筑後川で河童が捕獲される!文部科学省未確認生物研究班が現地調査を行い真正の河童族であることを確認。

引用 サンケイ

福岡の水瓶として有名な筑後川で31日、河童が捕獲され話題となりました。また、この河童を引き取るために文部科学省の未確認生物研究班が現地を訪れ、捕獲した河童を高額で買い取り、捕獲された河童が本物であることが証明されました。河童が捕獲されたのは福岡県朝倉市杷木町の筑後川堤防、捕獲したのは近くで葡萄畑を営む柳瀬恵三さん(53)です。柳瀬さんは葡萄畑での消毒を終えて、トラクターで堤防近くを通りかかった際に、大きな亀を見つけてトラクターを止め近寄りました。亀は甲羅が1mを超えており、甲羅を引き起こすとぐったりとした手足と頭が出て来て、驚いて地元の杷木警察署に通報しました。杷木警察署員の確認によると、背中に甲羅を背負った人間によく似た形状をした動物で、手足には水かきがあり、頭には固い皿状のものが乗っており、河童かもしれないと判断した署員は福岡県警本部に連絡、一時、福岡市動物園で預かることになりました。

河童が発見されるのは2例目

■生体で捕獲されるのは初めて

31日16:00過ぎに福岡市動物園に文部科学省未確認生物研究班が到着、ぐったりしてはいるが生きてはいる未確認生物を確認、17:00過ぎに福岡市中央区のホテルで会見を行いました。MSK(未確認生物研究班)の主任研究員、榊原功氏は「車に跳ねられたようで、内臓その他に損傷があるようです。身体的な特徴から一般に言われる“河童”であることが確認されました」と捕獲された生物が河童であることを公表しました。記者からは「これまでも河童の捕獲例はあるのか?」との問いに「昭和43年に秋田で死んだ河童が発見されて以来、2度目のこと」と、生体で発見された今回の例は初めてであることを説明しました。

■人間の言語を理解する能力がある

現在は福岡市動物園のアシカ棟の端にスペースを作ってMSK指定の獣医が治療に当たっています。捕獲された現地での取材によると、捕獲された時に河童は言語を発しており、人間の言葉を理解するのではないかと思われます。第一発見者である柳瀬氏は「引き起こして河童みたいだなと思った時に『よしこ…』と河童がしゃべったような気がします」と話していました。堤防の近くには早川美幸さん(68)宅があり、庭できゅうりを栽培していました、美幸さんの娘さん“良子”さんが、この河童に関して何か知っているかも知れないとして関係機関が聞き取り調査を行っています。

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>できればのお願いなんですけど…<br>明日、嘘つく時、見てる人が嫌な気持ちになるような嘘は控えて貰えるととても有り難いです…<br>RTも……<br><br>エイプリルフールはそういう日で多少はあると思いますし、それをフォロワーさんに強制はできません<br>なので、勝手にお願いだけさせてください💦</p>&mdash; くるみ (@kuruchan_12) <a href=”https://twitter.com/kuruchan_12/status/1112348491336974337?ref_src=twsrc%5Etfw”>2019年3月31日</a></blockquote>
<script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

政府はMSKの活動内容を開示すべき

■未生物研究所は何を目的に活動しているのか

文部科学省未確認生物研究班・MSKが広く知られるようになったのは2017年に和歌山で「ツチノコ」を発見捕獲してからです。文科省としては、その存在を公にするつもりはなかったのですが週刊文芸が捉えられた「ツチノコ」を追いかける過程でMSKの存在を知り、記事になったことが国内で知られるきっかけとなりました。その活動内容の全容はあきらかにはなっていませんが、日本国内の未確認生物を研究し、必要があれば捕獲・飼育することが活動内容だと言われています。しかし、実際には活動拠点やこれまでの活動内容の公表は行っておらず、まだ謎の多い研究機関です。

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>💫 拡 散 希 望 💫<br><br>明日は、エイプリルフールだけど、<br>2019年は嘘をついてはいけない<br>年なんだって。。。<br>下の記事を読んでね。<br>本当かは、分からないけど。<br><br>だから、新年号発表なのかな?<br>よくわからん。。ヽ( ゚Д。)ノ <a href=”https://t.co/DhXJM7ko6v”>pic.twitter.com/DhXJM7ko6v</a></p>&mdash; ◤ エイ丸❤ nanami (@jq5wUtDP6HpC33L) <a href=”https://twitter.com/jq5wUtDP6HpC33L/status/1112352529306652672?ref_src=twsrc%5Etfw”>2019年3月31日</a></blockquote>
<script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

■研究対象とせず、もとの場所に返してほしい

今回捕獲された河童はMSKスタッフが池袋サンシャイン水族館の特別室に移送することになっています。福岡市動物間の周辺には河童の姿を見るために多くの人が押し寄せており、動物館関係者はアシカ棟周辺での警備に追われています。一部動物愛護団体からは、発見されたもとの場所に戻すようにMSKに対し抗議行動を行っており「河童は人間と同等か、水生動物か?」物議を醸しています。いずれにしても伝説上の生物が発見されたのですから、その生態を明確にし公表することが関係機関に与えられた使命ではないでしょうか。先般ツチノコの死亡も報告されており、河童も同じようになるのではとの懸念が出ています。できれば、体調が回復するのを待って、もとの場所に返してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA