ワイドナショーでも際立つ中居正広の「世渡り上手」、松本人志もヒロミも承知済み

引用 フジTV ワイドナショー

今日、ジャニーズ事務所を退所後、初の「ワイドナショー」出演の中居正広さん。冒頭で退所会見に関しての感想をMCの東野幸治さんが周辺に問うと「中井さんのファンミーティングのようだった」等、中井さんの自作自演“中井ワールド”を誉める人ばかり、いつもは辛口の松本さんやヒロミさんも、中井さんを可愛がっている様子を前面に出して、退所前に退所をメールや電話で伝えていた数少ない関係者であることアピールしていました。この3人が並ぶと、「今のテレビはこうでなくちゃ」みたいな感じがプンプンしてしまうのですが。

俺たちの認める“中居正広”は流石だ

冒頭では「ひとり事務所」の大変さが話題

長いこと独りで事務所を背負ってきたヒロミさんからは「独りだといろんなことを全部やらなきゃならないので大変」とコピー機のリースに関する電話を東野幸治さんから突っ込まれて語っていましたが、誰も中井さんが個人事務所経営で困るとは本当に思ってはいない様子、その中でヒロミさんから「中井君のこの先、マチャアキ(堺正章)とか気をつけて‥」と冗談交じりで忠告、気をつけるべきは芸能界における“生き方”であることを、自戒を込めて語っているようでした。ヒロミさんはかつて「発掘!あるある大事典」で堺正章さんと共演し『不仲』が取り沙汰され、芸能界をその為に干されたという噂もありました。世渡り上手な中井さんには、そんなこともないだろうがというヒロミさん、一流のシャレなのでしょうが。

帰ってくるウエンツ瑛士に言及

松本、ヒロミ、中居、三人の共通の後輩芸能人で1年半、英国留学していたウエンツ瑛士さんの話題になると、3人の関係性がよくわかる展開となりました。ヒロミさんが帰国前のウエンツに英国で会った話を聞いて松本や中居は「帰国の連絡が来たのは最近」と、松本さんは「番組が始まる10分前だった」、中居さんは「前室で話を聞いた」と、後輩から正式な挨拶はなかったことを番組で暴露。しかし、先輩諸氏への接し方が緩いのは中井さんもいっしょ、本日のパネラーの中でも最年少なのですが、遅刻が多かったり、先輩に対する配慮が欠けた話が次から次に、こうしたところが仲居さんが先輩方から可愛がられる理由なのでしょう。

人の番組でも上手に溶け込んでいく中居正広

野球の話になると黙っていられない

どこも「コロナ」関連の話題で持ちきりのところ、今日、取り上げたのは「甲子園大会」の中止。中居さんは「甲子園を中止するのなら、プロと練習試合をさせたらいい。プロ球団は地方各地にあるのだし、球児の夢をダメにしたのなら、それ以上のものを大人は提案するべきだ」と発言、これに松本人志さんは「さすが社長!ええことを言う。その通りだ」と絶賛。中居さんの野球好きはよく知られていますが、自前の番組でなくても視聴者が共鳴する「いいコメント」を述べるのだなと、単なる世渡り上手の罰あたりではないことを証明していました。

R-1王者、野田クリスタルが登場

番組後半にはR-1で優勝した野田クリスタルが登場。番組向けに新しく製作したゲームを披露、松本・ヒロミ・東田、お笑い先輩諸氏からは「観客なしでもやれるネタ」「テレビ向けやな」と上々の評価を得ていました。話を振られることもなかったためか、中居さんもこの下りでは、ほとんど話に入ってきませんでした。ここらへんが仲居さんの上手なところ、笑いに素人の中居さんの発言よりも、ここはお笑いの先輩から野田クリスタルさんが評価され、背中を押してもらうところ。というような流れで番組は終了していくのですが、中居氏の時代はこれからも続くのだと思わされます。ビック3と呼ばれたサンマ・たけし・タモリの時代が終わり、ダウンタウン・ウンナンの時代が去れば「中居」時代がやってくるのです。しかし、上が長くやっている現状をどうかしないと、中居さんの『引退』が先に来るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA