おいおい!喜多嶋舞の長男が傷害で逮捕でしょ。大沢樹生の長男とするのは、どうなんですか?喜多嶋さん、引退しても責任は無くならないから…。

引用 geitopi.com

俳優の大沢樹生さんと元妻で元女優の喜多嶋舞さんの長男で、その後、大沢さんの実子でないことがDNA鑑定で判明した職業不詳・大沢零次容疑者(22)が1月29日、傷害の容疑で警視庁北沢署に逮捕されました。逮捕容疑は今月25日、東京都世田谷区内で20代の女性に乱暴し、全治1週間の怪我を負わせた疑いです。女性は口の中を切ったり、体に打撲を負ったりしました。暴行は度々行われていたといい、首を絞められたこともあったと言います。捜査関係者によると大沢容疑者は容疑を認めているそうです。マスコミ各社は大沢樹生さんの息子として話題にしていますが、2013年のDNA検査の結果、親子関係は否定され2015年には家庭裁判所で正式に親子関係はないと判決が下っています。それ以降、親権は喜多嶋さんが持っているのですから「元女優喜多嶋舞の長男が傷害」とすべきではないでしょうか?大沢さんにとっては甚だ迷惑な事だと思います。

境遇と行った犯罪は等価ではない

■零次容疑者は大沢氏の実子ではない

大沢容疑者は1997年に大沢さんと喜多嶋さんの長男として誕生しました。2人は2005年に離婚、以降は大沢さんが親権を持って零次容疑者を育てていました。しかし、零次容疑者の身体が弱いことや、再婚したさやかさんが死産したことなどから“自分に原因があるのでは”と思い、零次容疑者のDNA鑑定も行いました。その結果、零次被告が実子ではないことが判明してしまったのです。喜多嶋さんは「父親は大沢さん」と反論しましたが15年に東京家庭裁判所は「親子関係はない」と判決を下しました。その後、親権は喜多嶋さんに移り零次容疑者は芸能界を引退した喜多嶋さんと米国で生活していました。しかし、最近帰国、被害女性とは1年ほど前にバーで知り合ったといいます。

■零次容疑者が犯したDV行為とは

AERAに掲載された親族が語る零次容疑者のDV行為は

「暴行は何度かありました。一番ひどかったのが1月25日の夜でした。食事に行って、二次会で飲んで、A(被害女性)の家に帰ろうとタクシーに乗った時でした。長男が『財布がないじゃないか』とブチ切れはじめたのです。財布はAのカバンに入れているのを知っているくせに、泥酔するとこうなる。家のマンションのところで、Aはさっとタクシーを降りて、荷物をまとめて今度こそ、逃げようと飛び出した。そこを長男に捕まってマンションのの玄関先で髪をひっぱられ、殴られた。そして、部屋に連れ込むと、両手の指2本を口に突っ込み、喉を抑えて内側から、首を絞める格好で窒息死させようとした。なんとか、もがいてAは逃げ出すことに成功。そのまま実家に戻ってきた。すぐに病院に行き診断してもらうと、打撲などあちこちあざだらけ。Aは恐怖で『もうちょっとで殺されるところだった』『一緒だといつか、殺される』と怯えています。」(引用 AERA dot.)

大沢樹生氏を「親」として取り上げるのは止めてもらいたい

■元凶は喜多嶋舞が「誰の子」か公表しないこと

どうも零次容疑者は女性に日常的にDVを加えていたようです。25日のDV行為に関しては親族が語ったように、殺人未遂行為にも近い暴力です。父親が誰かもわからず、親権を父から母へ、物のように動かされてきた同容疑者がその境遇からDV行為の常習者になったとも考えられます。まあ、同情する余地がないわけではありません。しかし、今回の事件で最も大きな被害を受けたのは大沢樹生さんです、既に自分の実子ではないこともわかった零次容疑者が起こした事件なのに「大沢樹生の長男」と報道されて、あちこちにその写真が使われています。犯罪者の父、誤った教育をした親、しかし本当に非難されるべきは現在も親権を持つ喜多嶋舞さんではないのでしょうか?芸能界を引退したから、その姿が報道されることはありません。大沢さんからしたら、何年もの間、どこの誰とも知らない男の子供を育てさせられていたのです、こうした問題が起きた時ぐらい、自分がすべて被るくらいのことがあってもいいのじゃないですか、あまりにも大沢さんが可哀そうです。

■これ以上、大沢氏に精神的な負荷をかけるべきではない

また、零次容疑者が今回のような行動に走ったのは、喜多嶋さんが零次容疑者の父に関してキチンと説明を行い、本人を納得させていなかったことも原因のひとつでしょう。いづれにしても、これ以上、大沢樹生さんを苦しめるのは止めるべきです。喜多嶋さん、あなたがバッシングを受けて大変なことはわかっていますが、ここは、あなたが責任を持つべきでしょう。それが大沢さんに対する償いなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA