めざましでも紹介、今人気の冷凍餃子!水なし、油なしで簡単調理プロの出来上がり。

引用 未来グラフ

今朝、フジテレビ系情報番組「めざましテレビ」でもトレンドとして紹介されていましたが、冷凍食品が注目されています。チャーハンやその他中華なども完成品が高いものが発売されていますが、今回取り上げられたのは“餃子”人気の羽根つき餃子がお家で簡単に出来てしまうのです。また、同様の商品は各社から発売されており、いろんな味のバリエーションが楽しめるようになってきました。

家庭で簡単に作れるようになった羽根つき餃子

■本当に「油、水、フタ」が必要ない!

これまで“おいしい餃子”というと人気の店に行かないと食べることができませんでした。特に「羽根つき」ともなると、素人では難しい“料理”となっていました。単に焼き加減が難しいというだけではなく、油の量や水を入れるタイミングなどもあり、せっかくおいしい店で「チルド」で買ってきても家で作ると“いまひとつ”という状況がありました。そうした調理上の問題がすべてクリアされたのが冷凍餃子なのです、火のついたフライパンに餃子をのせるだけで『羽根つきのおいしい餃子』ができるのです。これを主婦がほっておくはずがありません、今、注目の冷凍食品なのです。

■大阪王将の「羽根つき餃子」

餃子と言ってすぐに思いつく有名店が餃子の王将、その大阪王将が販売している冷凍餃子が凄いのです。以前は業務用スーパーで大きな袋を買っていたのですが「羽根つき」の冷凍業が普通のスーパーで販売されているのを見つけたのです。「油いらず、水いらず、ふたもいらない羽根つき‥‥」絶対に嘘だと思いつつ、とりあえずフライパンにのせてみたのです。あら、まあ、なんと立派な羽根つき餃子が出来上がりました。お店で見るのと変わらない羽があって、こんがりキツネ色、味はもちろんGU~。秘伝のタレまで付いてきます冷凍食品だから商品に必要な水分を含ませることで、難しい水の量などの問題をクリアしたのです、まあ食べてみてください脱帽の商品です。

まだまだたくさんある人気冷凍商品

■味の素の「しょうが餃子」

羽根つき餃子も人気なのですが、日本で一番売れている冷凍餃子は別にあるのです。それが味の素冷凍食品株式会社が販売している「しょうがギョウザ」なのです。この餃子、味で受けているのはもちろんですが、王将の餃子と同じように“羽根つき”パリパリなのです。主婦に人気の商品となっているのは調理が簡単ということもあるのですが、しょうがが使ってあることが人気の元となっているようです。ニンニクを入れてしまうと匂いが気になってします、しかし、野菜と肉だけでは味が締まらない。この問題を解決したのがしょうがだったのです、しょうが独特の存在感が餃子とマッチして売り上げをのばしています。味の素では従来のオリジナル冷凍餃子とこのしょうが餃子を餃子商品の2大柱として販売していくようです。

■日本の文化が生んだ本格料理の冷凍化

冷凍食品の技術的な進歩は家庭の食卓に驚きの変化をもたらしています。今までは専門店舗に足を運ばなければ食べることのできなかった様々な料理を家庭で「おいしく」食べることができるようになりました。この背景には日本の「弁当」という文化がありました、世界各国で昼食を“家から持っていく”と言う発想はありましたが『弁当』とは異なります。フランスでは弁当が人気で駅弁なども売れているそうです、昼食時ともなると日本風弁当を買うために行列ができる店舗まであるようです。しかし、弁当の基本は“家”で作ったものを持っていくことです。子供たちの食育の為にも、今後は餃子だけではなく家ではなかなか食べることができなった類の料理を開発してもらえればと思います。今晩は、冷凍餃子+ビール、締めは冷凍チャーハンかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA