大槌町副町長が“あおり運転”か?被害男性は「接近や蛇行」を主張、副町長はハイビームを消せずに走行しただけと謝罪。

引用 日刊スポーツ

岩手県大槌町の沢舘和彦副町長(61)が公用車で“あおり運転”を行ったとして、町内の男性(46)とトラブルとなっています。沢舘副町長は3日に記者会見を行った際に、あおり運転の事実を否定しました。一方で自ら現金を支払って事を収めようとしたことも明らかにしました。沢舘副町長と被害に遭ったとする男性の話は食い違っており、「あおり運転」が注目を集めている時だけに「公用車」しかも、復興支援で贈られた車両でのトラブルだけに注目を集めています。

異なる両者の説明、どっちが正しいのか?

■ハイビームを消せなかっただけ、あおりではない。

沢舘副町長の説明によると、7月31日、盛岡市での会議後、盛岡市内に修理に出していた公用車に乗って大槌町に帰町しました。翌8月1日、男性から大槌町に対し釜石花巻道路を走行中に前照灯をハイビームにして後方から接近され、蛇行を繰り返されたと苦情が入りました。沢舘副町長は2日、町総務課長と男性の元を訪問しハイビームを着けたまま走行したことを謝罪しました。しかし、沢舘副町長は異常接近や蛇行運転に関しては否定したため男性と口論となってしまいました。沢舘副町長は3日の記者会見でも語っていますが「乗り慣れない車でハイビームの操作が分からず、そのまま走ってしまった。」本人は“あおり運転”をした意識はないとしています。

■対応が悪いので税金を払うように言った

被害に遭ったとする男性は沢舘副町長の“あおり運転”を認めない態度に腹を立て、納付予定の税金30万円を町側が支払うように求めます。これに対して沢舘副町長は、自身が20万円を支払うことを申し出ます、しかし、これは同行していた総務課長に止められました。この際に男性が沢舘副町長を蹴ったとして釜石署に暴行の被害届を出しています。後日、県警高速隊から「あおり運転で訴えが出ている」と大槌町に連絡がありました。男性はあおり運転、沢舘副町長は暴行で、それぞれが被害届を出す状態となってしまいました。男性は16㎞に渡って“あおり運転”を受けたと説明、また、謝罪に訪れた際も副町長に誠意が見られず、そのため税金の話をしたと語っており、会見時の沢舘副町長の説明とは異なっています。

どちらの言い分にも疑わしい部分がある

■金で解決しようとした?

会見で沢舘副町長は「無理な接近や蛇行運転はしていない」ことを力説、公用車が復興支援で寄付された外国車で操作が不慣れだった為にハイビームを消すことが出来なかったとしています。あくまで「ハイビーム」を点灯して走行しただけと主張しているのです。謝罪時に現金提供の申し出を行ったことに対しては「精神的に追い込まれての行動。間違いだった」と述べています。ライトの操作ミスだとしているのに、謝罪時に20万円を払おうとしたのは理解できません、その場で20万円を支払っても良いほどの『何かが』沢舘副町長の行動にはあったのでしょうか?

■被害に遭ったという男性の説明も不自然

男性の説明では「車は2~3メートルの距離まで近づき蛇行を繰り返した」と主張しており、後方に迫った時や抜いた時の速度は大幅に法定速度を超えていた筈としています。ハイビームは“あおり”行動の1つであり、危険を感じる状態であったとしています。また「暴行容疑」に関しては「帰らないので振り払おうとして足が当たってしまった」と釈明、現金の支払い提案も「汚い金はもらえない」と自ら断ったといいます。

 

このトラブルに関しては「どちらが正しい」という結論はないような気がします。どちらも『説明されていない事実』があるのではないでしょうか?副町長の説明からはハイビームの誤照射だけがあったとは思われません、また男性も「税金を30万円、町が払え」の言動の裏には何かがあるのではと疑ってしまいます、とても一般人の発言とは思えません。このトラブル、意外な結果に終わるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA