開催国だからといって何でもして良いわけじゃない「平昌オリンピック」は既に失敗している。

引用 平昌五輪

テレビでは毎日のように平昌五輪に北朝鮮から美人応援団が来るのかどうかを放送しています、恐らくはオリンピック競技関係者の放送時間より取り上げられている時間は長くなっていることでしょう。韓国は北朝鮮と17日に次官級会談で、平昌オリンピックに参加するホッケーチームをを南北合同チームで結成することや、合同で入場することを決めました。その上、北朝鮮での文化行事の開催やスキー場の活用などに関しても合意したとされています。今回の合意内容は文在寅大統領の「平和五輪構想」として韓国が提案したものです。この内容を見ると文政権が北朝鮮にすり寄っている姿勢が明白です。 続きを読む

韓国南東部の地震被害、国が違えば文化も災害被害さえ違う。

韓国気象庁発表によると15日午後2時29分ごろ、韓国南東部の慶尚北道浦項市の北9kmの地域でマグネチュード5.4の地震が発生しました。南東部で強い地震が発生したのは、昨年の9月12日に裏項に近い慶州でマグネチュード5.8の地震が起きて以来、1年2ヵ月ぶりのことです。浦項では、最初の地震の後も数回にわたり余震が起りました。 続きを読む

イヴァンカは去りトランプが来る厳戒警備の週末都心、ポケットに手を入れて歩けませんよ。

アメリカ合衆国大統領・トランプ氏の日本訪問に先立ち長女で大統領補佐官のイヴァンカ氏が国際女性会議WAW!(World Assembly for Women!

引用 ハフィントンポスト

2017 )に出席するため11月2日午後に来日しました。

会議最終日となった3日午前、イバンカ氏は安倍首相と並んで笑顔で会場に登場し、自身が女性の活躍の為に政権に参加したことを語りました。イヴァンカ氏は「家族を支え、その成長を助ける素晴らしい援護者」と父トランプ氏を讃えると、聴衆から反発の声が上がりました。 続きを読む

北朝鮮で納豆がブーム”よど号”のっとり犯が食べ過ぎて検査。

核実験で山が崩れて中国側にも放射能漏れが出るのではと世間を騒がせている北朝鮮ですが、これは何!というような話題が別の意味で世間を騒がせています。それは北朝鮮の首都平常で日本の伝統食「納豆」が人気を呼んでいるというのです。個別に包装ができる「納豆工場」を映した北朝鮮発の動画ニュースで6月に確認され、平壌で暮らしている日航機「よど号」ハイジャック事件のメンバーも今月、支援者向けの機関誌で「まさに日本の味」と絶賛したそうです。久しぶりの故郷の味にハイジャック犯も食べ過ぎて検査入院したという話まで出ています。 続きを読む

ラスベガス銃乱射事件は「パニック・イン・スタジアム」を見るような非現実的な臭いがした。

10月1日夜、米西部ネバダ州ラスベガスで事件は起きました。銃が乱射され多くの死傷者が出ています、ラスベガス警察によると58人以上が死亡。負傷者は500人を超えています。被害者の多さで、近年で最悪の乱射事件となりました。警察によると容疑者は近郊に住む白人男性で、警察の突入とともに自殺。これまでに逮捕歴はまったくなく、警察との接触もなかったそうです。 続きを読む

相手を煽る姿はトランプさんもキム・ジョンウンも同じに見えるのだが。

アメリカのトランプ大統領が国連総会で初めて演説しました。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮を強く非難したうえで「アメリカと同盟国を守らざるを得ない場合、北朝鮮を完全に壊滅するほか選択肢はなくなる」と述べ、核開発を止めるよう強く警告をしました。

19日国連総会で初めて演説したトランプ大統領は「私は、あなたたちが自分の国を第一に考えるのと同じように常にアメリカを第一に考える」と述べ、国際社会とはアメリカの国益を最優先に置きながら関わっていく姿勢を強調しました。 続きを読む

北朝鮮につばを吐かれても「まずはアメリカの意見」とおっしゃるつもりですか?安倍さん!

今朝、浦和でJR東京・上野ラインに乗ろうとしたら「ただ今、北朝鮮からミサイルが発射された模様です。これにより電車は一時運行を中止いたします」とアナウンスが流れました。私はとっさに空を見上げましたが、今朝は涼やかな風が吹くばかりで「ミサイル」などはどこにも見当たりませんでした。そうですよね、見上げて飛んでいるのがわかるくらいなら、どっか落ちていても不思議はないずはずですから、しかし、どう考えてもおかしくないですか落ちたら甚大な被害が出るような兵器が頭上を飛んでいるのです、国家としては見過ごすことなど出来ないはずです。首相が安倍さんじゃなくてトランプさんだったらどうでしょう「上空を飛んで来るものは打ち落とせ」あるいは「発射基地を破壊しろ」などというかも知れません。 続きを読む

若い人は北朝鮮に行っていたアントニオ猪木氏を知っていますか?

参議院議員のアントニオ猪木氏は9月7日に平壌に入り8日、朝鮮労働党で外交を統括する李副委員長と会談しました。スポーツ交流を中心に日韓関係を話し合った他、北朝鮮が実施した核実験や弾道ミサイルに関しても意見交換した可能性があると見られています。猪木氏は会談冒頭、北朝鮮の挑発行動などにより朝鮮半島で緊張が高まっていることを念頭に「こういう時期だから訪朝しなければならない」と語りました。 続きを読む

がっかりの北朝鮮への制裁、子供への躾だってもっと厳しいのに…

核実験を強行した北朝鮮に対し、国連の安全保障理事会は12日早朝、新たな制裁決議を全会一致で採択しました。焦点となっていた原油の輸出量は現状が維持されることとなり、アメリカが主張していた北朝鮮への原油の輸出を全面禁止にする案は採用されませんでした。しかし、制裁の対象が広がる結果となったことは事実であり、これに北朝鮮が反発することが考えられます。 続きを読む

北朝鮮よりも、まず韓国政府の日本に対する考え方を正すべきだと考えますが?

韓国のムン・ジュイン大統領は8月17日、就任100日となる記者会見で、日本の植民地時代の元徴用工の個人請求権は消滅していないとの見解を示しました。韓国政府はこれまで個人請求権問題への言及は避けてきており、日本政府に前向きな対応を促す狙いがあったと考えられます、しかし、日本側は解決済みの立場を崩しておらず、徴用工の個人請求権問題は日韓間の新たな火種となる可能性があります。 続きを読む