いつまでもなくならないマルチ商法、どうしてマレーシアなのか?代表の吉野容疑者の言葉を信じたのか?

引用 ANN

マレーシアの会員制交流サイト事業「エムフェイス」への出資をうたい、勧誘時に嘘の説明をしたなどとして、警視庁生活経済課は13日までに、特定商取引法違反(不実告知・不備書面交付)の疑いで、会社役員吉野美穂子容疑者(669ら男女4人を逮捕しました。今回は問題の会社がマレーシアで国外にあるため、マレーシアと連携を取った捜査を進めていると時間がかかるため、出資法違反ではなく“不実告知”つまりは「嘘をついた」として逮捕したのです。生活経済課の調べによると、実態は悪質なマルチ商法で、2013年8月以降、全国の延べ約2万3千人から総額181憶円を集めました。顧客には高齢者も多く登録されていました。

海外のSNSを利用したマルチ商法

■利用したのはマレーシアのエムフェイス

今回の事件はマレーシアのSNS「mface(エムフェイス)」の広告枠を買えば「必ずお金が増える」などと嘘の宣伝をして顧客の勧誘をしたなどとして、警視庁は会社役員の吉野美穂子容疑者(66)ら都内の男女4人を特定商取引法違反などの疑いで逮捕しました。エムフェイスへの投資話はマレーシア国内でも問題視されていました、マルチ商法の手口が日本国内に「輸入」された形となりました。同庁は、吉野容疑者らが全国の約2万3300人から約181憶円を集めていたとみています。

■絶対に損をしない、そんな言葉を信じたばかりに

吉野容疑者の逮捕容疑は、2016年7月、東京都新宿区内で開いたセミナーで佐賀県の50代男性に「誰でも絶対に損をしないばかりか、必ずお金が増える」と嘘を言って勧誘したというものです。吉野容疑者は「セミナーでの言動は覚えていない。被害者のことはわからない」と容疑を否認しているようです。エムフェイスをめぐっては「ねずみ講ではないか」との相談が15年8月に警視庁ににあり、調べていました。東京都消費者総合センターによると、都内だけで13年以降、海外SNSの広告の投資話に関する相談が90件以上寄せられているとのことです。

いつの時代もなくならないマルチ商法

■代表の吉野容疑者は主婦から起業した実業家

逮捕された吉野容疑者は北海道の出身、結婚し上京して家庭を持っていましたが、離婚後に起業をし、自分で事業を運営してきたようです。2011年に美容関連の会社を立ち上げ、これが失敗した後、問題のエムフェイスと関わったようです。被害者が語る「絶対に損はしない」「26倍、38倍になって返ってくる」「これから資産が減ることはない」吉野容疑者のセリフは、それまでの経験から“信用できる”言葉に聞こえたのかも知れません。公表されている吉野容疑者のプロフィールが正しいかはわかりませんが、結婚して夫のDVに悩んで離婚と書かれてもいました、確かに通常の主婦では“このような”詐欺行為が行えるわけがありません。それにしても、逆に才能と呼ばざるを得ない180憶を超える被害額です、ここまでやれるのであれば『別のやり方』もあったのではないでしょうか。

■どんなに時代は流れても騙す人間がいて、騙される人間がいる

対象に選んだのがエムフェイスというSNSへの広告だったというのが、IT時代のマルチ商法と言えます。基本的に“マルチ商法”と呼ばれる場合、物理的なモノが動くことはなく、金銭だけが動き、結果的にはシステムが破綻するのが通常です。今回も、現金に換金できる、いろいろなサービスが受けられるなど、実質的な機能を謳っていたようですが、やはり、最終的には『何もない』ことが発覚して逮捕となったのです。何もないのに“売る”わけですから、その説明や誘導の技術は並外れたものがあったはずです、代表の吉野容疑者はエムフェイスに関わるまでは自身で事業を切り盛りしてきた、それなりの能力を持った経営者だったようです。ちょっと方向性を変えてみたら「あれよ、あれよ」と儲かって善悪の判断がつかなくなっていったのでしょう。

 

しかし、マルチをやる方も問題ですが、乗る方も問題だといえます。「そんな甘い話あるわけない」「詐欺に決まってる」と、相手にしなければ被害が拡大することもないのですが、マルチの怖いところは、2次3次の顧客勧誘が積極的に動くことです、下位の紹介者グループになればなるほど“伝言ゲーム”的に儲け話が肥大し、おいしい話になって流れていくのです。騙される方が悪いとは言いますが、この流れで友人から勧誘されると、なかなか断れないのが現実なのかもしれません。やりかたは古くても使う商材が今風で騙されるため、公的機関等(188)に商品の確認を取るなど、入り口の段階で確認をしなければなりません。高齢者だけではなく、どこにでも詐欺の触手が伸びているのがIT社会なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA