埼玉新聞発!女子中学生に教師が淫行、しかし、その経緯に疑問の声多数…いったい何がモラルなのか?

埼玉新聞に報じられた内容は、以下の通りです。

引用 埼玉新聞

「女子中学生にみだらな行為をしたとして、熊谷署は6日、県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで、深谷市岡里、県北部の県立特別支援学校臨時教諭の男(29)を逮捕した。逮捕容疑は6日、熊谷市内のホテルで、県内に住む女子中学生に対し、18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑い。「若い子がすきだった」と容疑を認めているという。同署によると、男は5日深夜、熊谷市内の飲食店に友人、父親と3人で訪れていた女子中学生に父親の目を盗んで声を掛け、連絡先を交換。6日未明、別の店に移動した女子中学生に連絡して熊谷駅付近に呼び出し、近くのホテルに入ったという。父親が「娘がいなくなった」と110番。署員が目撃情報などからホテルを突き止め、6日朝に事情を聴いていた。」

淫行以前の問題があるでしょう

■どうして、女子中学生は声を掛けられたのか

この記事に対してネット上では被害女子中学生の親、友達、そして誘った教員に対して多くの意見が寄せられ“埼玉新聞”が急上昇キーワードとなってしまいました。すんなり、読み流してしまえば、特別支援学校の教師が「女子中学生」に淫行を働いたという記事なのですが、よく読んでみると「父親が娘と、その有人を連れて飲食店にいた」まずは、ここらへんからが引っかかるところでしょう、ロリコン好きの29歳の男が近寄っても違和感のない飲食店、絶対にファミリーレストランではないことは確かです。推測されるのは居酒屋のような場所です、次に「父親の目を盗んで話しかけた男と連絡先を交換」ってことは、娘も男に興味を持って自分の意志で連絡先を教えているのです。

■父親に問題がある

この段階で問題とすべきは、低年齢の女子には不向きな環境の飲食店に父親が娘と、その友人を連れて行ったであろうことです。どうも飲酒を主とする場に同伴したのではないかと思われます、その推測を確たるものにしたのは「6日の未明、別の飲食店に移動した」という部分です、明け方まで開けている飲食店とすればファミマなど24時間営業の店も考えられますが、女子中学生と友人を父親が“明け方”までファミリーレストランに連れて行って何の話をするのでしょうか?やはり、この場合の飲食店は『酒を飲むための場所』とするのが妥当ですし、そういう場所にいた女子中学生だからこそ、声をかけやすかったのではないでしょうか。『お父さんはいったい何を考えていらっしゃたのでしょう』

淫行教師だけを責めるわけにはいかない

■夜中に繁華街にいること自体がおかしい

次に女子中学生の友人です。どんなに仲の良いお友達なのかは知りませんが、保護者同伴とはいえ、一晩中、繁華街で過ごすのは間違いです。娘の友人とはいいながら、ここでも父親の良識を問わねばなりません、また、友人と言われる女子中学生にもお説教が必要です。ここまで見てくると、男に付いていった女子中学生は「必然」だったような気もします。確かに誘った教師側に非があることは間違いないのですが、夜の街で保護者同伴とはいえ遊ぶ女子中学生を見てロリ好きの男が食指を伸ばしたとしても、仕方のないことかもしれません。事故の確率を上げるために、道路に油を撒くようなものです、その結果を見て「やっぱり滑った」というのは如何なものでしょう。

■保護される側が被害者とは限らない

最後に、電話の呼び出しに応じた女子中学生をどう考えますか?親の目を盗み、連絡先を交換し、連絡を受け店を抜け出し、男と落ち合ってホテルで淫行。嫌なら早い段階で拒絶できたはずなのです、この子は自分の意志で男の誘いに乗って、法に触れる行為を行ったのです。


さあて、どうでしょう。ネット上では「熊谷ではこんなかい!」と激しい批判が飛び交っています、とてもラグビー・ワールドカップどころの話ではありません。ここに登場するすべての人、「女子中学生の父」「女子中学生」「女子中学生の友人」「特別支援学校教師」みなさん、在り方が間違っている気がします。埼玉新聞さんも、教師が罪を犯したと報じていましたが「あんたたちみ~んな、どうなの?」と書きたかったに違いありません。

あんたたち、どうなの?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA