岡村隆史がオールナイトニッポンで“ゲスの極み”発言、性風俗で働かざるを得ない女性に対し「楽しみ」。

引用 岡村隆史のオールナイトニッポン

お笑い芸人の岡村隆史さんが4月23日放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」の番組内で、コロナウイルスによる感染拡大で経済や雇用状況が悪くなり、性風俗店で働くことを余儀なくされる女性が出てくると予想「コロナが終息したら絶対おもしろいことがある」と発言しました。新型コロナウイルス感染症の流行によって女性が貧困に苦しみ、選択の余地がない中で性風俗で働くという状況を歓迎するような発言に、女性の貧困問題を軽視しているのではと、批判の声が上がっています。

本人に問題発言の自覚はなかった

■他人の不幸は蜜の味

発言はリスナーから寄せられた「今後しばらくは風俗にいけない」などという意見を取り上げた際に出たもの「今面白くなかったとしても、コロナが終息したら絶対おもしろいことがあるんですよ」と前置きし「コロナが明けたらなかなかの可愛い人が、短期間ですけれども、美人さんがお嬢やります。これはなぜかと言えば、短時間でお金を稼がないと苦しいから」と発言しました。「3カ月の間、集中的にカワイイ子がそういうところでパッと働きます。そしてパッとやめます。それなりの生活に戻ったら」として「その3カ月のために頑張って今は歯を食いしばってがんばりましょう」「ぼくはそれを信じて今頑張っています」とリスナーに訴えました。

■決して望んで性風俗に行くわけではない

岡村さんの発言にスタッフからも笑い声が起こっていました。しかし、この発言はコロナ騒ぎがなかったとしても歓迎できるものではありません。ましては、感染拡大によって経済への影響は深刻さを増しているのです。政府の4月度の月例経済報告で景気について「急速に悪化しており、極めて厳しい状況にある」としました。支援団体はすでに、仕事を失い生活に困窮した人たちからの多くの相談が寄せられています。こうした状況下での岡村さんの発言に「女性蔑視」「社会福祉を無視した性風俗への誘導」などと、貧困女性が性的な搾取の対象になりやすいことを安易に認めるものだと指摘する声が上がっています。

誰にでもある“うかつ”な発言でしょうが

■公共の場で言うべきことではない

残念なのは「オールナイトニッポン」という歴史あるラジオ番組内でこうした発言がなされたことです。同番組は、深夜帯での放送の為、少々エロな内容が放送されることもありましたが、基本的に困窮した女性を対象に「楽しみ」などと言うことはありませんでした。一部には岡村さんの“ジョーク”だと擁護する方もあるようですが、放送禁止用語と同じように『言ってはいけない事』があるのです。困窮した状況を“自分の欲”の為に利用すると言うのは性風俗で働かざるを得ない女性に対する虐待と言っても良いでしょう、公共の電波に“自分の欲”を乗せてはいけません、政治家の方々が「失言」で失敗するケースと同じです、最近NHKでの露出も目立つ岡村さんだけに、その発言には責任が伴うのです。

■お気をつけください

芸人がコロナで暗くなりがちな世の中で「軽い冗談」を言っただけで、そう目くじらを立てることもないとお思いの方、そう、そういう考え方が“スーパーでの買い占め”“公園での集団化”“パチンコ店の行列”となっていくのです。『少しだけ、相手の立場に立って考える事』が必要なのです、自分が男ではなく女性だったとしたら、金銭のために性サービスを提供することは簡単なことでしょうか?見ず知らずの人に性的なサービスを行うことは、通常の人であれば抵抗感があるはずです。岡村さんがどういうつもりで発言したかはわかりませんが“社会的な影響力”を持った人間は、常に自身の発言に気を配る必要があります。社会全体がSTAY  HOME で神経が敏感になっている時期です、どうか、配慮ある発言をお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA