全米1位のBTS、大衆芸能は功績を上げても大衆芸能。ファンから免除嘆願も届かず、JINは兵役に行くのか?

引用 総合ニュース

韓流ドラマやK-POPは日本でも浸透し、世のご婦人方の中にはジャニーズよりもBTSといった方が増えています。みなさんは、ドラマや歌に関しては驚くほどの情報や知識をお持ちですが、韓国の政治や社会問題にはあまり興味がないようです。8月31日、人気グループBTS(防弾少年団)が米ビルボードのシングルチャート「Hot100」で初登場1位を獲得しました。2週目に入っても1位をキープしており、韓国内では国をあげての騒ぎとなっています。同時に、彼らの功績に対して「兵役免除」を与えるようファンからの嘆願が出せれており、大衆芸能をもって国に貢献した者に対する処遇が問われる事態となっています。

韓国は今も“戦争”は終わっていない

■法で定められた徴兵

韓国は現在も北朝鮮と戦争中であり、現在は「休戦」の状態なのです。このため、国民に兵役を課し、戦争に備えているのです。この為、兵役は国民の義務であり、兵役を自己都合で避けることは法を犯すことになります。“延期”や“免除”に関しては明確な規定があり、兵役が免除となるのは 国外で永住権を獲得した人、身体に障害を負っている人、北朝鮮から亡命してきた人などです。さらに「事実上の兵役免除になる可能性が高い人」は家計の柱であり家族を支えている人、規定の学歴に達してない人、孤児、帰化者、国際スポーツ大会や音楽コンクールで優秀な成績をあげた人、などです。気になるのは最後のスポーツや音楽で優秀な成績をあげた人、問題はここに「大衆芸能」の分野が入っていないことにあります。

■韓国に貢献してきたBTS

BTSは韓国人アーティストとして初めて、米ビルボードで2週連続1位の快挙を成し遂げました。1位獲得のニュースが流れるとTwitterで瞬く間に拡散し8月31日から9月2日までの3日間で関連ツイートは4600万件に達しました。新聞・テレビなど韓国メディアやケーブルテレビもこぞってBTSの特集を組み、文在寅大統領も自ら公式のTwitterで祝賀メッセージを投稿しました。韓国政府は2018年「世界の若者に韓流と韓国語を広げる大衆文化芸術の発展に寄与した」ことを評価して、BTSに「花冠文化勲章」を授与しています、BTSは政府からも功績を認められた国を代表するスターなのです。彼らの記録的ヒットは韓国文化体育観光部が9月7日に公開した調査結果では、その経済効果は1兆7000億にのぼると見られています。(日本円で1520億円)

ファンの気持ちはわかるが国防は最優先

■ファンから高まる「免除」の声

国際大会で上位に入賞したスポーツ選手や伝統芸術家は才能を活かせるように軍隊には入らず、役所や福祉施設などで代替勤務する「代替服務制度」が存在しますが、大衆文化には適用されないため人気絶頂のアイドルや俳優が兵役で活動休止せざる得ない事例はよく見かけられます。入隊日や除隊日には、ファンが部隊の前まで見送りや出迎えに行くのが恒例行事となっています。BTSでは年長のJINから順に兵役義務を果たすことになります。JINは大学院に進学したこともあり2021年末まで入隊を延期できる見込みですが、いずれは兵役に就かなければなりません。国際ピアノコンクールで優勝すれば代替服務制度が適用になるのに、米ビルボードで1位になり、国に莫大な利益をもたらしたBTSが適用対象外になるのはおかしいと怒るARMYは多く、「兵役免除」や「特例」を求める声が日に日に強まっています。

■カッコよく行って、カッコよく戻って来る。

通常なら12月にメンバーの入隊が始まる「BTSの徴兵」に関して、担当大臣からの現時点での公式見解が示されました。9月14日午後、ソ・ウク次期韓国国部長官(国防省大臣)が書面で見解を発表しました。内容は「徴兵は誰もが公平でかつ均衡性をもって適用されなければならない」「優秀な大衆文化芸術人たちに対する兵役特例制度は、国民的共感が先行しなければならない事項として事前に十分な論議が必要」とするものでした。世間がBTSの「兵役免除」で騒いでいることを担当相が認識していることを示した形です。しかし、現時点においてJINさんの兵役免除の可能性は薄いと思われます。自然資源のない韓国にとってエンターテインメントビジネスは非常に重要な収入源です、その中でもBTSは最上級の稼ぎ手といっても過言ではありません。政府としても“免除”して国に貢献してもらいたいのでしょうが、韓国は「戦争中」なのです。休戦は終戦ではなく『いつ、戦闘が再開されてもおかしくない』状態にあるのです。現在の徴兵制の制度を変えるような特例措置が取られれば、今後の徴兵制に問題が出るかも知れません。残念ながら、JINさんから始まるBTSメンバーの徴兵は避けることはできないでしょう。しかし、課せられた義務をスマートに果たしてこそ「防弾少年団」なのではないでしょうか。ガンバレBTS!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA