磯野貴理子が2周り離れた夫と離婚「子供がほしい」は優しい言い訳、独身高齢者の生き方を考える。

引用 スポニチ

タレントの磯野貴理子さん(55)が、24歳年下でバーテンダーの夫と離婚することが明らかとなりました。19日放送のフジテレビ系レギュラー番組「はやく起きた朝は…」で自ら報告しました。2012年9月の再婚から、約7年で結婚生活にピリオドを打つことになりました。同番組内で視聴者からの「60歳になったらやってみたいこと」の手紙を紹介した磯野さんは「急なんだけどさ、私離婚することになって。離婚するのよ今度」と突然切り出しました。共演者の松井直美さんと森尾由美さんは寝耳に水で「え?誰が?」と驚く中「私の離婚が決まりましてね」と磯野さんが告白すると、松井さんは両手で顔を覆い、嗚咽しました。 続きを読む

千原せいじの不倫を“笑い”に替えて芸人仲間がかばう、バイキングでも坂上忍が糾弾せず、身内びいきの扱い!

引用 スポーツ報知

お笑いコンビ、千原兄弟の千原せいじが20代美女との不倫疑惑を一部で報じられ、16日のワイドショーでは芸人仲間から揶揄する声が聞かれるかと思いきや、怒っている体で笑いのネタに転化し、千原せいじの不倫行動は責められてはいません。火曜日のレギュラーを務めるフジテレビ系「ノンストップ!」では、冒頭からせいじの不倫疑惑を特集しました。MCの設楽から意見を求められたオアシズの大久保佳代子は「いや、許せませんね。クビにしましょう」と発言、しかしスタジオは笑いに包まれていました。またフジテレビ系の「バイキング」ではフットボールアワーの岩尾が「久々に明るいニュースですね」と肯定的な態度を示し、さすが兄貴的な言い回しでイジッていました。 続きを読む

「20万円でナッシング」耳を疑う揉み消し発言、高田純次72歳の危うい運転。今後は本当の“じゅん散歩”!

引用 スポニチ

タレントの高田純次(72歳)が都内の首都高速道路で乗用車を運転中に衝突事故を起こし、運転していた相手の男性に怪我を負わせていたことが15日に分かりました。被害者の男性の話によると、左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた被害者の車の左後方部にぶつかりました。「ゴツン」という衝撃を感じましたがポルシェはそのまま被害者の車を追い抜いていきました。その後もポルシェは被害者の車から離れるために、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げて行ったそうです。状況から見て、完全な当て逃げです。 続きを読む

華原朋美の妊娠6カ月と結婚していた篠原ともえ、「令和時代」に支持される“女の生き方”はどっち?

引用 AGARA

歌手の華原朋美さんが4日、妊娠6カ月で8月に出産予定であることを所属事務所を通じて発表しました。それに合わせて「新しい家族と新時代を迎えられる事もとても幸せに思います」と喜びのコメントも寄せています。華原さんの妊娠発表と同じタイミングで結婚していたことが公表されたのが、女優や歌手としてマルチに活動する篠原ともえさんです。篠原さんは、今年1月末に37歳のアートディレクターの男性と結婚していたことが4日に明らかになりました。平成から令和にかけて、結婚する芸能人も多かったのですが、1990年代に活躍したほぼ同年代の華原さんと篠原さん、どちらもパートナーを得たことには変わりないのですが、少々、結婚観や価値観が違うようです。 続きを読む

元号は令和に変わったけれど、まだ解決しない小室圭氏と眞子さまのご結婚問題。秋篠宮が天皇即位拒否するのも小室氏の問題が影響か!

引用 朝日新聞

昨日は「令和元年」ということで大盛り上がりしました。新天皇も誕生し、めでたし、めでたしと言いたいところですが、皇位継承順位第一位となられる秋篠宮様が「兄が80歳のとき、私は70代半ば。それからはできないです」と発言され、即位拒否だと騒がれています。実際、弟である秋篠宮様が皇位を継承されるのは難しいと考えられます。しかし、後継者の問題以前に秋篠宮様の頭を悩ませているのは、長女・眞子様のご結婚なのです。2月に『それ相応の対応を行わない限り、納采の儀は出来ない』と眞子様のご結婚への条件を会見で語られました。しかし、小室氏はフォーダム大学に留学以降、具体的な対応は行っていません。今年に入り「解決済みと理解してきた」とする文書を公表しましたが、問題は収束する状況にはありません。 続きを読む

平成最後の「昭和の日」やっぱり思うのは昭和天皇の事、初めて象徴天皇として生きた昭和天皇に感謝!

引用 日本の歴史

本日は「昭和の日」そして明日は平成最後の日となります。おそらく明日は、マスコミ各社は退位される第125代天皇・明仁様のことを朝から晩まで流すことでしょう。しかし、今日は昭和の日、明仁様の父、『昭和天皇』に思いを馳せようではありませんか。戦争を経験し、戦後は“象徴”として日本国民の為に生きた方です。昨年、某国営放送のドラマでは薩摩藩の藩主を『国父』と呼んでいましたが、昭和天皇は正に国父であったのではないでしょうか、日本の経済発展や科学技術の進歩を支えたのは日本人としてのアイデンティティであり、その基盤には象徴天皇があったのだと思います。 続きを読む

87歳で10人をはね「上級国民」と呼ばれる男!高齢ポンコツおやじに上級も下級もない。

引用 朝日新聞

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4丁目の都道の横断歩道2カ所で、高齢男性が運転する乗用車が歩行者らを次々とはねました。警視庁と東京消防庁によると10人が負傷しました。このうち自転車に乗っていた30代の女性と3歳ぐらいの女児が心肺停止で病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。目白署によると、乗用車は東京都板橋区の無職男性(87)が運転していました。1カ所目の横断歩道と、約70m離れた別の交差点の横断歩道で複数人をはねたといいます。容疑者の男性も負傷しました、乗用車は2カ所目の現場でゴミ収集車と衝突し、ゴミ収集車は横転しました。 続きを読む

「ルパン三世」のモンキー・パンチ逝く、彼がいなければ宮崎駿のアニメも見られなかったに違いない!映画化第一作「ルパン三世 ルパンVS複製人間」は必見。

引用 映画「ルパンVS複製人間」

漫画「ルパン三世」の原作者、モンキー・パンチさん(本名/加藤一彦)が11日午前7時26分、誤嚥性肺炎のために死去しました。公式サイトが発表しました。81歳でした。北海道浜中町の出身、葬儀は近親者のみで営まれました。後日、偲ぶ会が開かれる予定です。モンキー・パンチさんは北海道浜中町時代には、霧多布高校定時制に通いながら放射線技師の助手を務めていました。19歳で漫画家を目指して上京し、貸本屋の漫画を描く仕事で生計を立てていました。そんな中、1965年に双葉社「漫画ストーリー」から「プレイボーイ入門」でデヴューし、翌年、同誌の清水文人編集長の提案を受けペンネームを「モンキー・パンチ」としました。 続きを読む

由美かおるの何に期待するのか?誰だって歳はとる十朱幸代、秋吉久美子、岩下志麻…どんな大女優も等しく年は重ねる。

引用 日刊スポーツ

13日都内で女優の由美かおるさんのニューアルバム「Jewel Box」の発売を記念したインストアイベントが行われました。由美さんはスリットから足が出た真っ赤なロングドレスで登場、初めてのインストアイベントに「恥ずかしい」とコメントしていました。このイベントの様子を取り上げた一部記事には「劣化が激しく、角さんも助さんも驚くだろう」などと水戸黄門の入浴シーンで高視聴率を上げていた由美さんを揶揄する内容のものもありました。しかし、70歳を目の前に控えた女優さんが昔ながらに“お色気ムンムン”であっては『化け物』でしょう。水戸黄門だってBSで武田鉄矢主演に代わっているのですから。

続きを読む

なぜ?子供をたくさん産んだだけでタレントになれるのだろう。ビッグダディの前妻・美奈子は今…

引用 サンスポ

テレビ朝日系のドキュメンタリー番組「痛快!ビッグダディ」を覚えておいででしょうか、岩手県出身で柔道整復師の資格を持つ林下清志さんが、8人の子供たちを男手一本で育てていく様子を長期にわたって追いかけた内容でした。結婚離婚を繰り返すビックダディと、その都度増えていく子供たち。2016年5月には7度目の結婚を公表、それまでの婚姻歴で、連れ子を含めると最大時6男14女の合計20名の子供(元祖妻12名、元妻6名、3番目妻2名)がいましたが、ご本人も11人兄弟の6男と大家族だったのです。このビックダディの元妻として話題になっているのが美奈子さんです。美奈子さんは2015年5月5日に元プロレスラーの佐々木義人さんと結婚し、現在では8人の子供たちの母親となっています。 続きを読む