平成最後の「昭和の日」やっぱり思うのは昭和天皇の事、初めて象徴天皇として生きた昭和天皇に感謝!

引用 日本の歴史

本日は「昭和の日」そして明日は平成最後の日となります。おそらく明日は、マスコミ各社は退位される第125代天皇・明仁様のことを朝から晩まで流すことでしょう。しかし、今日は昭和の日、明仁様の父、『昭和天皇』に思いを馳せようではありませんか。戦争を経験し、戦後は“象徴”として日本国民の為に生きた方です。昨年、某国営放送のドラマでは薩摩藩の藩主を『国父』と呼んでいましたが、昭和天皇は正に国父であったのではないでしょうか、日本の経済発展や科学技術の進歩を支えたのは日本人としてのアイデンティティであり、その基盤には象徴天皇があったのだと思います。 続きを読む

金栗四三も食べていた熊本のソウルフード「いきなりだんご」を知ってますか?百貨店の“うまいもの九州展”熊本コーナーをお探しください!

引用 三河屋

“いきなり”の意味を考えたことがありますか?いきなりは「行き(いき)」と「成り(なり)」で、いきなりとなりました。本来は事が進むにまかせてや、成り行きまかせと同じ意味で使われていましたが、転じて「突然」の意味を持つようになりました。最近では「いきなりステーキ」が目につきますが、熊本では随分と昔から“いきなり”は日常だったのです。本日のNHKの「いだてん」にも登場しましたが『いきなりだんご』がそれです。熊本では今でも『いきなりだんご』がソールフードとして食べられているのです。熊本空港にも置いてありますのでご賞味ください。 続きを読む

平成最後のプレミアムフライデーと零和時代の働き方を考える。

引用 クリスタ

今日まで働けば10連休、じゃ、景気づけに「プレミアムフライデー」で早めに退社?そんな会社があるのでしょうか?休むのは悪いことではありませんが、休めば、その間業務がストップするのです。この10連休を前に金融機関や医療機関の対応をどうするのか、論議になっていました。休んだ方々がお出かけする先、レジャー施設や宿泊施設の従業員の方は、逆に多忙を極める期間と言えるでしょう、長期の休みで恩恵を被るのは“誰れ”なのでしょう。休むために今日は『フル稼働!』という方が多いのではないでしょうか、そうした意味では本当の“プレミアム”な日となるかもしれません。 続きを読む

JTBの“相談料”に賛否!いいんじゃないですか、それだけの価値がある内容であれば、判断するのは客であるあなたですから。

引用 JTB

国内大手の旅行会社JTBが首都圏の2店舗で4月1日から、相談料の有料化を始めていました。10連休を前に、報道各社ではこの話題に注目しています。店頭に貼られた注意書きには、国内旅行の相談の場合、基本料金が30分2160円、海外旅行は30分5400円と表記されています。最初の30分は以降は国内なら同額で、海外旅行は3240円と書かれています。旅行料金相談料は、もともと観光庁と消費者庁が定めた「標準旅行業約款」にも載っている項目で、それをモデルにしたJTBの「旅行業約款」にも同様の記載があり、旅行計画の助言や日程表・見積書の作成、情報提供などに料金がかかると定めています。 続きを読む

国が「子供を産めない体」にする優生保護法!まずは国が被害者に謝らなければ、なにも始まらない。

引用 朝日新聞

旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けさせられた障害者らへの救済法が24日、参院本会議で全会一致で可決、成立しました。国家賠償法が起こされた事案で、判決前に被害者の救済法が制定されるのは異例のことです。高齢化が進む被害者の早期救済に一歩前進した形ですが、被害者側が求める一時金の額や周知方法との隔たりもあって、全面解決に向け課題が残っています。早ければ同日中に施行され、6月末にも一時金支給が始まります。欧州歴訪中の安倍晋三首相は成立後、「手術を強いられ、心身に多大な苦痛を受けてこられたことに対し、政府としても、旧優生保護法を執行していた立場から、真摯に反省し、心からおわび申し上げる」との談話を発表しました。 続きを読む

87歳で10人をはね「上級国民」と呼ばれる男!高齢ポンコツおやじに上級も下級もない。

引用 朝日新聞

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4丁目の都道の横断歩道2カ所で、高齢男性が運転する乗用車が歩行者らを次々とはねました。警視庁と東京消防庁によると10人が負傷しました。このうち自転車に乗っていた30代の女性と3歳ぐらいの女児が心肺停止で病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。目白署によると、乗用車は東京都板橋区の無職男性(87)が運転していました。1カ所目の横断歩道と、約70m離れた別の交差点の横断歩道で複数人をはねたといいます。容疑者の男性も負傷しました、乗用車は2カ所目の現場でゴミ収集車と衝突し、ゴミ収集車は横転しました。 続きを読む

「ルパン三世」のモンキー・パンチ逝く、彼がいなければ宮崎駿のアニメも見られなかったに違いない!映画化第一作「ルパン三世 ルパンVS複製人間」は必見。

引用 映画「ルパンVS複製人間」

漫画「ルパン三世」の原作者、モンキー・パンチさん(本名/加藤一彦)が11日午前7時26分、誤嚥性肺炎のために死去しました。公式サイトが発表しました。81歳でした。北海道浜中町の出身、葬儀は近親者のみで営まれました。後日、偲ぶ会が開かれる予定です。モンキー・パンチさんは北海道浜中町時代には、霧多布高校定時制に通いながら放射線技師の助手を務めていました。19歳で漫画家を目指して上京し、貸本屋の漫画を描く仕事で生計を立てていました。そんな中、1965年に双葉社「漫画ストーリー」から「プレイボーイ入門」でデヴューし、翌年、同誌の清水文人編集長の提案を受けペンネームを「モンキー・パンチ」としました。 続きを読む

由美かおるの何に期待するのか?誰だって歳はとる十朱幸代、秋吉久美子、岩下志麻…どんな大女優も等しく年は重ねる。

引用 日刊スポーツ

13日都内で女優の由美かおるさんのニューアルバム「Jewel Box」の発売を記念したインストアイベントが行われました。由美さんはスリットから足が出た真っ赤なロングドレスで登場、初めてのインストアイベントに「恥ずかしい」とコメントしていました。このイベントの様子を取り上げた一部記事には「劣化が激しく、角さんも助さんも驚くだろう」などと水戸黄門の入浴シーンで高視聴率を上げていた由美さんを揶揄する内容のものもありました。しかし、70歳を目の前に控えた女優さんが昔ながらに“お色気ムンムン”であっては『化け物』でしょう。水戸黄門だってBSで武田鉄矢主演に代わっているのですから。

続きを読む

「8572」は迷宮入りの数字!広島県警が幹部7人を処分、どうして2年も経った今なのか?疑問だらけの広島県警の動き。

引用 日経新聞

広島中央警察署の金庫から8,572万円が盗まれているのが発覚した事件で、広島県警は当時の警察署の幹部7人を処分したことを発表しました。事件は2017年5月8日、広島県警広島中央警察署1階にある会計課の金庫から、特殊詐欺事件の証拠品8,572万円がなくなっているのを会計課長が発見しました。2017年2月に押収し、署員が最後に確認したのは3月15日でした。この現金は、生前贈与を語ってメールを不特定多数に送って騙し取ったとされている詐欺事件の被害金で、広島県警が2017年2月に容疑者5人を逮捕して、主犯格とされている男性から約9000万円を押収して、広島中央署の会計課金庫に保管されていました。 続きを読む

京都市の中学で行われた、交通安全教室でスタントマンが死亡!何のための“安全教室”なのか?問われる運営の在り方。

引用 IDOBATA TALK

12日午後2時20分頃、京都市山科区勘修寺平田町の市立勘修中学校で、京都市主催の交通安全教室の最中にスタントマンの中村佳弘さんがトラックに轢かれました。京都府警によると中村さんは約7時間後に搬送先の病院で死亡しました。山科署によると、歩行者役の中村さんが運転手の死角に入り、事故が起こるという想定でした。中村さんはトラックの前部にぶつかった後、車体の下に入ったまましばらく引きずられるはずでしたが、途中で前部のバンパーから手が離れてしまったといいます。中村さんは時速10kのトラックにそのまま巻き込まれてしまいました。 続きを読む