「くちなしの花」を歌います。渡哲也さん、あちらで石原裕次郎さんとうまい酒を飲んでください。

呼吸器疾患で療養中だった俳優の渡哲也さんが8月10日午後6時30分に肺炎のため死

引用 宝酒造

去しました。78歳でした。所属事務所の石原プロモーションが14日、発表しました。昭和の大スターがまた一人、逝きました。渡さんは1941年12月28日、島根県安来町で生まれ、兵庫県淡路町で育ちました。高校卒業後に上京し、進学した青山学院大では空手部に在籍しました。渡さんは航空整備士を希望していたのですが、故・石原裕次郎さんに憧れ、一目会いたいと訪れた日活撮影所でスカウトされ、64年に日活に入社し、翌65年に映画「暴れ騎士道」で主演デビューを飾りました。

昭和俳優としての逸話も豊富

■後輩にも礼儀を尽くす

渡さんは食事中の石原裕次郎さんに初対面の挨拶をした際に、食事中にも関わらず席を立ちあがって握手とともに「君が渡君か、がんばってください。」と激励の言葉をもらって感動したことを契機に、後輩に対して同じように振舞うようになりました。昭和の映画界らしいエピソードであり、時代を物語るエピソードです。68年に第1作が公開された「無頼」シリーズは最初の代表作となりましたが、71年に日活を退社、先輩として慕っていた石原裕次郎さんを追って、石原プロモーションに入社しました。

■歌手としても完成されていた

73年には歌手として「くちなしの花」を発表します。当時、石原さんも渡さんもこの曲がヒットするとは思っておらず、石原さんは「もしヒットしたら、逆立ちして銀座をあるいてやる」と言ったそうです。しかし、じわじわとヒットし始めた同曲は約150万枚を売り上げる大ヒット曲となりました。渡さんは、翌年のNHK紅白歌合戦にも出場、「くちなしの花」は昭和を代表する歌謡曲のひとつとなりました。早逝した石原さんには多くのヒット曲がありましたが、弟分の渡さんには後にも先にもこの曲以外に歌唱曲は思い浮かびません、初の紅白出場から19年後の1993年に再び紅白歌合戦に出場「くちなしの花」が渡さんの歌であることを再認識させられました。この歌は、渡さんのキャラクターがあっての歌だったと言えます。

同じような俳優はもう出ないでしょう

■新しいドラマの形を構築

昭和の大スターとしての活躍の陰で、病に苛まれた生涯でもありました。74年のNHK大河ドラマ「勝海舟」は肋膜炎の為に途中降板しました。75年の映画「大脱獄」は高倉健さん、菅原文太さんとの共演が決まっていましたが、渡さんの体調不良の為に実現しませんでした。91年には直腸がんも患いました。経営悪化した石原プロを立て直すため、76年からはテレビにも本格進出し、同年開始の主演作「大都会」シリーズ、79年放送開始の「西部警察」と国民的人気となるアクションシリーズに出演し、サングラス姿のダンディな俳優イメージが定着しました。

■最後は兄貴と共演

87年に石原裕次郎さんが52歳の若さで死去した後は後継の社長に就任しました。2011年に退任するまで、弟分の舘ひろしさんとともに若手の「石原軍団」の育成にもあたりました。最後の仕事は2020年6月に行われた宝酒造の日本酒「松竹梅」の50周年を記念したCM「よろこびをお伝えして50年~幻の共演~」編にナレーションで出演しました。このCMで32年続けた“よろこびの酒”が終了したのです。このCMでは亡くなった裕次郎さんとの子弟共演が実現しました、最後の仕事に相応しいものとなりました。既に石原プロの解散も来年の1月に決定しており、石原さんから託された「石原プロを畳め」という遺言も果たされています。時代、時代にスター・名優と呼ばれる方はいますが、渡さんは正に「昭和」を代表する俳優でした。米津玄師もいいですが、今週くらいは「くちなしの花」が流されることを望みます。

「くちなしの花」を歌います。渡哲也さん、あちらで石原裕次郎さんとうまい酒を飲んでください。」への1件のフィードバック

  1. こんばんは! ブログランキングから来ました。
    渡哲也さん、本当に残念でした。好きな俳優さんでしたが、最近は病気の為、めったに拝見する機会がありませんでした。最後にお酒のCMで石原裕次郎さんと共演出来て喜んでいらしゃると思います。
    くちなしの花も懐かしいです。

    また、のぞきにきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA