神の里、高千穂の一家6人惨殺事件の真相を追う、8番目の“男”がいたのではないか?次男は犯人ではなく被害者!?

引用 毎日新聞

11月26日に九州山地の中央部、宮崎県高千穂町にある民家で、この家に住む飯干保生さん(72)の家族ら6人の遺体が発見されました。パワースポットとして注目される高千穂の山間の集落に親子3世代で暮らす飯干さん一家に起こった凶行に地元の人々は驚きと恐怖に包まれています。事件の起きた飯干さん自宅周辺には民家がなく、事件発生時の目撃証言もなく、事件の詳細は2日経過した現在も明らかにはなっていません。

離れの一軒家で発生した殺人事件

■知人1名と家族5人が殺害された

事件現場から発見された遺体は、飯干さんと妻の実穂子さん(66)、次男の昌大さん(42)の妻の美紀子さん(41)、昌大さんの長男拓海さん(21)、長女の唯さん(7)、もう一人の男性は昌大さんの知人の松岡史晃さん(44)と確認されました。全員が、ナタのような鋭利な刃物で刺されてなくなったとみられ「現場は遺体が折り重なり、血の海と言う状況。」(捜査関係者)屋内で発見されたのは5名、飯干さんの妻、実穂子さんの遺体だけは屋外で発見され、ほほ首が切断された状態でした。

■犯人は同居の次男か?

この惨殺現場に姿がなかったのが、同居していた飯干さんの次男、昌大さんでした。事件発生を確認した宮崎県警が捜査をする中、自宅から15分の場所にある高千穂町の中心部で昌大さんの車が見つかり、近くの橋の下から男性の遺体が発見されまっした。状況から昌大さんが飛び降りたとされていますが、橋は150mもの高さがあり、遺体が回収されたのは昨日の朝、検死の結果を待たなければ「自殺」との特定もできません。近所の方の話では、昌大さんはまじめで働き者、事件当日も珍しく連絡が無く職場に姿を見せない昌大さんを心配した職場の人が近親者に連絡したことから事件が明るみになったのです。

飯干家では数か月前からトラブルを抱えていた

■犯人は外部の人間の可能性も

周辺の住人への聞き込みから、数か月前から飯干家ではトラブルを抱えていたことが分かっています。「昌大さんはおとなしい人物で外に仕事にいっていたようだが、いずれも長続きしなかった。昌大さんと妻の美紀子さんは不倫など夫婦関係でもめており、近所に住む昌大さんの知人男性がここ数カ月、仲裁していたらしい。それでトラブルになったのではないか。昌大さんが6人を殺し、飛び降り自殺した可能性が強い」と飯干家と付き合いのある住民は語りました。この周辺住人が語るように次男の昌大さんが一家6人を殺害して自らは橋の上から飛び降りたのでしょうか?これまで公表された事実からは、そうは断定できないような気がしまします。「犯人は別にいるのではないでしょうか?」

■外部説を疑う根拠そして8番目

ここからはあくまで推測の域を出ませんが、いくつか気になる点があるのです。1.6人もの人間をひとりで短時間に殺害できるのか。 2.自分の長女(6)を殺害、母の首を切断。そこまでできるものなのか。3.橋のたもとから発見された車に「血痕」があったという報道はない。大きくはこの3つのことから、犯人は外部の者で昌大さんは犯人に見せかけるために橋から落とされたのではと思うのです。

 

  • 1の全員をひとりで殺害ですが、凶器がナタとされていますが、通常ナタは“刺す”形状にはなっていません、相手を傷つけるためには刃の部分で切りつける、振り下ろす形になります。屋内でナタを使って短時間に数名を殺害するのは難しいのでは。
  • 2の長女と母に関しては、逆上した状態では可能かも知れませんし、母の首が切断されていたのは凶器のナタのせいかも知れないので、これは良くわかりません。しかし、実の娘・母に対しての行為としては酷いのでは。
  • 3発見された昌大さんの車には凶器はなかったとされています、血痕があったかどうかは発表されていませんが、車中に血痕がなかった場合は不自然です、6人もの人間を殺害した後ならば、血を被ったように返り血を浴びているはずです。そのまま運転すれば、車の中は血だらけになっていたのでは。

 

7人目の被害者が昌大さんで、8番目の登場人物がいるような気がするのです。8番目とは数カ月前からトラブルとなっていたという不倫の相手、となると昌大さんの妻の交際相手ということになります。あくまで推測ですが、知人の松岡さんが“仲裁”に来ていたというのは「外部の人間に対して」の仲裁の意味ではなかったのでしょうか、そうすると、8番目の人物は昌大さんと松岡さんが共通で知る人物ということになります。現在の公開情報では、昌大さんが犯人であるように思われますが、8番目の犯行説、なくはないと思うのですが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA