「アベンジャーズ エンドゲーム」がアバターを抜き、歴代世界興行収入が1位となる勢い!何がそんなに魅力なのか?

引用 アベンジャーズ
   エンドゲーム

アメリカのSFアクション映画で日本でも公開中の「アベンジャーズ エンドゲーム」の世界興行収入が、公開1週目の週末で12億ドル(約1339憶円)を突破しました。配給会社のウォルト・ディズニーが発表しています。10億ドルの大台を史上最短で記録する作品となります。本作品はアイアンマンやスパイダーマンなど、人気漫画出版社マーベル・コミックの様々なキャラクターが同じ世界として登場するシリーズでは22作目となります。アベンジャーズの作品としても4作品目で完結作となります。公開から11日目には世界興行収入は既に21億9374万959ドルを突破し、わずかな期間で社会現象を巻き起こした「タイタニック」(1997年)の興行収入を超え、世界歴代興行収入ランキング2位に踊り出ました。

これまでで最速の最大収益獲得、さすがのヒーロー大全映画

■出演者が凄い、日本で言えば盆と正月のキャスティング

短期間上映での高収入記録は、これまでは「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で、11日間で世界興行収入が10億ドル(約1116憶円)を突破しました。エンドゲームはその半分以下の日数で、その額を突破した驚異的な作品となったのです。ヒットの理由としては、ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ。クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ブリー・ラーソン、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、ポール・ラッド、カレン・ギラン、ダナイ・グリラ、チャドウイック・ボーズマン、ブラッドリー・クーパー、ジョシュ・ブローリンらが出演し、超豪華なキャストとなっているのも大きな魅力です。日本で言うなら赤穂浪士の討ち入り映画を人気俳優総出で製作したようなものなのです。

■ヒットの要因は中国での公開が大きいと言われるが

これまでの「マーベル・シネマティック・ユニバース」22本の興行収入の合計は199憶ドルに達し「アベンジャーズ」4作品の興行収入は62憶ドル近くに達しています。エンドゲームの興行収入が爆発的に伸びた最大のポイントの1つは“中国で公開されたこと”だと言われています。これまで中国国内で販売されたチケットは3億3千万ドルを超える大当たりで、この映画は中国の映画興行収入第1位となり、世界のチケット販売の大部分を占めたといいます。これまでも中国では米製作のSF作品は公開されています、中国での売り上げが伸びたことは興行収入に大きな影響を及ぼしてはいますが、基本的に中国でも“受け入れやすい”作品であったことが大きなポイントなのです。

エンドゲームを単体で考えてはいけない

■積み重ねの上の頂点

今回のエンドゲームはマーベルシネマの総決算的な作品となっています。本作を見て、アイアイマンを見直したり、キャプテン・アメリカに興味を持ったりと、本作を窓口として多くのマーベル作品が再度脚光を浴びているのです。1つのキャラクターが多くのファンを抱え、それが束になったのが「アベンジャーズ」なのですから、人気が出るのが当たり前とも言えます。しかし、これまでの世界興行収入1位はジェームス・キャメロンの「アバター」でした。キャメロンと言えば、それまで収入1位だった自分の作品「タイタニック」の記録を自ら塗り替えた唯一無二の存在でした。彼は、独自の世界観を創り、そこに観客を引き込むことで映画をヒットさせました。アバターは、その世界に観客を引き込むからこそ世界1の興行収入を上げることができたのです。

■これまでと違った新しいアプローチではなくディズニーも使っている法則

今回エンドゲームが大ヒットしたのは、既にこれまでのマーベル映画で世界観を共有する多くの観客が、登場人物と同じように一堂に会したからです。しかし、日本ではウルトラマン大集合や、歴代の仮面ライダーを集めた企画作品を制作していますが、それほどのヒットを飛ばすことはありませんでした。マーベルはお客を育成して世代を積み上げていくのです、その方式を一番知っているのはディズニーなのです。だからディズニーが配給に関わるのです、わかりますか?ミッキーマウスやミニーは世代を超えて人気があります、だからディズニーランドが人気なのです。それに対してユニバーサルスタジオがオープン後しばらく低迷したのは、ユニバーサルの映画を知る“狭い世代”しか呼べなかったからなのです。エンドゲームには、それを下支えする、それぞれのヒーローのエピソードや歴史があるのです。日本で同じことをやるとするならば「ミヤザッキーズ」として宮崎駿監督作品の登場人物を全部集めるとか…、まあ時代背景もキャラクターも全く違うから無理か、まあそういう事だと思います。最後に、エンドゲームがアバターの記録を破り、凄い記録を打ち立てるであろうことを予想します。しかし、零和時代にはもっと違ったアプローチの仕方で、さらなる記録を打ち立てる作品ができるであろうことも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA