論から言えば、登山シーンもヘリを使用したのではと言われかねない状況になっていくかもしれません。そうした中で出演者である宮川大輔やMCの内村光良らは、このヤラセに関しては本当に何も知らなかったようで、内村はひどく憤慨しており自ら番組降板もあり得るようです。確かに、知らないからこそ「あの面白さ」が出せてていたのだと思います、当初からヤラセを知っていたなら面白さは出せていなかったでしょう、そうした事から言えば番組スタッフは有能だったのです。しかし、養殖ウナギを天然うなぎと偽って料理をする料理人は、いつかは、その嘘のために料理人としての地位を失うのです。ねえ、日テレさん「養殖」と「天然」では違うのではないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA