「がっかり」はこっちのほうさ!なんであんたが大臣、桜田義孝五輪担当相は政界を永久追放すべき!

引用 サンケイ

2月12日、競泳の池江璃花子選手(18)がツイッターを更新。白血病と診断され、闘病中であることを明かしました。コメントの中で「私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療すれば完治する病気でもあります」と戸惑いつつ、前向きな姿勢を見せた池江選手でした。そんな彼女には各方面からエールが送られています。白血病と2度闘病した経験がある俳優の渡辺謙(59)は「前を向いて焦らずにしっかり治療に専念してください。」と激励、フィギュアスケートの宇野昌磨選手(21)も「怪我や病気は、周りの人が思うよりも本人が一番苦しんでいると思う」と慮るコメントを公表しました。

心配なのはオリンピックの動向、選手は駒

■思わず本音で「がっかり」が出てしまった。

こうした池江選手に激励が行われるなか、対照的な言動が問題となっている人物がいます。桜田義孝五輪担当大臣(69)です。桜田大臣は集まった記者団に対して次のようにコメントしました。「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、がっかりしている。早く治療に専念して頑張ってもらいたい。また、元気な姿を見たい。ひとりリードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」病気のことは気遣ってはいますが、まずは『がっかり』が自然に出てしまったことが、この大臣の人間性を表しています。そして『下火にならないか心配している』結局は池江選手のことは気にかけておらず、彼女がオリンピックに出ないと盛り上がりに欠けると心配しているのです。

■呆れるほどKYな人

衆議院予算委員会では野党側から激しく桜田五輪担当相を責める質問が相次いだ「選手はコマなのか?」「辞任すべき」。立憲民主党の寺田学議員は、3度にわたり辞任を迫りましたが桜田五輪相は「職責を全力で全うするつもりだ。今までの分も挽回できるように、一生懸命頑張りたい」と辞任要求は突っぱねました。安倍首相も「しっかりと職責を果たしてもらいたい」と、桜田五輪担当相の罷免を拒みました。同予算委員会では五輪憲章を読んだのかとの質問に「話には聞いているが、自分では読んでいない」と返答、そもそもオリンピックの根本原則すら読んだことのない人間に、オリンピックを担当させていることは大問題だと思うのですが。

人としてどうなの?って思うでしょう。

■海外でも有名な日本の大臣

桜田五輪担当祖はサイバーセキュリティ―の担当閣僚でもあることは、今や日本国民であれば周知の事実、最近では「Abe」よりも「Sakurada」の方が、世界的に有名だとか。桜田五輪担当相が「自分でPCを使ったことがない」と発言したことが、世界的な話題となったのです。米誌ワシントンポストでは「驚くべき告白」、英紙ガーディアンでは「最強のセキュリティー」と皮肉を込めて紹介されています。要は字が読めない教師とおなじようにパソコンが扱えないのに、ITのための安全策を担当している方なのです。パソコンは打ってもらうもであり、USBは「穴」なのです。こうしたことから大臣としての資質に欠けると何度も言われているのですが、ご本人は「能力はある、大丈夫です」とどこ吹く風なのです。いつから『評価』とは自己申告制になったのでしょうか?特に政治家に関しては、自己判断による独走が多くみかけられます。

■辞めるだけではなく、政界を引退し隠居すべし

政治とか、大臣とか、そんなことよりも1人間として社会適合していないと申し上げたい。まず、思ったことをそのまま口に出すのは社会人としての常識のなさを表しています。次に、すべてのことを官僚に尋ねるのは、まったく学習していない証拠です、自分の担当する内容を掌握していなくては仕事になりません、職業人として失格です。そして、ここが最も重要なことですが、自分のやっていることを“恥”だと思っていません。日本人の最も尊ぶべき精神文化は“恥”の文化です、この為に武士と言われた人たちは「腹切り」の習慣を持っていたのです。政治家としての意識は権力のみにあり、人を気遣うことには無頓着で“恥じ知らず”なのが日本の五輪担当相ということでしょう。政治家を辞めて、千葉で隠居すべきです。大臣を辞任するとか、そんなことで済ましてはいけない気がします。そして、任命責任と罷免しなかった責任を安倍首相も取るべきです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA