さて、真相を知るのは三好彩花か菅原小春か?希代の色男、三浦春馬の自殺の理由は誰が知る。

引用 スポニチ

俳優の三浦春馬さんが18日、死亡したことが明らかになりました。関係者によると、同日午後1時ごろ、自宅マンションを訪れた事務所関係者がクローゼットで首を吊った状態の三浦さんを発見、搬送された東京都済生会中央病院で死亡が確認されました。あまりにも突然の死に、ファンをはじめ全国に悲しみと衝撃が広がっている。特に驚いているのは、三浦さんの自宅周辺の住民の方たちです。三浦さんは東京港区のマンションに暮らしていました。確かに港区といえば芸能人が住んでいそうですが、三浦さんのマンションはオフィスが中心となっており、芸能人が住んでいるマンションのイメージはなかったといいます。

まったく予想ができない自殺理由

■これからも期待されていた人気俳優

三浦さんは2006年のドラマ「14才の母」(日本テレビ系)でヒロイン志田未来さんの恋人役を演じて俳優として注目され、昨年はドラマの主題歌「Fight for your heart」で歌手としてもデビューしました。また、今月23日公開の映画「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」へも出演していました。よくNHKの朝ドラ「あぐり」に子役として出演してデビューと紹介されていますが、実はエキストラでちょい役での出演だったようです。このことに関しては、自分でよく笑い話のネタに話されていました。前述したように、2006年から約15年に渡ってドラマ、映画と出演し今後の活動も期待されていた最中、いったい何が原因で“自殺”してしまったんでしょうか?

■イケメンで共演者と噂になることもしばしば

三浦さんは希代の色男、これまで共演してきた女優さんとの関係が噂されたことは、度々でした。志田未来さん(2006年)、新垣結衣さん(2007年)、原田夏希さん(2009年)、多部未華子さん(2010年)、戸田恵梨香さん(2011年)、榮倉奈々(2011年)、岸本セシル(2012年)、そしてダンサーの菅原小春さん(2017年)、今彼と言われるモデルの三好彩花さん(2018年)‥まあ、2000年代初期の頃は共演した女優さんと親しそうにしていれば、話題にして報道したい週刊誌が盛った話に仕立てたものもあるでしょう。しかし、注目すべきは2017年からの菅原さんからの流れです。各方面で報道されたように、実質的なお付き合いがあったようです。その間に、浮気などのゴシップがなかったことが三浦さんの好青年ぶりをイメージ付けしていました。

近くの人間が口を開けば真相が見える

■三好さんが何か知っているのでは

そんなイケメンで悩みなどなさそうな三浦さんに「いったい何が」起こったのでしょう。恋愛関係の縺れなどというと、それなりなのですが、前述したようにお付き合いはされても、倫理的問題や社会的問題が起きた過去はいっさいありません。2017年に短期間お付き合いされた菅原さんの自由奔放さに手を焼いて、短期間で破局したことは有名な話です。その後、お付き合いされていたモデルの三好彩花さんは、同じ事務所に所属しており、周辺では「結婚」の噂さえありました。亡くなる直前まで、お付き合いされていた女性は三好彩花さんなのです。もしかしたら、三浦さんの部屋で三浦さんを発見したのは三好さんだったのかも知れません。しかし、自殺の原因は解せません、恋人もいて仕事も順調だったのに自ら命を絶つとは。

■アミューズの発表を待つしかなし

これまでも自殺した人間の代わりに“その理由”を述べてきたのは近くにいた女性だったような気がします。しかし、今回は動機が推測できません。例えば三好さんが三浦さんに別れ話を持ち掛けて、その結果、三浦さんが命を絶ち、心配した三好さんが部屋に入って三浦さんを発見した…。希代の色男が「別れた」くらいで死ぬなんて考えられません、やはり、鬱かなんか精神的な病にでも侵されていたのではないでしょうか、そのことがわかるのは直近で親しくお付き合いされていた三好さんを除いて他にいないと思います。これから、事務所が「自殺の理由」を説明することになるでしょうが、わかりやすい真実であることを望みます。いい俳優さんだったので早逝が悔やまれます、南無大使金剛遍照。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA