どこまで鬼畜!寝屋川の中一殺人犯・山田浩二被告が控訴、神がいるなら何度やっても“死刑”の判決を‥。

引用 ANNニュース

平成27年8月に大阪寝屋川市の中学1年、平田奈津美さん(当時13歳)と同級生の星野凌斗さん(当時13歳)を殺害したとして殺人罪に問われ、19日の大阪地裁の裁判員裁判の公判で、求刑通り死刑を宣告された山田浩二被告(48歳)の弁護人は閉廷後、記者団に「控訴することになると思う」と述べました。死刑判決が出たことで、二被害者の遺族はなんとか事件にけじめがつけられところだったのですが、控訴となると再び山田容疑者に憎悪を膨らませる毎日を送ることとなります。

直接的な証拠がなく、山田容疑者の犯行立証が難しい

■容疑者は「殺す気はなかった」と主張

今回の判決では、大阪地裁は山田容疑者に2人に対する殺意があったと認め、2人に対する殺人罪が成立すると認定しました。また、事件当時の完全責任能力もあったと認めています。浅香竜太裁判長は19日午後2時ごろに開廷した判決公判で、主文の言い渡しを後回しにし、理由の朗読から始めました。山田被告を犯人だとする直接証拠のない中、公判で山田被告は、2人のいずれも「殺すつもりはなかった」と否認していました。

■検察は殺害は明白と主張

一方、検察側は2人の生前の健康状態や遺体の状況、死亡直前に行動をともにしていたなどの状況証拠から、山田被告が犯人だと強調しました。犯行当時の刑事責任能力に問題はなく、前科などから更生可能性はないなどと訴え、死刑を求めていました。

山田被告は、大阪府内かその周辺で、27年8月13日午後7時ごろから同11時10分ごろまでの間、平田さんの首を手などで圧迫し、顔に粘着テープを何重にも巻き付けるなどして窒息させて殺害。同日、星野さんも首を何らかの方法で圧迫され、窒息死させられたとして起訴されていました。

過程の問題は別として”責任”は山田容疑者にある

■星野さんの殺害に関しては死因の特定が難しい

最大の争点となったのは、山田被告が2人の殺害に及んだかどうかでした、このうち検察側と弁護側で、死因から殺意の有無まで主張が完全に相反していたのが、星野さんの事件でした。星野さんの遺体は、発見されるまで、大阪府柏原市の竹林で1週間以上放置されていました。一部白骨化し、司法解剖でも死因は特定されていません。

弁護側は公判で、星野さんが急病や熱中症で死亡した可能性が否定できないと強調、山田被告も被告人尋問で「車に乗せた後、汗を搔いて震えだし、息をしなくなった」と供述し、星野さんの死亡には関与は極めて薄いとの立場を示して無罪を主張してきました。これに対し検察側は、星野さんの遺体写真などを鑑定した医師2人の証言を基に「首を圧迫して殺害したことは明らか」と断言してきました。星野さんの歯や頭蓋骨は変色していましたが、いずれも首が圧迫された際によくみられる所見だとし、死因は「窒息死」であり「強い力で数分間首を絞め続ける意思がなければ窒息死に至らない」と述べ、殺意は認定できると訴えてきました。

■殺さなくても、死なせてしまった責任はある

今回の判決があっぱれであったのは、直接証拠が乏しく容疑者の刑事責任能力の程度も問われる状況下で「被告の証言は嘘である」として、弁護側の偶発的な事故での死亡を真っ向から否定して“死刑”の判決を下したことです。まさに「あっぱれ」と拍手を送りたいと思います。殺意があり直接的に手を下していなかったとしても、山田被告が2人に関与したことによって2人は死ぬことになったのです。どんなに言い訳をしたところで、まだ中学生だった被害者2人を「死なせてしまった」事実は変わりません。殺意があったか、直接手を加えたか、それは偶発的な事件の場合には問題ですが、連れ去り自由を奪い結果として死に至らしめた場合は、問題外です。法律がどうかは知りませんが、山田被告に死刑を逃れる道はないのです、神がいるならば、何度控訴しようが山田被告は“死刑”になるはずです、亡くなった2人のご遺族には深い同情の念を禁じ得ません。子供に手をかけるような奴は地獄に落ちろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA