誹謗中傷で人が死ねば政府も動くが、“日の丸”でマスク製造中止に追い込んだ室井佑月や青木まりこは断罪されないのか!

引用 東洋経済

書店に行って急に便意をもよおすことを「アオキマリコ」と呼ぶのだそうです。今回の日の丸騒動で、このアオキマリコも意味が違ってくるかもしれません。「誤った情報を鵜呑みにし、会社等を批判することによって罪もない人々を窮地に陥れること」と、問題は愛知県のメッシュ素材メーカー「くればぁ」さんが販売する「日の丸マスク」に対して、青木まり子さんが政府からの発注を受けて製造しており、日の丸を付ける分、手間がもったいない等の批判をしたことによります。しかし、くればぁさんは2015年から日の丸マスクを製造しており、15年3月にフィギュアスケートの羽生結弦選手が着用したことでも話題となりました。このマスクに対して“政府からの要請で生産している”との誤情報が流れ、青木さんや室井さんのネット上での批判につながったのです。

きちんと調べもせずに人を責めるのは問題

■政府批判に一般の会社が巻き添え

『誹謗中傷』と言われている青木さんや室井さんの投稿ですが、内容はどんなものだったのでしょうか。室井さんは
「些細なことだけど、こういうこと一つとっても、今の政府のやっていることって、ごっこ遊びにしか見えない」※コメントの下に(この「日の丸」付ける手間、大変だったろうね。大変な時に、ご苦労さんだよね。Hiromi1961)
マスクに日の丸を付けるような行為は無意味であって、政府は緊急と言いながら切迫感に欠けるのではないかと批判しているようです。
一方青木さんは
「マスクに、手間かけて日の丸とCLEVER?そんな余裕ないし恥ずかしすぎる。CLEVERの反対じゃないですか。いい加減にしてほしい。誰か反対しなかったのか、少しでも早く作れるように無駄な作業は省こうって、、、」
製造元のくればぁさんを真っ向から批判しています。政府だけではなく、マスクを作る会社もどうかしていると攻撃しているのです。

■生産元社長の悲痛な声

くればぁの石橋衣理社長は5月28日、ツイッターで「日の丸マスク 大変人気でしたが議論のネタにされるのは本望ではないので、しばらくは製造休止しています。またいつか復活できれば…」と述べています。日の丸が入った「日の丸マスク」をめぐっては、マスク不足が深刻化し始めた2月中旬ごろから話題となっていました。「厚労省がマスク不足に対応し日の丸を冠したマスクを生産」「日の丸入れる手間省けばもっと増産できたでしょ」等の根拠不明の情報がSNSなどで広がり、くればぁで否定する騒動がありました。同社によれば、日の丸マスクは2015年から販売しており、2015年のフィギュアスケート世界選手権で羽生結弦選手が使用した事でも話題となりました。

理由もなく被害に遭うのは不条理

■人気のマスクは製造中止

石橋社長は作家の室井佑月さんが誤情報を信じて日の丸マスク生産を発注した政府を批判する言動に対して「弊社で作っていた日の丸マスクが政府批判のネタにちょうどよかったのか、ボロクソ言われました。政府と繋がりなんて一切ないのに…社名についても馬鹿にされ、ド阿呆とまで言う人も…」と改めて憶測を否定しました。日の丸マスクは5月29日現在、公式通販サイトでは売り切れとなっており、くればぁでは「再販の予定はありません。再販が決まり次第、HPで告知いたします」と案内しています。誤情報に始まった魔女狩りは、犠牲者を出したのです。このような結果を誰が喜んでいるのでしょう?

■間違ったのであれば、きちんと謝るべき

日の丸マスクへの“政府関与”が無かったことが明らかになってから、室井さんは謝罪の投稿を行いましたが、青木さんは、まだ何の動きもないようです。世間ではSNSにおける誹謗中傷は大きな問題だと盛り上がっていますが、今回のケースでは企業の利益が誤情報によって損なわれるという、あってはならない事態なのです。製造元の“くればぁ”さんには多くの従業員の方がいて、その方々には更に家族がいるわけですから、会社が利益を失うことによって影響を受ける人々は想像以上にたくさんいるのです。そうした実際に不利益を受ける人たちに対して「謝罪」などでは足りません、実質的に被った被害に対しては補償されるべきです。その実害を与えたのは室井さんであり、青木さんなのですから、お二人は「くればぁ」さんが被った被害額を支払うべきです。暴力を振るえば、刑法で罰せられ懲役にも行かなくてはなりません、間違った情報を元に他人を非難する行為は暴力と何ら変わらない筈です。法律とか、そんなことは後にして「くればぁ」さんに被害を与えたお二人は、直接、謝罪を行い償いを行うべきです。遠くで何か叫ぶよりも、近くでキチンと話す姿勢を“影響力を持った方々”は示してもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA