全米1位のBTS、大衆芸能は功績を上げても大衆芸能。ファンから免除嘆願も届かず、JINは兵役に行くのか?

引用 総合ニュース

韓流ドラマやK-POPは日本でも浸透し、世のご婦人方の中にはジャニーズよりもBTSといった方が増えています。みなさんは、ドラマや歌に関しては驚くほどの情報や知識をお持ちですが、韓国の政治や社会問題にはあまり興味がないようです。8月31日、人気グループBTS(防弾少年団)が米ビルボードのシングルチャート「Hot100」で初登場1位を獲得しました。2週目に入っても1位をキープしており、韓国内では国をあげての騒ぎとなっています。同時に、彼らの功績に対して「兵役免除」を与えるようファンからの嘆願が出せれており、大衆芸能をもって国に貢献した者に対する処遇が問われる事態となっています。 続きを読む

アメリカの同時多発テロから19年「9.11」、若者はニューヨークに世界貿易センターという110階建てのオフィスがツインタワーであったことを知らない。

引用 ルネッサンス メトロポリタン

その日のことは決して忘れられません、仕事から帰宅して夜のニュースを見ているときにニューヨークの状況が映しだされtりました、世界貿易センターに「何事かが起こった」とされ、上層階の一部から黒い煙が吐き出される様子がLIVE映像で流れていました。その時です、ビルの右手側から飛行機が現れビルに突っ込んだのです。あまりのことに食事をする手が止まり、画面を凝視していました。これが後に「アメリカ同時多発テロ」と呼ばれる国際テロ事件の1つだったのです、一般人が日常生活においてテロ行為を目撃することなどありません、爆破や銃撃の惨劇が起きたとしても、その後の現場を取材したニュース報道を見るくらいです。しかし、このニューヨークの世界貿易センターへのテロは、多くの映像が公開され、ビル倒壊時の周辺の状況はセンセーショナルに報道されました。 続きを読む

香港で国家安全法が可決される。欧米の中国批判声明に対し、日本の拒否は卑怯者の誹りを免れない!

引用 旅チャンネル

中国の全国人民代表大会(全人代)は反体制活動を禁じる「香港国家安全法」を可決しました。早ければ今夏に施行され、中国は国家安全に関する機関を香港に設置し、直接取締りができるようになります。1997年に中国返還以来、高度な自治が認められ、香港の繁栄を支えてきた「一国二制度」が形骸化の危機に瀕しています。この状況に対し、米国や英国などは中国を厳しく批判する態度を取っており、中国に抗議する共同批判声明への参加を日本政府にも打診していましたが、日本政府はこれを拒否していたのです。関係各国は日本の態度に大きな失望を隠せないようです。 続きを読む

ソン・イェジンとヒョンビンのラブストーリーなのか?奇天烈な“不時着”物語が盛り上がるネットフリックの「愛の不時着」

引用 ネットフリックス

地上波は旧作と自宅からの「お家芸」ばかりで飽き飽きしてきたのではないでしょうか。そんな中、ネットフリックで配信されている「愛の不時着」が大きな話題を集めています。ネットフリックは190カ国、1億人以上の会員数を誇る、世界トップクラスの動画配信サービスです。日本では2015年よりサービスが開始されました。このコロナ禍の中、加入者は日増しに増えており、同配信サービス中の作品が話題になることも多くなってきているというわけです。その「愛の不時着」ですが、ネットフリックでは2月から連続してトップ10入りを果たす人気ぶり、若者だけではなく中高年層でも話題となっており『冬のソナタ』の再来とも言われています。 続きを読む

コロナ感染者ゼロの報道の中、キム・ジョンウンは死んだのか?北朝鮮で語られる米国と韓国によるウイルスの拡散。

引用 朝日新聞

北朝鮮当局は未だに「我が国では新型コロナウイルスは発生していない」との立場を崩してはいませんが、国内からは断片的に感染報道や、厳しい感染防止策の影響により人々の暮らしが苦境に追い込まれていることが伝えられています。北朝鮮のコロナウイルスに対する感染防止策が非常に速かったことは知られています、武漢で感染が拡大し始めた当初に対応策が取られていたと言われています。それは、中国が北朝鮮にいち早く情報を伝えて感染拡大を食い止めるようにしたのではないでしょうか。なにせ、中国と地続きなのは北朝鮮とタルキスタンだけなのですから。 続きを読む

新型コロナウイルスの広がる不安、春節の休みで大挙して押し寄せる中国人観光客! アウトブレイクの危機が迫る。

引用 朝日新聞

武漢では新型コロナウイルス封じ込めの為に都市を封鎖して国家レベルで対応を行っています。その様子は一般市民が投稿するSNSでも伝えられ、閉じ込められた市民の深刻な生活が明らかになってきています。病院では亡くなった方が廊下に放置され、その周辺に治療を待つ患者がうずくまる様子が撮影され、スーパーでは商品が無くなくなった店内の状況がアップされました。道路が封鎖され陸路からの物資輸送が途絶えた武漢は、深刻な状況に陥っているのです。しかし、これを隣の火事と見ているわけにはいかないのです、中国では今、春節の休みの真っただ中、武漢の騒ぎをもろともせず、日本に観光に訪れる中国人観光客は100万を超えるとも言われています。感染し、潜伏期間にある感染者が日本国内に入って来ないとは断言できません、もし、東京で武漢と同じ状況が起これば都市封鎖などできるはずもなく、日本は瞬く間に“火だるま”となってしまうのは想像に難くありません。 続きを読む

「週刊ポスト」が“韓国なんて要らない”なんて言ってはいけない。こちらが「厄介な隣人」と思えば、向こうもそう思う。

引用 週刊ポスト

週刊ポスト誌は2日、同日発売の同誌特集「韓国なんて要らない」の内容の一部が、誤解を広めかねないものだったとして、同誌のウエブサイト「Newsポストセブン」に謝罪文を掲出しました。戦後最悪と言われる日韓関係が毎日のように取り沙汰されるなかでの、メジャー雑誌の韓国批判は行き過ぎた行為だったようです。これまで、従軍慰安婦問題やレーザー照射問題、日章旗否定‥思い返せばきりがない不条理な扱いにあってきた我国、固有の領土さえ名前を勝手につけて実効支配されてきました。しかし、政府は正面きって怒りを露わにすることはありませんでした。そこには、外交が持つ本質を日本政府が理解しているからではないでしょうか、そんな国家において影響力のある媒体が反韓の姿勢を露わにすることは許されない行為です。 続きを読む

GSOMIAを破棄しても新大久保を閉鎖はできない!韓流文化と政治的対立は別物?今日も韓国式ホットドックは売れ続ける。

新大久保

安全保障に問題が懸念されているGSOMIAの破棄、加速していく日本と韓国の関係悪化。このまま出口が見つからないままに両国の国交が断絶するような事態に発展していくのでしょうか?関係悪化から韓流文化の発信地である「新大久保」にも“影”が刺しているのではないかと現地を取材してました。訪れた日は土曜日の昼時、山手線で駅に降り立った時には「前よりも少ないのでは?」と感じましたが、出口が近づくにつれて間違いであることがわかりました。もともと駅のつくりから改札前後が混むの仕方ないと思っていましたが、駅を出るとすぐに街中が人でごったがえしていることがわかりました。 続きを読む

日韓関係悪化、遂に限界線を越えて文化交流にも影響。映画「ドラえもん」の公開が延期に!

引用 映画「どらえもんのび太の月面探査記」

昔、飲み屋で知り合った反社会勢力のオジサンが教えてくれました「なぜ、俺たちが反社会かって?」「誰も文句がつけられないような事にも文句つけて、金を取るからさ」と、彼らはそれを生業として生きているので、それはそれで仕方ないかとは思いますが、隣国韓国の最近のありようは、それ以上のものがあります。理不尽などという言葉では表現できないところまで来ているのです。朝鮮日報は8月2日、日本政府が韓国をホワイト国から韓国を除外した影響で映画「ドラえもん のび太の月面探査記」の韓国での公開が延期になると報じました。 続きを読む

天皇に謝罪要求する文喜相議長の暴言を許すのか?再び「盗人猛々しい」と発言する文議長に政府はどう対応するのか!安倍さん、ガチで「抗議」しちゃってん。

引用 日経新聞

韓国が異常な暴走を続けています。ドイツでの日韓外相会談(15日)で、河野太郎外相による申し入れに、康京和(カン・ギョンファン)外相がゼロ回答だっただけでなく、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長による常軌を逸した「天皇陛下への謝罪要求」に、韓国側は「日本からは何も抗議はなかった」などと会談内容を捻じ曲げています。韓国メディアは18日、文議長の許しがたい暴言を再び報じました。「謝罪すべき側がせず、私に謝罪を求めているのは盗人猛々しい」「(謝罪すべきは)現職の首相が1番目、2番目が天皇となる」複数の韓国メディアは18日、文議長のこうしたインタヴューを報じました。 続きを読む