もっと厳しく規制しなくては受動喫煙対策法とは呼べない「改正健康増進法」

引用 愛媛県

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が18日の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立しました。多くの人が利用する施設の屋内を原則禁煙にし、違反者には罰則も適用する内容です。今後、段階的に施行し、東京五輪・パラリンピック開催前の2020年4月に全面施行します。改正法は、事務所や飲食店など多数が利用する施設の屋内を原則禁煙とし、喫煙専用の室内でのみ喫煙できようにします。加熱式たばこは受動喫煙による健康への影響が明らかでないとして、加熱式たばこ専用の喫煙室では飲食も可能にします。 続きを読む

民が水に流され泥に埋もれても笑って酒を飲んでいられるが安倍政権なのですか? 西日本豪雨と自民亭の酒宴。

 

引用 読売新聞

西日本豪雨と関連して各地で被害が出始めた5日の夜、自民党の中堅・若手国会議員が、安倍晋三首相や党幹部を交えて「赤坂自民亭」と呼ばれる恒例の飲み会を、議員宿舎で開いていたことに7月9日、批判が拡大しました。約30人の自民党議員が参加し、複数の議員が楽しそうな写真を自身のSNSで紹介していました。しかし気象庁は7月5日午後すでに臨時会見で、記録的大雨の恐れと厳重警戒を呼び掛けており、政権政党が危機管理の意識が低い事を露呈しました。SNSでは「マトモな政党なら自粛」と指摘もありました、首相は同会には初めて出席、9月の党総裁選挙対応とみられています。同日はちょうど北部九州豪雨から1年目の日、この事からだけでも自粛するのが筋ではないのでしょうか。 続きを読む

どうにかならないのか?地方行政における傍若無人、明石のタコはおいしいが煮ても食えない腐敗部長!

 

引用 神戸新聞

部下の足を蹴ったとして異動させられた兵庫県明石市の元部長が、女性職員の顔に殺虫剤を噴霧するなどほかにも部下9人にパワハラやセクハラ行為を繰り返していたことが25日に分かりました。明石市は同日、元部長を停職6ヵ月の懲戒処分にしたと発表しました。元部長は同日付で依願退職しました。元部長は今年の3月に開かれた友好都市の交流団の歓迎会で部下の左足を蹴ったとして、市が5月に総務局付に移動させました。その後、職員28人に聞き取り調査をしたところ、2016~2017年度に部下に暴力行為やセクハラを繰り返していたことが判明したといいます。 続きを読む

「慰霊の日」は日本全国民が”沖縄”を考える日、米軍基地は沖縄だけの問題ではない!

 

引用 日本経済新聞社

沖縄では8月15日の「終戦記念日」は沖縄にとっての“終戦”の日ではありません。沖縄では、沖縄戦の指揮をとっていた牛島司令官が自決し、日本軍の組織的戦闘が終わった6月23日を「慰霊の日」としています。「慰霊の日」は沖縄県の条例で公休日とされ、国の機関以外の役所や学校は休みとなり、沖縄県民のみなさんは「沖縄戦」への思いを馳せます。 続きを読む

「いいかげんにしろ」と穴見議員に言いたい!ジョイフルの為にも即刻辞任すべし。

引用 読売新聞

九州でファミレスと言えば「ジョイフル」なのです、「ロイヤル」よりも地元色の強いファミレスとして九州では親しまれています。その「ジョイフル」に苦情が殺到し、大変なことになっています。事の起こりは、自民党の穴見陽一衆議院議員が受動喫煙対策を訴える団体の代表に「いいかげんにしろ!」と野次を飛ばしたのが原因です。穴見議員は「ジョイフル」の元社長で現相談役なのです、ジョイフルでは対応に苦慮し「会社の見解ではない」と説明しましたが、収まらず、遂には穴見議員がサイト上で謝罪する結果となりました。 続きを読む