平野レミのハイテンション・トーク炸裂「チン汁が大事‼」が話題

引用 朝日新聞デジタル

祭日の今日、朝からNHKの料理番組が世間を騒がせました。それは8時15分から放送された『もてなし家族に福来る』~平野レミの早業レシピ~での出来事でした。番組概要は

NHK公式番組ガイドより引用
だんだんと厚くなってくる7月。相変わらず縁側でグータラしている家族。そこへおじいさんから「家に来たい」と突然の電話!家族は「料理はどうしよう?」と大慌て。そこへお隣の料理愛好家・平野レミさんが元気いっぱいに登場!「まっかせなさーい!一緒につくりましょう!」グータラ家族も俄然大張り切り。さあ、レミ流「もてなし料理づくりの始まり―。

めざすは69分で14品(VTRで1品)。とにかくカンタン、見た目も豪華で味も良い。夏野菜を生かしたレミ流特性サラダをはじめ、お年寄りも喜ぶレミ流精進料理、お父さんもご満悦夏バテ防止オツマミ、みなで様々な味が楽しめるそうめんなど、ユーモアあふれる「もてなし料理」の数々を創作、レミさんと家族が共同調理する。さあ、だんだんとおじいさんの足音が近づいてくる中、無事に14品つくり切れるか?!出演者それぞれの夏の思い出など、元気が出るハチャメチャ料理トークもお楽しみに!

続きを読む

民が水に流され泥に埋もれても笑って酒を飲んでいられるが安倍政権なのですか? 西日本豪雨と自民亭の酒宴。

 

引用 読売新聞

西日本豪雨と関連して各地で被害が出始めた5日の夜、自民党の中堅・若手国会議員が、安倍晋三首相や党幹部を交えて「赤坂自民亭」と呼ばれる恒例の飲み会を、議員宿舎で開いていたことに7月9日、批判が拡大しました。約30人の自民党議員が参加し、複数の議員が楽しそうな写真を自身のSNSで紹介していました。しかし気象庁は7月5日午後すでに臨時会見で、記録的大雨の恐れと厳重警戒を呼び掛けており、政権政党が危機管理の意識が低い事を露呈しました。SNSでは「マトモな政党なら自粛」と指摘もありました、首相は同会には初めて出席、9月の党総裁選挙対応とみられています。同日はちょうど北部九州豪雨から1年目の日、この事からだけでも自粛するのが筋ではないのでしょうか。 続きを読む

今でも記憶に残る和賀英良を演じた加藤剛、永遠の名作「砂の器」を見てほしい

引用 朝日新聞デジタル

映画、テレビで活躍された俳優の加藤剛さんが6月18日午前10時11分、胆嚢がんで死去されていたことが7月9日に、所属する俳優座からの発表でわかりました。享年80歳でした。既に葬儀はご家族で営まれており、お別れの会が9月22日、東京港区六本木4の9の2の俳優座劇場で予定されています。加藤さんは1961年に早稲田大学文学部(演劇)卒業。俳優座の養成所を経て64年、俳優座に入団しました。デビューは62年のテレビドラマ「人間の条件」でした。 続きを読む

今はもう「仁義なき戦い」ではなく「アウトレイジ」な時代なのか、名悪役・名和宏さん逝く。

引用 仁義なき戦い

だいぶ昔になりますが東映京都撮影所製作のヤクザ映画や時代劇を中心に名前が登場しないわき役・切られ役として出演していた大部屋俳優が集まった飲み会で「ピラニア会」という、ちょい出の悪役俳優で「飲み仲間」の会を立ち上げました。これが、当時話題となり室田日出夫、小林稔侍、片桐竜次、成瀬正孝、志賀勝、川谷拓三、らが参加してブームになったことがあります。1970年代中ごろに盛り上がりました、この集団の周辺には「村民」と呼ばれた製作スタッフ(中島貞夫、深作欣二、倉本聰他)もいて、メンバーは『仁義なき戦い』やTVドラマ「前略おふくろ様」などに出演していました。こうした、悪役の集団活動に参加せず、一匹オオカミで「悪役」を演じている男がいました。人は彼のことを「名悪役」とか「悪代官」と呼びますが、今の映画・テレビの世界ではお目にかかれない貴重な俳優さんでした。 続きを読む

連れ去り問題を謝罪「水曜日のダウンタウン」の松本人志、「でも、何かやりたい」

引用 デイリースポーツ

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志が6月24日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、自身がMCを務めるTBS系「水曜日のダウンタウン」で男性芸人を連れ去る企画を目撃した通行人から「男性が連れ去られた」との110番通報が相次ぎ、警視庁渋谷署が番組関係者2人を厳重注意していたことに関して「これは遺憾ですよ。全然、本当に遺憾と思いますよ」とコメントしました。『遺憾』とは、思い通りではなく残念なこと、残り惜しく思うことをいいます。本当に松本氏は、今回の件を遺憾に感じているのでしょうか? 続きを読む

ブラックペアン最終回、その展開を予測する「どけよぉ!」渡海の最後のメスが光る!!(そして視聴後)

 

引用 TBSテレビ

先日、韓国料理店でチャミスルをすすっているときでした、奥に陣取ったOL風のお姉さんが「ブラックペアン面しれえ!」「ニノの猫背がいいのよね」と店中に響く大声で同僚に話しかけていました。そう、確かに酔いどれOLが「はしゃぐ」くらいブラックペアンは面白いドラマなのです。TBS日曜夜9時と言えば、これまでも伝説的なテレビドラマを生み出してきました、最近では「陸王」がありました、少し前だと「半沢直樹」も思い出されます。そして今回は「チーム・バチスタの栄光」で有名な海堂尊さん原作の「ブラックペアン1988」がベースとなっています。視聴率の平均は14%と好調な経過です、明日は遂に最終回、原作とは違う結末と最終の視聴率に興味津々です。 続きを読む

出川が走ると思いきや、みやぞんが24時間テレビでランナー、これって新しい?

引用 ライブドアニュース

毎年恒例の日本テレビ「24時間テレビ 愛は地球を救う」の今年のチャリティーランナーに、お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞんさんが決定しました。今年は史上初めてのトライアスロン形式での実施になるそうです。昨年は、直前まで発表がずれこみ「マラソンをやる必要があるのか」と論争になりました。しかし結局は、人気絶頂のブルゾンちえみさんが走りました。 続きを読む

「朝まで生テレビ!」も消費期限切れ、腐った田原総一朗が番組で老害をばら撒く!

引用朝日新聞デジタル

6月1日深夜に放送された「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)でジャーナリストの田原総一朗氏が不適切発言を行い、番組内でテレビ朝日の女子アナウンサーが謝罪しました。田原氏は加計学園問題の討論で、元首相秘書官の柳瀬唯夫氏について「柳瀬のヤツ、何やってる、キ〇〇イじゃないのかって」と発言しました。この発言を受けて、番組内で同局の村上裕子アナウンサーが「先ほど、田原さんから不適切な発言がありました。お詫びいたします」と謝罪しました。しかし、この謝罪の最中に画面には写っていなかった田原氏が「キ〇〇イって言ったの。キ〇〇イって言ったの。キ○○イって言ったの」と連呼する音声が流れていたのです。 続きを読む

「今夜もくらべてみました」で比べてみました十朱幸代と由美かおるの劣化度、ビックリ!!

引用 デイリースポーツ

驚きましたテレビをつけると十朱幸代と由美かおるが同じ画面に収まっているではありませんか。十朱幸代さんは75歳、由美かおるさんは67歳、番組は「徳井大好き女子会in京都」のテーマで十朱さん、由美さんの他に田中みな実さんと田畑智子さんらも出演されていました。十朱さんが出演するのは京都フォーシンズホテルの紹介のくだりからでしたが、私は徳井氏にからむ女子会みたいなことよりも、往年の大女優・十朱幸代さんと水戸黄門でお馴染みのお風呂女優・由美かおるさんが一緒に出ていることが「すごい!」ことに思えてしょうがありませんでした。全盛期の頃であってもお二人が共演するようなことはありませんでした。 続きを読む

ユン食堂2「ガラチコ編」が終了。反省会を放送「ヨジョンさん。また、会いましょう!」

引用 Mnet ユン食堂2

最近は日本の番組も海外での紀行番組ばかりで、某テレビ局など専門チャンネルと見紛う状況です。このような番組では、あまりお金がかからなそうなタレントか制作会社のスタッフがレポーターとして登場し、“珍しい海外事情”などが取り上げられます。そうした日本の状況に対して、韓国で製作される海外ロケ番組は「面白い」のです。特に大好きな番組は「ユン食堂」です、韓国の有名俳優が海外のリゾートで小さなレストランを運営する状況を坦々と撮っていくのです。特別な出来事はないのですが、毎日のレストラン営業のその様が“ドラマ”に見えてきます。韓国でも大人気とか、この「ユン食堂2」が終了しました。最終回は、「反省会」なのですが、その様子も楽しませてもらいました。 続きを読む