取り締まりの「ノルマ」でもあるのか?僧衣の僧侶が福井県内で逮捕される、その基準に疑問?

引用 goo

福井県内の40歳代の男性僧侶が9月、僧衣を着て車を運転していたことを理由に、同県警に交通違反切符(青切符)を切られていたことがわかりました。福井県の規則が「運転操作に支障がある衣服」での運転を禁じているためですが、僧侶の多くは日常的に僧衣で運転しており、男性は「法事に行けない」と反則金の支払いを拒否、所属する宗派も反発する異例の事態となっています。どこまでを“支障がある衣服”とするのか明確な基準もない規則での取り締まりには多くの疑問の声が上がっています、平素から取り締まりに関しても警察側の事情が優先しているのではと見られている昨今、警察側も規制基準に関して明確な説明をすべきです。

 

福井県警や男性の説明によると、9月16日午前10時過ぎ、福井市内の県道で、男性が軽乗用車を運転していたところ、取り締まり中の警察官に制止されました。警察官は「その着物はダメです」と告げ、青切符を交付しました。違反内容は「運転に支障のある和服での運転」と記載され、反則金6000円を納付するように求められました。男性は法事に行く途中で裾がひざ下までの僧衣を着ていました。男性は「20年以上、僧衣で運転しているが摘発されるのは初めて」と語り、突然に規制対象になったことに驚きを隠せませんでした

 

男性に適用されたのは、福井県道路交通法施行細則にある「運転操作に支障を及ぼすおそれのある衣服を着用して車両を運転しないこと」との規定です。警察官は、男性が着ていた僧衣の袖や裾が運転に支障があると判断したものと見られますが、県警交通指導課は「僧衣がすべて違反ではなく、状況による」と説明しました。しかし、基準は明確にはされていません。今回の件では、現場の警察官の「判断」によって違反とされたわけですから『各担当者の独自判断による』摘発となるわけです。では、その警察官から「何が、どのように運転に支障を来すのか」説明をするべきです。これは警察全体に言えることですが、多くの場合「摘発ありき」的な行為を見かけることが多々あります。

 

年末に入ると各地方の警察でも「年末特別取り締まり」などと称して道交法の取り締まり強化に当たるケースが多いと思います。確かに酒席が増える年末に検問などを行い酒気帯び運転者を摘発するのは当然だと思います。しかし、国道のような主要幹線道路ではなく田畑の中を通る「生活道路」のようなところで“スピード違反”を取り締まるのは何故なのでしょう?制限速度は30kの道もあります、取り締まりに気が付かないドライバーは大半が青切符を切られることになります。確かに制限速度を超えて運転する行為は危険であり問題です、しかし、日常的に使用される生活道路で「わずかに制限を超えた」だけで摘発されるのは、いかがなものなのでしょう。まるで、捕まえるためにやっているとしか思えません。規制速度を守らせるということであれば、もっと良い方法があるのではと思ってしまいます。まるで検挙ノルマを達成するための取り締まりに見えてしまいます。

 

さて、今回の法衣に対する摘発ですが、明らかに誤った判断と言えます。もし、僧衣が違反行為に当たるのであれば事前に各寺院に「法衣を着て運転すれば、法規制の対象となります。法衣での運転は止めてください」と事前に通達を出すべきです。また“状況”によるとするならば、その“状況”を規定し明文化して認知させるべきです。これでは救急搬送時に医師が必要に迫られ運転した場合も「裾が長い白衣」を着用していたので×となるのでしょうか、状況的には可とするのでしょうか、法に基ずき治安を守るのが警察とするならば、取り締まりにおける「明快な基準」を現場の警察官の方々にも周知徹底させるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA