「翔んで埼玉」が大ヒット!埼玉をディスルと言いつつ、埼玉賛美の映画となっていませんか?埼玉人は“今が旬”。

引用 翔んで埼玉

伝説と言われる漫画『翔んで埼玉』の実写版が2月22日から全国公開され週末の興行収入ランキング1位を獲得する大ヒットを飛ばしています。物語は東京都民が埼玉県人を極端に差別している架空の日本社会を舞台に、差別をなくし埼玉の地位向上をもくろむ埼玉解放戦線の指導者・麻実麗が反乱を起こすというもの。原作は「パタリロ」で知られる魔夜峰央が1982年から83年にかけて連載していたギャグ漫画です。当時の魔夜峰央は漫画家としてステップアップするために出身地新潟から都心に近い埼玉に転居したばかりで、自身が住む埼玉県をおちょくる目的で本作を考案したそうです。その後、魔夜は連載途中で横浜に転居「これでは埼玉県をただ馬鹿にする漫画になってしまう」と中断、未完の作品となっていました。

時代が求めた「翔んで埼玉」、埼玉の新しい価値が生まれる

■パワーアップした埼玉に対するディスり

2015年にSNSなどで「翔んで埼玉」が話題となり、宝島社から復刊されました。発売から1年ほどで発行部数50万部を超える大ヒットとなり、漫画を原作とする作品で馴染みのある武内英樹監督(のだめカンタービレ、テルマエ・ロマエ)の手で実写映画化されることとなったのです。30年以上前の一巻しかない未完の原作は、武内監督が独自の解釈を加えて映画化するのに最適の題材でした。原作で極端に差別される埼玉人は、あくまで都市伝説上の“昔の日本”という設定、そのエピソードを現代の埼玉で暮らすとある一家がカーラジオで聞くという構成になっています。都市伝説というフィルターを通すことにより原作より更にパワーアップした埼玉ディスリが実現しました。

■埼玉テーマのエンターテインメント

埼玉、埼玉と言っていますが主演の麻実麗役は沖縄出身のGACKTですし、相手役の都知事の息子・壇ノ浦百美を演じている二階堂ふみもまた沖縄です。芸能界には数えきれないほどの埼玉出身のタレントがいて、今回の作品にもたくさん出演しています。益若つばさ、島崎遥香、成田凌、ブラザー・トム…、また写真だけで出演の埼玉出身者も多数、何だかんだ言っても「エンターテインメント」なのです、埼玉をディスリつつ大いに盛り上がるのです。本拠地埼玉では各シネコンの本作は大入り御礼状態が続いています、埼玉県人はディスられていても「もう気にならない」領域に達しているのです。かつて魔夜が漫画で描いた“ダサイ玉”は存在しないのです。

既に埼玉は昔の埼玉ではなくなっている

■「ここでいい」と言える都市となった埼玉

埼玉県は今一番おいしくて幸せな県なのです。そのことを知っているからこそ、思いっきりディスルことができ、それを見た埼玉人も「笑い飛ばす」ことができのです。そうです『笑い翔ばして!埼玉』なのです。かつては、埼玉ロコが溢れ、地元愛に縛れれるあまりに他県や東京から揶揄される度に敏感に反応してきましたが、いろんなところから流入してきた移民によって埼玉は変貌したのです、見てください西川口はかつてピンクの街としてNK方式などという言葉まで生まれましたが、今では「新中華街」となり、見たこともない本格的な中華を食べることができるのです。また、関東周辺の中学生が修学旅行の予備演習に行くのは「小江戸」、川越なのです。特にさいたま中心地は劇的な変貌を遂げており、年末の格闘技の聖地と言えば“埼玉スーパーアリーナ”、鉄道博物館と言えば大宮、などなど、海はなくても『十分』に満たされた生活が送れる都市となったのです。

■真正埼玉人はどう思う?

上野や新宿まで30分で出られる環境から、多くの“移住者”が埼玉県に入ってきました。これが、埼玉がディスられても平気になっていった理由です。東京に東京生まれのひとがどんだけいますか「まんなか」を『まんまんなか』と言い、「ひがのぼる」を「しがのぼる」と言う生粋の“江戸っ子”がどれだけいますか?地方出身者が作り上げた巨大都市が東京なのです、そして今、埼玉も東京化が始まっているのです。かつて“ダサイ玉”と呼ばれた時代は終わってしまい、純血種の埼玉人が希少となる時代がやってきたのです。埼玉ロコのみなさん、ディスられても平気な顔で笑っていられるのは「移民埼玉人」なのです、果たして「笑い翔ばせる埼玉」となったことは、埼玉人にとっての幸福なのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA