池袋ホテル袋詰め殺人事件、犯人は現役大学生!36歳被害女性との接点はSMか、痴情のもつれか?

引用 日刊スポーツ

東京都豊島区池袋のホテル客室で女性の死体が見つかった事件で、警視庁は18日、埼玉県入間市豊岡の私立大学4年、北島瑞樹容疑者(22)を殺人容疑で逮捕しました。本人は容疑を認めているといいます。被害者の女性は12日午後、JR池袋駅北口からホテルに向かい、5時50分にひとりで部屋に入室しました。発見されたのは2時間余り経った8時15分頃、両足を縛られ、布団圧縮袋のような袋に入れられた状態で遺体は見つかりました。司法解剖の結果、死因は首を圧迫されたことによる窒息死でした。警視庁は北島容疑者の携帯電話を解析するなどして、事件の経緯を調べています。

容疑者はキャリーバックを用意、計画的な犯行か?

■別々にホテルに入った二人

発表によると、北島容疑者は今月12日午後6~8時ごろ、豊島区池袋のホテル2階の客室で、江東区南砂、無職

さん(36)の首を圧迫し、窒息死させた疑いが持たれています。ホテル廊下の防犯カメラには12日午後3時40分ころ、キャリーケースを持った若い男が一人で入室し、約2時間後に荒木さんが同じ部屋に入る様子が映っていました。同日7時40分ころ、男だけが部屋から立ち去り、JR池袋駅に徒歩で向かっていました。警視庁は周囲の防犯カメラを解析して男の足取りを追ったところ、北島容疑者が浮上しました。18日朝に任意同行を求め、殺人容疑で事情を聞いていました。北島容疑者宅の捜索では、荒木さんの所持品が押収されました。

■家族からの問い合わせがあった

荒木さんは事件当日の12日午後3時ころ、同居する両親に「病院に行く」と告げて外出したまま行方不明となっていました。遺体は、布団圧縮袋のような袋に入れられ、シーツに包まれた状態でした。荒木さんがホテルの部屋に入る際に背負っていたリュックサックがなくなっていました。今月12日の遺体発見後、事件の報道を見た女性の家族から「娘ではないか」と警視庁に相談があったといいます。遺体を発見したのはホテルの清掃スタッフ、ベッドの横にひざを抱えた状態で横たわった状態で布団圧縮袋のようなポリ袋に入れられたうえシーツにくるまれており、恐らくは部屋から運び出すために当初から用意されたものと考えられています。

容疑者と被害者との接点がわからない

■その時の衝動的な犯行とは考えにくい

既にネット上では北島容疑者の身辺情報が飛び交っています。大学は大〇文〇大学であるとか、演劇部に所属していたとかです。気になる被害女性との接点に関してもいろいろと憶測があるようです。金銭での男女関係でSMプレイの末に被害女性が死んだとする説などです、確かに部屋には争った跡はなく、被害女性が縛られていたことや首を絞められていたことを考えると、そうした金銭をベースにしたプレイの果ての惨劇とも考えられないことはありませんが、用意してきたとみられる圧縮袋に入れられていたこと、シーツで覆っていたことなどから、「行きずり」の犯行とは考えにくいと思われます。

■価値観の違う両者の接点は…。

容疑者は大学4年で就職を控えた状況にいました、もし、被害女性と男女としての付き合いがあったとすれば「現実」を考え始めたのではないでしょうか。自宅で両親と同居するアラフォー女性とこれから社会に出る学生との「現実」に対するギャップから不和となり、容疑者は事前に計画して被害女性をホテルに呼び出し、殺害はしたが遺体がキャリーケースに収まらず、放置したまま逃亡といったところでしょう。容疑者は大学では演劇部に所属していたということです、自分の将来についてボンヤリと俳優にでもなれればと思っていたのかもしれません。それが、現実には一回り以上離れた年の差の女性が自分の日常の相手であり、卒業してからの具体的なプランも決まっていない。本人には焦りと葛藤があったはずです、しかし、交際?相手のアラフォー女性は自宅にいて無職、容疑者の心情など理解できようはずもありません、もしかしたら、卒業後に結婚を望んだのかもしれません。真実のほどは別として、若い頃の年齢差は年を経ての差とは比べ物にならない価値観の差を生むものです。もし容疑者が交際をしていたとすれば、知り合った時点で「先の事」を考えるべきでした。いづれにしても、この二人の接点は気になるところです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA