つまらんめーが、謝罪するならパワハラすな!ぼてくりこかしたい塚原夫妻の行動!?

引用 スポニチ

体操女子でパワハラを指摘された日本協会の塚原副会長と塚原千恵子・強化本部長は9月2日、報道各社にFAXを送付し「宮川再紗江選手に対する謝罪」のコメントを発表しました。塚原夫妻は前回のプレスリリースにより、一部で「反撃」「反論」や「徹底抗戦」と報道されたことについて「そういった意図は一切ございません」としたうえで、さらに宮川選手を傷つけ、誤解を与え、恐怖心を抱かせ、不信感、不快感を与えてしまったのであれば、全ては私たちの責任であり、本当に申し訳なく思っております」と謝罪しました。18歳の”子供”に対して『協会』の風を吹かせ平伏せさせようとした結果がこれです「よかよか!戦え宮川、腐った大人は流してしまえ」と言いたいです。 続きを読む

よかよか!戦え宮川紗江選手。塚原やら朝日生命に負けたらいかん!全国民が味方するけん。

引用 福井新聞

もういいでしょう、既得権益を持った団体のお偉いさん方が私腹を肥やすために若いもんの生き血を啜るような行為は。今日の宮川紗江選手の記者会見は良かった、問題はコーチのパワハラではなく協会が選手をいいように扱うために、過去の暴力沙汰を持ち出してコーチと選手を引き離して、自分たちの直下に置こうとしている状況を明言しました。まるで、韓流ドラマに出てくるお姉さんを見ているようでした、流石に世界で戦うアスリートは肝が据わっています「これまで生きてきた中で、一番、勇気が必要だった」みたいなことを宮川選手は言っていましたが、十分にその気持ちは伝わっていたと思います。これを機に他のスポーツ団体と同じように腐った旧体制を洗い流さなければなりません。 続きを読む

居合道昇段で金銭授受、剣道連盟が常態化を認める。剣道連盟責任者は腹を切って詫びろ!

引用 戸山流居合道会

一般財団法人全日本剣道連盟をご存知でしょうか?日本における剣道、居合道、杖道などの武道を統括する団体です。この剣道連盟が段級位、称号の審査及び授与を行うのです、国内唯一の剣道に関する専門団体であるため、連盟の授与する段などの位は剣道界においては大きな意味を持っています。この全日本剣道連盟の「居合道」部門で、段位・称号取得の際に金銭授受が横行していた実態が表面化しました。同連盟は剣道を通して“人間形成”を行うことを目指して創設された団体だったのですが、内部では「肩書き」売買が行われていたことになります。金銭授受が明らかになったのは、内閣府に提出された告発状によってです。 続きを読む

結局、臨時理事会でも「解任」できず!男・山根は明日「勝負」をする。

引用 スポーツ報知

選手への助成金の不適切な流用や、暴力団員だった人物との交際などが指摘されていた日本ボクシング連盟の山根会長は、7日の臨時理事会の後、自らの進退について「まだ決めていません。明日、私自身のけじめの話をします。」と述べ、8日に明らかにする考えを示しました。日本ボクシング連盟の山根会長をめぐっては、選手への助成金の不適切な流用や、暴力団だった人物との長年に渡る交際など、問題が指摘されています。こうした中、日本ボクシング連盟は7日夕方から臨時理事会を開き、一連の問題の報告や第三者委員会について検討が行われました。理事会前には山根会長“解任”かと騒がれましたが、会長の進退に関しては理事会で会長に一任されたようです。「辞任するかどうかの判断は自分でします。43年の人生をアマチュアボクシング界のために貢献してきました。自分の進退については家族や周りの友人にも相談して決めます」と述べ、進退に関しては明日、明らかにされるようです。 続きを読む

好きな言葉を聞かれた山根会長が色紙に書いた“小心者”の心。

引用 スポーツ報知

日大の危険タックル問題が一段落したと思ったら、今度は日本ボクシング連盟ですか、ここんとこ、こればっかですよね。確かに見た目は“そっち”系の方にしか見えませんし、「特別待遇」としてやらせていたとされていることも「食べ物は〇〇が好き、長いものは食べない」といった、ちょっと笑える内容です。先日からテレビに出まくって、告発状が嘘であると主張し「カンロ飴なんか130円ですよ」と、訳のわからない反論をしています。印象的だったのは2018年度のインターハイ、ボクシング会場に用意された会長の椅子、他の連盟主要メンバーがパイプ椅子なのに、革張りの豪華椅子、山根会長はインタビューで「やらせ」だと言ってましたが、確かにやりすぎの感がありました。でも、これが本来の会長の嗜好だとすれば、えらいことです。 続きを読む

これで幕引きなのか?大体大浪商の記者会見にみる責任のあり方と無念の桃山学院!

引用 スポーツ報知

ハンドボールの全国高校総体大阪府予選男子決勝は堺市家原大池体育館で6月10日に実施されました。この大会で悪質な接触プレーではないかと優勝した大体大浪商の選手のプレーが指摘された問題に関して、大体大浪商は7月5日、大阪府熊取町の同校で記者会見を行いました。これまでも、浪商側の徳永昌亮監督は「ユニホームを掴んでいるのを振りほどくために、体をひねった時に肘が当たっているというように私は見ていますし、子供たちからもそういう話を聞いています。」と故意でなかったことを説明していました。しかし、桃山学院側はこの説明を受け入れることができず、更なる説明をもとめていました。これに対応したのが今回の記者会見だったのです。 続きを読む

インターハイ予選決勝でラフプレー!大阪府の男子ハンドボール決勝戦、怒りの桃山学院

引用 モー二ングショー

インターハイに出場するということは高校で運動部に所属する生徒にとっては特別な事なのです。全国に行く、全国で認められる、そのためのインターハイを賭けた予選は大事な大会となります。大阪府の男子ハンドボールのインターハイ予選決勝で問題が起こりました、決勝は6月10日に大阪府堺市内の体育館で行われました。問題の行為が行われたのは後半13分頃、青と黄色のユニホームの浪商選手が体を右にひねると、桃山学園のエースは背中から突然に倒れました。そして、みぞおちを押さえたまま、うずくまってしまいました、みぞおちに浪商選手の肘が当たっていたのです。 続きを読む

至学館大学「反省が見えない」と栄監督を解任、責任を負うべきは他にもいるんじゃない?

引用 産経ニュース

伊調馨選手にパワーハラスメントを行っていたとされる、日本レスリング協会の栄和人・前強化本部長に関して、至学館大学の谷岡郁子学長は6月17日、栄氏を同大学レスリング部監督から解任することを発表しました。栄氏は6月14日に記者会見を開いて謝罪を行ったばかりでした。谷岡学長によると、栄氏に全日本選抜選手権に出場した学生のセコンドにつくように指示しましたが、守らず。試合中に外出するなど監督としてふさわしくない行為があったとされています。 続きを読む

Nスタのホランとジャパンタイムス生沢浩の日大危険タックル事件への目線

引用 Daily Inmotion

昨日から今日にかけて、各局報道番組は日本大学アメリカンフットボール部の宮川泰介選手の話題で埋め尽くされています。昨日14:45からの記者会見、始まるまでは異様なくらいの「待ち」でした、何度も記者会見場が写され、今か今かという感じでした。会見が始まってすぐ宮川選手が頭を深く下げた際(約20秒)私と妻は思わず泣いてしまいました。今回の内容や流れの問題ではなく、20歳の学生がたった一人で大勢のマスコミの前に立ち頭を下げている。その姿が泣かせました…。この会見が終わってから、どこの局も宮川選手の話題ばかりでした、その中でも印象的だったのはホラン千秋さんがMCを務めるTBS系の「Nスタ」でした。 続きを読む

元力士・大至の発言にみる「相撲ファースト」の考え方、宝塚市長も悔しかろう!

引用 日刊ゲンダイDEGITAL

意見の対立や争いの根源は「価値観の違い」です。昨日から、日本相撲協会の価値観が世間から非難を浴びています、人命よりも土俵上の「しきたり」、女性は土俵に上げてはいけないと女性市長の挨拶を拒否、こうした状況を見ていると、いったい誰のための相撲なのかと問いたくなります。多くの情報番組に出演して、こうした相撲関連の問題に関してコメントしているのが元大相撲力士の大至さんです。その大至さんの解説も相撲界の価値観に基づく発言が多く、避難されています。大至さんの常識が、相撲撲界の常識だとすれば、相撲界の価値観は一般世間と違っているということでしょう。 続きを読む