ファミリーマートに貼られた「人種差別」抗議の張り紙、こんなんやって当然のことじゃありませんか!外国人だからって黙っている必要はない。

引用 5円まとめ

都内にある「ファミリーマート」で、来店客の「人種差別と言わざるを得ない発言」に対する抗議の張り紙がツイートされて大きな反響を呼んでいます。張り紙は12日にはがされましたが、ツイッターでは同店の対応に対して支持の書き込みが続いています。ツイートしたのは近くのバーに勤務する30歳になる芸人の「ラーメン大好き石塚さん@HaruhiyaNishin」さん。11日、いつも立ち寄るファミリーマートでレジ脇に貼られていた紙に気付いたといいます。張り紙にはこのような文書が書かれていました「特定のお客様から人種差別と言わざるを得ない発言がありました。今後このようなことがあれば差別として強力に抗議いたします。また、そのような方の来店は拒絶いたします。」

貼り紙に気配りする意識がすばらしい

■こんなことはしてならないと思うのが普通

日頃から差別的な言動に敏感だった石塚さんは「怒りを覚えた」といいます。すぐに貼り紙の写真を撮り、画像と共に同日午後2時42分にアップしました。12日の午後6時には、いいね43,000件、リツイート19,000件と大きな反響を呼んでいます。コメント欄には「外国人の日本で働いてる人って、カタコトの日本語と癒される笑顔で精一杯対応してくれるから応援したくなるし微笑ましいと思わないかな?」「バイトテロしてる日本人より頑張って仕事してる外国人を応援したい」「彼らがいないと農業も漁業も酪農も観光も、コンビニも回らないんです。」といった、日本で働く外国人を応援する声で溢れました。

■特定のお客様は現在の日本の現状を理解していない

石塚さんは「9割以上の方が理解を示してくださった」と反響を受け止めつつ「具体的にどんなことを言われたかについては、また傷つくと思って聞きませんでした」と振り返りました。「“特定のお客様”と書かれた文言から、1人ではなく、日常的におそらく何人かが嫌な気持ちになっていて、それを店長さんに伝え、ああいう措置になったのだと察します。異国の地で一生懸命働いている中で、傷つくことを言われるのはかわいそうですよ。人として、相手を想う想像力が欠如している」と憤慨しました。急速に高齢化が進み、労働力を国外からの働き手に依存しなければならない現状を、理解できてない人がいることは残念というだけでは済まされません。彼らの存在がなければ、コンビニで買い物することすら出来ないということを『特定のお客様』は認識できていないのです。

もはや日本人だけでは社会的な生活は支えきれない

■外国人がマイノリティなのは今だけ

いまや外国人労働者の存在が不可欠となっている日本社会、コンビニエンスストアで働く外国人も多く、今回のファミリーマート店の対応を“英断”とたたえる声も多くありました。ファミリーマート担当者は「今回の件は把握しておりますが、誰が、どのような事をいったかは差し控えさせていただきます」と個人のプライバシーに配慮したコメントを出しています。しかし、外国人労働者にとっては、差別的な発言をしても「日本人だから」守られていると思うのではないでしょうか。社会的な問題として取り上げられる以上は、せめて内容的な部分までは踏み込んで、こんな事を言うから“差別的”なんだということを知らしめるべきなのです。外国人個人に対して差別的な発言を行って心理的なダメージを与えた人間に対してプライバシーを配慮する必要があるのか疑問です、攻撃されるマイノリティに対してこそ配慮すべきです。

■同じコミュニティの仲間としてやっていきたい

私たちの生活を支えるために外国からやって来た労働者に対して、同じコミュニティの人間としての扱いが行えないのであれば、そうした人たちからのサービスを受ける権利もないと言うことです。こうしたことは、きちんと制度化すべきです。店頭で差別的な発言をする客に対しては物を売る必要はなく、店舗は客の身元を確認した上で出入りを禁じることができる、また、客側が従わない場合には警察官等を立ち会わせ、厳重注意を与えることが出来る。くらいのことはやって当然ではないでしょうか、出来たら顔写真を撮って店舗のガラス面に「出入り禁止客」として貼りだしたらどうでしょう、これは外国人労働者を擁護することよりも、コミュニティの人間を増やし、自分たちの生活を維持するために必要なことなのです。今後は、外国人であることの問題よりも、社会組織維持に協力できるかというリトマスの方がずっと重要なのです。今回のコンビニの件は『当然』だと受け入れて然るべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA