クレイジージャーニーが“やらせ”で休止、静岡大講師、加藤英明氏も関与していたのか?

引用 クレイジージャーニー

TBSの人気バラエティー番組「クレイジージャーニー」(水曜日11:56)で不適切な演出があったとする問題で、TBSは「調査が完了するまで休止」を発表し、11日に放送予定だった同番組を「ノーサイド・ゲーム3日後最終回SP」に変更しました。番組放送後にはメッセージが流れ、改めて視聴者に謝罪しました。同番組は独特のキャラクターを持った、それぞれのカテゴリーの専門家が世界中で取材した内容をスタジオの松本、設楽、小池の3人がMCとしてツッコミを入れながら進めていくスタイルのもので、最近の海外取材番組としては尖がった内容で高い評価を受けていました。今回、問題となっているレア爬虫類の捕獲に関しても「かつて見たことのない」生物が登場することで注目を集めていました。野生の希少生物を捕獲する状況が売りだったのに、ファンにとっては寂しいかぎりの話です。 続きを読む

性欲の強い原田龍二がワイドナショーで語る「キス以上は踏み出せませんね」この人の反省とは何なのか?

引用 アサヒ芸能

本日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」の最後のコーナーに原田龍二が登場、街中でインタビューを行い一般の人が逆に原田に質問をするというもの、今年5月に4W不倫が発覚、バラエティやドラマへの出演も減り、自粛モードなのかと思っていましたが、ご本人は悪びれることもなく「私のことを知っていますか?」「私がしたことをどう思いますか?」と町行く人たちに尋ねていきます。通常の神経であれば“叩かれる”ことを恐れて引き受けることのできない企画でしょうが、そこを超えてやっているのが原田龍二の人間性を表しているのかも知れません。番組に出る事こそが禊になるという考えは自分勝手な理屈であり、その自分勝手が不倫の根源であることに気が付いていないようです。 続きを読む

もう止めるべきでは?24時間テレビ“チャリティーマラソン”に見る「柳の下のドジョウ100匹」最後のランナーは客寄せパンダ!

引用 24時間テレビ

今年も「24時間テレビ『愛は地球を救う』」の季節がやってきました。毎年、話題となるのは“チャリティーマラソン”を誰が走るかです。第1回のランナーは間寛平さんでした。「走る」ことを日課にして、いろんな大会に参加していた間さんが記念すべき第1回のランナーに選ばれたのは納得ですが、以降、さまざまな方々が挑戦しています。タレント、女優、芸人…。ある意味、その時点で話題であったり人気のある方が「ランナー」に選ばれて番組の視聴率に貢献してきたようなイメージもあるのですが、確かに、長距離をボロボロでゴールするランナーの姿は感動を呼びます。しかし、視聴者は走る姿に本当に感動を覚えているのでしょうか? 続きを読む

タレント美奈子が『ザ・ノンフィクション』で夫と8人の子供の生活を公開、私生活の切り売りは許されるのか?

引用 ザ・ノンフィクション

フジテレビのドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」(日曜14:00~)でタレント美奈子とその家族に密着した内容が11日に放送されました。「新・漂流家族2019夏~美奈子と夫と8人の子供~前編」への反響が集まっています。同番組では今年2月の放送で密着したばかりですが、いきなり大家族の父親になった元プロレスラーの佐々木義人さんと思春期の長男・長女、さらに子育てをめぐって対立する美奈子との不穏な空気が漂い、本日放送の「後編」では、そうした各々の感情が爆発します。 続きを読む

ワイドナショーで“ガセ”が話題!松本人志が語る「浜田とサシ飲みするわけねぇじゃん」吉本騒動も一段落か?

引用 ワイドナショー

本日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で吉本興業の「エージェント契約」が冒頭から話題に、吉本騒動をネタに盛り上がる松本人志、東野幸治の吉本ベテラン組。その際に話題に上ったのが騒動に便乗してのガセネタ騒動、この話はもともと同番組に中居正広が出演することになった、吉本問題にも仲裁に乗り出すのではと巷で噂が流れたことに端を発しています。しかし、番組冒頭では“ひどいガセ”として完全否定されていました。 続きを読む

ワイドナショーに泉谷しげるが出演、泉谷節の前に松本均人志も涙!同世代、武田鉄也とは一味違う泉谷先生。

8月4日、フジテレビ系「ワイドナショー」に71歳の泉谷しげるさん、70歳の武田鉄也さんが出演しま

引用 asahi.co

した。冒頭は今が旬の「吉本問題」、泉谷さんは『親に逆らっちゃいけない』と一言、これに松本が物申すかと思いきや、笑いネタにしただけでスルー。その後も、浜崎あゆみのデビュー時の恋愛に関しては「気持ち悪い」でバッサリ、最後に泉谷さんが7月にライブハウスで行った6時間×60曲ライブの話題となり、番組でライブに密着した映像が流されると、番組レギュラーの松本人志さんも“目をウルウル”させて映像を見ていました。70を超え、さすがに老いが目立つ泉谷さんですが、ご自身が言うように体は衰えても心は衰えていないようです。 続きを読む

吉本興業の「加藤の乱」加藤浩次の怒りの矛先はどこへ?宮迫や田村の問題とは別に広がっていく吉本の闇!

引用 asahi.com

問題はどこから始まったのか?それは吉本興業所属の芸人が、事務所を通さずに“闇営業”を行ったことからだったでしょう。そして、その営業先が「反社会勢力」であったことがあきらかになり、闇営業芸人の罪が更に深くなってしまったのです。ここは間違いない事実なのです。もともと、事務所との取り決めで「勝手に営業を行わない」ことは、芸能事務所に所属する人間として当然のことではないでしょうか、先日の吉本の岡本社長の記者会見により、この闇芸人問題が違う方向に動いているような気がしてなりません、社会的な倫理に反した宮迫、田村などのベテラン芸人は当然に責任を問われるべきですし、彼らが所属する事務所がどんなに「ブラック」であっても、自分たちがしたことの責任が消えるわけではないのです。 続きを読む

ワイドナショーでも注目!ボトルキャップチャレンジに前園真聖が挑戦、逆閉めにも成功?

引用 マライアYoutube

このところSNSで流行っている“ボトルキャップチャレンジ”をご存知でしょうか?ひと昔前に人騒がせな“アイスバケツチャレンジ”なるものが流行りましたが、同じノリなのですが、今回は水浸しにはなりませんし、あまり他人に迷惑をかけないチャレンジなので良いかと思いますが、体力も技術も必要になるので「誰でも」できるとは言えません。既に動画ではジャスティン・ビーバーをはじめジェイソン・ステイサムやドニー・イェンといった大御所アクションスターまで挑戦しています。面白いかどうかは別としてシャレでマライア・キャリーが声でキャップを開けるという番外編も出てきています。そんな中、本日放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」でもチャレンジが紹介され、元サッカー選手の前園真聖も挑戦…。 続きを読む

内村が降板!番組終了の危機「世界の果てまでイッテQ」?やっと決着か“やらせ祭り”問題。

引用 「世界の果てまでイッテQ]

日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ」(日曜午後8時)で騒動となった“やらせ祭り”の問題について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は7月5日、“やらせ祭り”は放送倫理違反に当たるとの見解を示しました。問題は昨年5月に放送されたラオスで行われているとした「橋祭り」、このような祭りはラオスでは行われておらず、番組側の“やらせ”疑惑が週刊誌で報道されたのです。問題発覚後、ラオス側からは「このような祭りは行っていない」との反発が出ていたにも関わらず、番組側では、具体的な対応は行わず番組を継続してきました。(東スポWebより) 続きを読む

後輩芸人の頼みに気前よくノーギャラ出演は嘘!宮迫とロンブー田村に反社会勢力の認識もあり、今回ばかりは「さようなら」。

引用 アサヒ芸能

特番やイベントのオファーが次々に取り止めになっています。反社会勢力の忘年会に、事務所に無断で出席し“闇営業”を行ったと批判を浴びている「雨上り決死隊」の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮の「追放」にスポンサーが動き出しました。これまでは「反社会勢力とは知らなかった」「ギャラは受け取っていない」と説明してきましたが、その内容が疑わしくなってきたのです。テレビ局関係者は「宮迫への特番やイベントのオファーが取りやめられている」と語ります。この状況ではスポンサーの判断も時間の問題のようです、宮迫も今回はオフホワイトで逃げ切ることはできそうもありません。 続きを読む