謝れば、それでいいのか!堀尾正明がビビットで生釈明、妻のコメントまで持ち出し“見苦しい”言い訳劇場。

引用 スポニチ

このところ芸能人の「不倫」に関して世の中が寛容になっているようです。自らがテレビ等で謝罪し、それを持って禊のように、変わらぬ出演を続ける方がいらっしゃいます。社会的な影響力を持つ人間が黑ではないにしろ、灰色の行動を取った場合には状況の説明は必要ですが、それ以上に謝罪と芸能活動の自粛が求められるのではないでしょうか。2008年にNHKを退職し、現在はフリーで活動している堀尾正明アナウンサー(64)が20日、TBS系朝の情報番組「ビビット」に生出演。『週刊新潮』で伝えられた50代の女性との不倫報道に関して謝罪と説明を行いました。お相手に恋愛感情は「ありません」と涙目で訴えました。

わたしは「おじいちゃん」で恋愛感情はない

■家族の相談にのっただけ

番組では『週刊新潮』誌面などをVTRで紹介しました。目を真っ赤にした堀尾アナウンサーは「この度は、この報道で多くの人を傷つけて、そしてご迷惑をかけ、誤解を生じ、本当に許容範囲を超えた行動した。反省しております」と言い、視聴者に対しては「不快な思い、嫌な思いをさせてしまい、言葉もありません。本当に申し訳ございません」と、深々と頭を下げ謝罪しました。また、番組では、お相手の女性にも直撃取材を行っていました。女性は、堀尾アナと半年前に陶芸教室で出会ったとし、自宅で堀尾アナに家族の相談にのってもらったといいます。恋愛感情はなく「家族で『おじいちゃん』と呼んでいる」と関係を説明しました。

■いろんな方が出入りする中の一人

相談を受けるようになったのは「ここ1ヵ月くらいです」と明かした堀尾アナ、“お泊り”に関しては「お子さんやご家族にとっては、いろんな方が相談でお家を出入りするので、僕はお家に出入りする一人だと思います」と説明しました。お相手の女性はトレーダーの夫に先立たれ、都内の豪邸で親子3人暮らし、なんとなく来客が多そうな感じですが、3週間で4日間も宿泊していたのは不自然と言えます。恋愛感情に関して問われると「お相手の女性にも失礼なので」とした上で「ありません」ときっぱりと否定。今後については「誤解されない形でサポートはしていきたい」と話しつつも「こういった報道が出たわけですから、今までのようなサポートは避けたいと思います」と語りました。堀尾アナが言うサポートとは、倫理に反した行為なのでしょうか?

普通に考えて不自然なものはダメでしょう

■堀尾夫人も釈明に協力

番組では堀尾夫人からのコメントも紹介されました。

「(前略)この度の記事にあるお相手家族とのお付き合いのことはすでに聞き及んでいた事ではありますが、私どもの作ってきた60代を迎えた夫婦の形、家族の形というものが、結果的にこういう状態を生んでしまったのだと反省する機会を頂きました。彼が困っている人を放っておけないのは出会った時からで、これまでも人助けはいくつかありました。心の優しい懐の深いところが彼の一番の魅力だと思っています。それは出会った時から今も変わりません。しかし、今回ばかりは、優しさの度が過ぎてしまったのかも知れません。(後略)」~堀尾夫人コメントより~

優しいので人助けをしてしまう、では、その対象はモデルもやるような美人でなければならいのでしょうか、困っている人は沢山います。寄付することもできますし、いろんな方法でサポートできます。家に泊まり、相談を聞き、子供らといっしょに遊ぶことは「自分の欲」を満たす行為だった筈です。それを善行のように言い換えるのは止めていただきたい。

■不倫は「倫理に不らず」

堀尾アナウンサーには奥さんと2人の息子さんがいます。ちゃんと自分の家庭があるのです。事情がどうあれ、成人女性が家長である家に宿泊する行為は「倫理に不らず」と言わなけらばなりません。恋愛感情がないと説明していますが、じゃ何が動機でお付き合いをされていたのでしょう。近隣の目撃情報ではお相手の女性家族と4人で買いものや食事に出かけており、本当の家族のように見えたといいます。堀尾アナはお相手の女性と会うことに喜びを感じていたのです、その理由が何であれ、そこから派生する行為は「倫理に不らず」と言えます。通常の倫理観を持った人間であれば、その感情を抑えて行為に至らないのが普通です。今回の件で、ご本人が番組で説明・謝罪を行い、周辺のスタッフも気遣いのやり取りを行っていましたが、『社会的に影響力を持った人間は灰色行動を取ってはならない』というルールは鉄則です。泊まりましたが「何もありません」、はこのところ流行りの「一線は超えていません」とおなじ理屈です。いいお年なのですから、少しお休みされて自分のしたことを反省されるべきでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA