炎天下で3時間のランニング!千葉の体罰教師が減給処分。減給でその考えは直るのか?

引用 静岡新聞SBS

千葉県教育委員会は26日、顧問をしていたサッカー部の男子生徒を約3時間にわたって走らせる体罰を行い、熱中症による体調不良に陥らせたとして、千葉県柏市の市立中学校の男性教諭(32)を減給10分の1(1ヵ月)の懲戒処分としました。当日は気温が30度近くあり、長時間の運動による熱中症は十分に予測できる状況でした、今回の体罰では生徒は軽い熱中症で済んだということですが、状況によっては重篤な状況を招いたことも考えられます。「言ってもわからないから…」という教える側からのジレンマはわかりますが、自分の指示で生徒に万が一のことがあった場合には、教師自身も負いきれない責任を背負うことになってしまいます。基本的に「体罰」はあってはならない教育なのです。

炎天下に校庭を100周するように指示された

■生徒は小テストでカンニングをしていた

千葉県教育委員会によりますと、男性教諭は5月25日午後0時5分ごろ、サッカー部に所属する中学1年の男子生徒に、前日の授業の小テストでカンニングをしたことへの指導だとして「校庭を100周走れ」と指示しました。生徒は休憩を挟みながら午後3時ごろまでに1周約200~400mの校庭を75周走りましたが、その後、動けなくなり校庭に座り込んでしまいました。様子を見ていた母親が男性教諭に抗議し、病院を受診させたところ熱中症の疑いがあると診断されました。

■問題は体罰以前に運動量を軽く見たこと

千葉県教育委員会によると、25日午後の千葉県北西部の最高気温は30度近くありました。男性教諭は千葉県教育委員会の調査に対し「体罰に関する知識がなかった」などと話しているといいます。現在は部活動の指導からは外れています。恐ろしいのは、体罰に関する知識云々以前の問題として、運動部の指導に関わる人間が炎天下に“100周”の指示を出したことです。体罰としての認識がなかったために「知識がなかった」と語ったのでしょうが、通常の運動であっても100周走るということがどういうことなのか理解していなかったか、あるいは100周走る前に倒れると思ったのでしょうか。いづれにしろ、運動部に関わる資質が欠落した教員であったと思われます。

虐待と体罰は、原因を問わず禁止し厳罰とするべき

■あってはならないこととして「体罰」を位置づけるべき

この教員の指示を千葉県教育委員会は『体罰』として認めたのであれば、この教師に対して『厳罰』を与えるべきです。誤った指導を行って生徒を危ない目に合わせたのですからそれ相応の処分を受けるべきです。おそらく周辺には、生徒がカンニングを行ったことが悪いとか、通常はいい先生なんだとか、いろんな意見があるでしょう。しかし、問題は学校内における教師の指導が適正かどうかという問題なのです。この問題に対する千葉県教育委員会の対応は“減給”でした。生徒が校庭を走る姿を見続けて、最後に学校側に抗議した母親の気持ちを察した時、減給などという処分で良いのでしょうか、これは今後のことも考えて、生徒を危険に晒すような体罰を行った場合には厳罰に処されることを認識させるべきです。減給だけではなく、謹慎や再教育なども考えられます。

■今回の件は、明らかに学校側の間違い

生徒側に問題がないとは言ってはいません、この教諭が「特別な指導が必要」と思うくらいには、何かそう思わせる原因が生徒側にもあったのかもしれません。しかし、その問題を「体罰」で解決しようとしたことが間違いなのです、体罰を行い、キツイ思いをさせれば、自分の言うことに従うようになるだろう。まるで、パブロフの犬を作るような話です。この教諭が間違っているのは、生徒は指示に従って75周も校庭を走り続けたのです。この時点で教師の指示に従っているのですから、度を越えた指導の必要はなかったと思うのが普通です。また、母親が見ていたというのは、誰かが母親に連絡したということでしょう。周辺が居た堪れずに母親を呼んだのです、母親は最終的には学校に抗議しますが、子供が動けなくなるまでは見守っていたです。やはり、今回の問題は教師と学校に落ち度があると判断せざるを得ません、学校は全生徒の家庭に対して謝罪を行うべきです。

「生徒を正しく導くために指導を行う学校が、誤った判断のもとに生徒を危険な状態に陥れてしまいました。今後は決して、このような指導は行いません。」と…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA