3歳の娘を自宅に放置、飢餓で死亡!母親は交際相手のところへ旅行、鬼畜の所業に「大丈夫だと思った」の弁解。

引用 朝日新聞

3歳の娘を1週間に渡って自宅に放置し衰弱死させたとして、警視庁捜査1課は7月7日、保護者責任遺棄致死の疑いで東京都大田区、飲食店店員梯沙希容疑者(24)を逮捕しました。司法解剖の結果、死因は高度脱水症状と飢餓によることが判明しました。梯容疑者は容疑を認めており、日常的に育児を放棄し、虐待していた疑いもあるとみて捜査を行っています。捜査関係者によると梯容疑者は「死ぬとは思っていなかった。留守にしても大丈夫だと思った」という主旨の供述をしているようです。自分では食事の用意もできない幼児を1週間以上も放置しておいて“大丈夫”と思える神経が理解できません。 続きを読む

罪なき者は石を投げなさい!入山禁止の男体山で遭難の団体職員、コロナの自覚がありながら山梨に帰省し、逃亡した20代女性。

引用 コトバンク

感染拡大とともに恐れられているのは、感染者に対する“偏見”や“差別”です。コロナ新型ウイルスが感染拡大している今だから、今だから〇〇なのです。感染拡大している今だから自粛して外出は控えなさい、感染拡大している今だから症状があると思われる場合は人との接触を避けてください。しかし、その今だからに従えない人達が出て来ています。自分の勝手で入山禁止の山に出かけ、挙句、遭難してヘリで救われる団体職員。症状が出ていることを自覚しながらも帰省し、友人と食事を楽しみ、その後、都内に逃亡した20代女性。神は言います「罪なき者のみ、その(団体職員、20代女女性)者に石を投げよ」と、さあ、みなさんは石を投げますか? 続きを読む

骨折や内出血も、千葉県職員が生後4ヵ月の長男を殴る。公務員なのが問題ではなく彼が親であることが問題

引用 ANN

ゴミの山を彷徨い、その日の生活の糧を探す幼い子供たち、「世界には恵まれない子供たちがたくさんいます」の文字、救わなくてはならないのは貧困に苦しむ海外の子供たちだけではありません、親がいて、その実の子として生まれたのに、いわれもない暴力を受けたり、食事を与えられなかったり、貧困によって子供たちが苦しめられているのではなく、家庭内で劣悪な状態に置かれているのです。どうして自分の子供に対して常識を超えた暴力などの行為ができるのでしょうか? 続きを読む

新幹線での男女3人殺傷と熊谷の6人殺害事件、なぜ被害者側の重い量刑を望む声は届かなかったのか!

引用 サンケイ

今日、2つの事件に関する報道が行われました。一つは昨年6月に起きた新幹線内での殺傷事件に関する被告人質問と、2015年に熊谷で起きた女児2人を含む6人の殺害事件です。新幹線殺傷事件に関しては結審していませんが、死刑の判決がないと思われます。どちらの事件も「人が殺された」のに、加害者は“死刑”を免れる結果となってしまいました。理由はどうあれ家族を奪われた遺族にとって、犯人が生きていることは耐えれないことなのではないでしょうか。人の命を奪う者は、自らの命で償う事を求められて当然です。殺された人間の人権を尊重せずに犯人の人権を尊重するような軽い量刑には納得がいきません。 続きを読む

大阪・豊中の住宅街で40代女性が隣に住む男に金づちで殴られ大怪我!殺意もなくハンマーで人を殴れるのか?

引用 サンケイ

10月4日朝、大阪府豊中市の住宅街で、40代の女性が男に金づちで殴られ大怪我をする事件が起きました。警察は31歳の男を殺人未遂の現行犯で逮捕しました。現場は閑静な住宅街で近隣の人は血を流して子供を抱きかかえる女性と、警察に取り押さえられる男を目撃していました。午前9時過ぎ、豊中市熊野町で「男が女性をかなづちで殴っている」と通行人から警察に通報がありました。消防隊が駆けつけると、40代とみられる女性が血を流していたため病院に搬送されましたが、重症だということです。警察は金づちで殴った殺人未遂の現行犯で被害者宅隣の住民、藤井裕也容疑者を逮捕しました。 続きを読む

池袋ホテル袋詰め殺人事件、犯人は現役大学生!36歳被害女性との接点はSMか、痴情のもつれか?

引用 日刊スポーツ

東京都豊島区池袋のホテル客室で女性の死体が見つかった事件で、警視庁は18日、埼玉県入間市豊岡の私立大学4年、北島瑞樹容疑者(22)を殺人容疑で逮捕しました。本人は容疑を認めているといいます。被害者の女性は12日午後、JR池袋駅北口からホテルに向かい、5時50分にひとりで部屋に入室しました。発見されたのは2時間余り経った8時15分頃、両足を縛られ、布団圧縮袋のような袋に入れられた状態で遺体は見つかりました。司法解剖の結果、死因は首を圧迫されたことによる窒息死でした。警視庁は北島容疑者の携帯電話を解析するなどして、事件の経緯を調べています。 続きを読む

所沢市で中学2年の男子生徒が刺されて死亡!刺したのは仲良しの同級生、何があったのか?

引用 埼玉新聞

7月5日午後4時50分ごろ、埼玉県所沢市の住宅前で「中学生が腹と口から出血しており、意識がない」と近隣住民から119番通報がありました。埼玉県警によると、所沢市立中学2年の本郷功太郎さん(13歳)が玄関先で倒れており、搬送先の病院で6日未明に死亡が確認されました。埼玉県警は同日、この住宅に住む本郷さんの同級生の少年(14歳)を殺人未遂の疑いで逮捕しました。また、本郷さんの死後は、容疑を殺人に切り替えて調べを進めています。同級生で仲が良かったとされる二人、事件も本郷さんが容疑者の家を訪ねていた際におきました。いったい何が起きたのでしょう? 続きを読む

モルタルで固められたお父さんは、懲役23年で納得できるのか?被害者兄が言うように「マイコ」は死刑にすべき!

引用 茨城新聞

茨城県かすみがうら市のアパートで昨年7月、モルタルで固められた住人の会社員、氏家昇さん(当時33歳)の遺体が見つかった事件で、殺人などの罪に問われていた妻の美穂被告(45歳)の裁判員裁判の判決が5日、水戸地裁の女性裁判長から言い渡されました。判決は求刑25年に対して23年、裁判長は「身勝手かつ短絡的な動機と経緯に酌量の余地はない」と判決を告げました。美穂被告は昇さんと知り合った当初は「マイコ」と名前を偽って交際、年齢も10歳ほど若く偽り東京都品川区の昇さんの実家で同居した後、茨城県に移り住んでいました。最初から嘘をつかれ、挙句に殺されモルタルで固められた昇さんは今回の23年の判決をどう思っていることでしょう。 続きを読む

大阪の拳銃強奪犯が捕まったばかりなのに神奈川で実刑確定の窃盗犯が刃物を持って逃亡!何をやっている警察!?

引用 毎日新聞

16日、早朝のテレビニュースは大阪吹田市の千里交番で警察官が襲われ、実弾5発が入った拳銃が奪われた事件で蜂の巣を突いたような騒ぎとなっていました。それはそうです、G20を前に警備強化される中、警察官がつめている交番が襲撃されたのです。その上、実弾の入った拳銃まで奪われたというのは警察からすれば醜態と言わざるを得ません。翌日には容疑者を箕面市の山中で逮捕、奪われた拳銃も無事に回収されました。警察関係者がほっとしていたところに、神奈川で窃盗犯などの罪で実刑が確定した元被告が刃物を持って逃走しました。元被告が逃走したのは午後1時30分だったのですが、検察が事態を公表したのは5時、検察の失態は非難されても仕方ありません。 続きを読む

どうしてケースワーカーが手助けしたのか?不可解な京都・全身粘着テープ巻き死体遺棄事件、誰が女性を殺害したのか?

引用 サンケイ

6月11日、京都日向市のアパートで、粘着テープで巻かれた女性の遺体が発見され、警察は、日向市の職員とアパート1階の住人の男ら2人を死体遺棄の疑いで逮捕しました。死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、日向市職員の余根田渉容疑者(29)と、職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)の2人です。2人は11日午前11時ごろ、橋本容疑者の住む京都・日向市上植野町のアパートの駐車場に、女性の遺体を遺棄した疑いが持たれています。遺体は、腐敗が進んでおり、全身に白い粘着テープが巻かれた状態で見つかりました。付近の住人が異臭がすると警察に届け出て事件が発覚しました。 続きを読む