鹿屋市の老人ホーム「風の舞」で何が起こったのか?たった1ヵ月に6人死亡!偶然か殺人か、真実はどこに…

引用 サンケイ

鹿児島県鹿屋市の住宅型有料老人ホーム「風の舞」で、10月から11月半ばにかけて入居者6人が相次いで死亡していたことが21日に分かりました。8月から9月にかけて、介護職員8人全員が退職し、夜間は施設長がほぼひとりで対応していたといいます。鹿児島県は施設の運営に問題がなかったかどうか、老人福祉法に基づき立ち入り検査を行いました。施設側は鹿児島県に対し、6人はいづれも症状が重く、病死であったと説明をしました。

施設では介護職員全員が退職していた

■検査時点でも介護職員の補充はなかった

鹿児島県によると、今月上旬に外部から「施設内で死亡者が出た」との内容の情報提供がありました。情報を受けて11月9日に同施設の聞き取り調査を、16日には立ち入り検査をそれぞれ実施しました。鹿児島県は、死亡した日時や詳しい状況、入居者数などを公表はしていません。施設の定員は55人。鹿児島県の立ち入り検査に同行した鹿屋市によると、他に緊急性のある入居者はいなかったといいます。鹿児島県は検査内容を精査し、業務改善勧告などを検討するとしています。立ち入り検査までに介護職員は補充されていませんでした。

■夜は院長が一人で対応

厚生労働省によると、住宅型有料老人ホームは介護職員の配置基準に法律上の定めはありませんが、指針では夜間の介護や緊急時の対応などで職員を配置するように示しており、鹿児島県も同様の指針を示しています。同施設が鹿児島県に提出した資料では、7月1日時点で約40人が入居し、うち85歳以上が過半数を占めていました。住宅型有料老人ホームは、外部の訪問看護や介護サービスを利用するのが前提となっています、鹿屋市によると同ホームには、隣接する訪問介護事業所から介護職員が派遣されていました。その職員が8~9月にかけて全員退職したため、日中は系列施設から派遣された看護師2人が、夜は同ホームの施設長が一人で対応していました。既に夏から厳しい状況になっていたのです。

6人の死因に関しては闇の中

■死亡診断書は院長が書いていた

同ホームを経営する「風の村」グループ統括の波江野力院長らが開いた記者会見によれば、死亡した6人は85~97歳の女性でした。死因は老衰2人、消化管出血、腎不全、心不全、誤嚥による窒息が各1人で、3日間のうちに4人が死亡しました。6人のうち5人が点滴で栄養補給をしていました。死亡診断書はすべて、医師の波江野医院長が書いたといいます。そうなのです、6人の死亡に関しては院内で処理されてしまっていたのです。外部からの確認を行わなかった6人の死因に関しては、実際どうだったのかを知ることは難しいと思われます。院長は医師として“医療面に関しては十分”と説明していました。

■能力がないと”殺した”と言われても仕方ない

介護職員が辞めてからは昼間は2名の看護師、夜は院長1人の体制で運営を行っていました。それまで8人で行っていたことを昼は4分の1の労力で代替していたのです。どう考えても住居者に対する応対の質は低下していたはずです。世間的には『介護』と言いますが、実際には入居者の衛生面を維持するための排せつ物の処理、入居者の身体の洗浄、衣類の洗濯と言った作業が『介護』の大半であり、減少した人数でカバーできたはずはありません。院長が言うように「医療」は足りていたとしても、入居者が「人として快適」に過ごす環境は維持されていなかったのです。その結果、ストレスから同時期に6名が亡くなられたとしても不思議はありません。とするならば院内の環境保全ができなかった波江野院長ら院側の責任は重大です。院側の責任で入居者を「殺した」と言われても仕方ありません。

 

しかし、今回の問題は単に院の運営上の問題とすることはできません。そこには日本のどこにもある「構造的」の問題があったのはないでしょうか、経営側はできればキチンとした入居者対応を行いたいと思っても、人手が足りない(募集しても応募がない)、人を集めるために給与を上げれば経営全体が苦しくなる、入居者は毎年衰え動けなくなり、さらに労力と経費を必要とする…、今回は同時期に6名でしたが、構造的な問題を解決しない限り施設入居者全員が死亡することも、あり得ます。介護施設の苦境を救うために国費を投入すれば、他の福祉行政が立ち行かなくなります。鹿屋の問題は、日本中どこにでもある問題ですし、その根本的解決は難しいと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA