明日、記者会見をYouTubeで生配信!退所の手越裕也に賛否両論、問われるアイドル像とジャニーズ事務所の今後。

引用 サンスポ

5月26日、ジャニーズ事務所は手越祐也さんが緊急事態宣言下に「女性を伴う外出」をしていたことを問題視して、芸能活動の自粛を言い渡していました。しかし、それ以前から退所に関しては双方の弁護士によって話し合いが行われており、前倒しで契約を終了することは決まっていたといいます。関係者の話では「スポーツ紙などでは処分に不服を抱いた手越の“逆切れ”退所などと報じられましたが、手越が事務所に退所を申し入れたのは外出自粛制限が始まる前のこと、夜間の外出に関しても、あくまで独立後の活動を見据えた打ち合わせで、事務所にも報告済みだった。女性がいたのは事実だが、彼にとっては不要不急の行動ではなかった。」

初期の報道は対事務所との関係悪化を煽る内容

■退所発表前日もボランティア

退所が発表される前日、6月18日の午後、某週刊誌は都内のこども食堂にいる手越さんの姿を捕らえていました。活動自粛中にボランティア活動を行っている手越さんは、この日もひとり親世帯の子供たちのために、自ら弁当を配っていました。その場に居合わせたお母さんたちは、思わぬアイドルの来訪に急いで化粧を直すなど、微笑ましい姿が見られたといいます。その前日には、自ら自転車に乗って弁当を各家庭に配り、気さくに記念写真やサインにも応じていたといいます。当初は、事務所側への「反発」的報道が目につきましたが、退所発表前の落ち着いた行動がわかると、どうも初期の報道が疑わしくなってきます。

■イッテQも切られたわけじゃない

また、手越さんが出演していた日曜日ゴールデンの人気番組「世界の果てまでイッテQ!」に関しても、テレビ局側に不評を買っての降板のように言われていましたが、この番組はジャニーズ事務所と日テレが契約した仕事の為、今後の出演が無くなってしまうというのが理由のようです。番組では手越さんの活躍を振り返る特番なども検討されているようで、この降板も直接的に手越さんの評価によるものではありませんでした。これまでの流れを見ていると、当初は「モラルを守らない勝手なアイドル」が「事務所の意向に背き、女性と外飲み」と悪役になった格好でしたが、どうも様子が変わってきました。

見直される事務所と所属芸能人の関係

■M迫に似ている

21日に放送されたフジテレビの「ワイドナショー」でも手越さんの退所の話題は取り上げられ、この件に言及した松本人志さんは「やっていることがM迫さんに近い」と、昨年、闇営業問題で吉本興業との話し合いをしていたお笑いコンビ「雨上り決死隊」の宮迫博之さんを引き合いに出しました。手越さんのキャラクターについても「(こういうキャラの芸能人が)一人ぐらい、いてもいいのかなと思った」と評価しました。これまでも事務所と所属芸能人との軋轢は報道されてきました。中でもタブー視されてきたジャニーズ事務所対応に対する批判を手越さんは、明日の記者会見でするのでしょうか。

■手越で変わるかコロナ後の日常

手越さんご本人から、ツイッターで明日23日20時からの会見が発表されました。「【拡散希望】明日の20時より緊急で記者会見を行います。当日はYouTubeのチャンネルにて生配信も行うので、メディアの方だけじゃなくて、ファンの方とか見てもらえると嬉しいです!」と報告、「質疑応答もあるので、時間の許す限り包み隠さず御答えするつもりです」と伝え、開設した自身のYouTube「手越祐也チャンネル」のアドレスも発表しました。このYouTubeのチャンネル開設に関しても賛否両論があるようです。しかし、みなさん!これまで事務所>所属タレントの構図が少し変わりそうな気がしてワクワクしませんか?私はオッサンですが、明日の会見は是非見ようと思います。これが、コロナで変わった日常のひとつに成れば良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA