秋篠宮様怒りを露わに!「それ相応の‥」聞いとるんかい小室さん、日本の象徴親族に泥塗ってタダで済むわけがなかろうが。

引用 毎日新聞

11月30日、秋篠宮様は53歳の誕生日を迎えられました。来年5月に、兄皇太子は新天皇に即位されます。これに伴って、秋篠宮は皇位継承順位第位1位の皇嗣となります。それだけに今回の誕生日会見は、大きな節目を迎える前の極めて大切な会見と位置づけられます。秋篠宮様は記者からの質問に答え、皇嗣となる抱負などについて率直に語られました。しかし、一番の注目事項は長女・眞子内親王の結婚問題に関する発言でした。

本来なら既に結婚しているはずだったのに

■小室さん側の問題で先送りとなったご結婚

本来ならば今年11月初め、眞子内親王は大学時代の同級生で法律事務所の職員、小室圭氏と結婚する予定でした。しかし、昨年末以来、週刊誌などが小室家を巡る金銭トラブルなどを繰り返し報道しました。その結果、今年2月6日、宮内庁は突然、眞子内親王の結婚を2020年に延期すると発表したのです。今年夏には小室氏は3年の予定で米国に留学してしまい、おふたりの結婚は宙に浮いた形となっていました。その後も週刊誌等では小室氏のアメリカにおける行動や、過去の家庭問題などを取り上げたため、小室氏がお相手として「相応しくないのでは」との声も飛び交っていました。

■ご心痛の秋篠宮「怒りの言葉」

結婚延期後、沈黙を守り続けた父親が娘の結婚に関して何を語るのか、多くの国民が秋篠宮様の発言に注目しました。

「これは、二人にも私は伝えましたが、やはり、今いろんなところで話題になっていること、これについてはきちんと整理をして問題をクリアするということになるかもしれません。そしてそれとともに、やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません」

秋篠宮様は怒っていたのです、テレビの画面にはいたって平静な口調で語られる秋篠宮様の姿が映っていましたが、締めくくりを断言するようなお話はめったにしない秋篠宮様が”行うことはできません”と言い切っているのです。明らかにお怒りです。

けじめをつけるには、時間が経ちすぎている

■問題を解決する気が見えない小室氏側

現在、小室氏の抱える問題として話題となっているのは、母親が交際していた男性から援助された金銭を「贈与」として返済していないことです。この中には小室氏の留学の費用も含まれています、交際していた男性は「お貸ししただけ」としていますが、両者の言い分は真っ向から異なっています。このことに対し秋篠宮夫妻は、小室氏と母親に事実関係を広く国民に説明することを求めているのですが、現在に至るまで実現していません。また、秋篠宮夫妻は説明するだけではなく国民が小室氏の主張に納得しなければ意味がないと考えているのです。

■誰にだって間違いはある、眞子様もやり直せばいい

秋篠宮様は、結婚したい気持ちが二人にあるのであれば「相応の対応」をするべきだと述べられています。今回の会見は、この一言に尽きる気がします。世間を騒がせたまま慶事を行うことはできない、国民が承知納得した上で事を収束させ、その後、全国民から主婦くされて結婚すべきと言われているのです。相応がわかっていれば、小室氏はアメリカに行くことはなかったはずです、国内に踏みとどまって金銭問題の解決に努めたはずです。秋篠宮様は『既に行動は見られなかった』と結論を出されているのです、国民のひとりとして秋篠宮様を支持します、私にM-16 ライフルがあれば小室親子を「相応の処分」として撃ち殺してくれるのに、と歯がゆく思います。秋篠宮様の毅然とした態度に国民として尊敬し、親として同調します。53歳おめでとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA