遂に失職!2度目の不信任決議でみなかみ町長にトドメ、懲りない前田町長も終わり。

引用 時事ドットコム

群馬県みなかみ町の団体職員の女性が前田善成町長からセクハラを受けたとされる問題で、みなかみ町議会は18日、不信任決議を受けた前田町長の解散に伴う町議会戦後、初めての町議会を開きました。不信任決議案を全会一致で可決し、前田氏は地方自治法の規定により失職しました。不信任決議は二度目、前田氏は記者会見を開き、町政運営に支障をきたしたことを謝罪し、次期町長選(10月23日告示、同28日投開票)に出馬しないことを表明しました。 続きを読む

目覚ましでも注目!野田聖子総務相が指摘「ふるさと納税が存続の危機」その問題とは?

引用 毎日新聞

今朝の“めざましテレビ”でふるさと納税に関する話題が取り上げられていました。返礼品の内容に自治体による格差があり、本来の「ふるさと納税」の主旨から逸脱しているのではないかということです。野田聖子総務相は返礼品の格差に関してはこれまでも言及してきましたが、9月11日には正式にふるさと納税制度を見直す方針を明らかにしました。野田聖子総務相は「ふるさと納税は制度存続の危機にある」とまで言い切り、法規制で見直しを迫ることで、既に見直した自治体が抱く不公平感の払拭を狙っています。今後は実質的なふるさと納税の窓口である各ポータルサイトの規制も焦点となりそうです。 続きを読む

福岡選出のくせに北部九州で育っとらんけん「G7で唯一の有色人種」とか言えるったい!

引用 毎日新聞

福岡県で麻生グループと言えば、名の知れた企業グループで麻生太郎さんの出身母体の企業グループです。選挙区は福岡県第8区(直方市、飯塚市、嘉麻市、中間市、宮若市、遠賀郡、鞍手郡、嘉穂郡)、そう旧産炭地を中心とする選挙区なのです、産炭が行われている時代から韓国人労働者が多く、人種問題には敏感な地域なのです。そのバックグラウンドを持って東京で政治活動をなさっている麻生太郎氏は、あまりにもヒエラルキーに対して無頓着な御方と言えます。生まれは飯塚市と“川筋もん”の本場なのですが、ほとんどを東京でお過ごしになられているので、人種とか階級に対する認識が大甘なのではないでしょうか。 続きを読む

「中止というなら、私を殺してからにしてください」気持ちはわかりますが、やりすぎです“昭和残侠伝”豊岡武士三島市長!

引用 時事ドットコム

今日、全国ネットで取り上げられていました。三島市のJR駅前再開発をめぐる市長と市民のやりとり、映像では7月23日に市役所で行われた、反対派住民と市長とのやり取りが撮られていました。反対派住民側が「反対運動をやるので、覚悟しておいてください」言った後、豊岡市長は「中止というなら、私を殺してからにしてください」と上着を取って、背を向けて床に座り「さあ!」と意気込んだのです。市民のひとりは「これが三島の市長か、恥ずかしい」と罵声を浴びせていました。しかし、なんとか三島市を発展させたいと願っている市長にとって20年も塩漬けとなっていた同用地が再開発されれば、市の活性化につながると必死の思いなのです。 続きを読む

どうして認めない!群馬・みなかみ町、前田町長が不信任を受け町議会解散。

引用 pioprin

みなかみ町は関東北部の群馬県最北に位置し、谷川岳・三国山の麓、利根川の源流域で「関東の水瓶」と称される自然と温泉が豊かで風光明媚な町です。人口は19,645人、面積のほとんどが山林で、谷川岳をはじめ登山の拠点としても有名です。そんな、みなかみ町で町長のセクハラ騒動が起きています。これまでも、地方議員の轢き逃げや問題行動を取り上げて来ましたが、どうして自らを律すべき地方政治の場にある人間が、こうした行動をとるのでしょうか?理解に苦しみます。 続きを読む

上西得意の相乗り攻撃、LGBTで杉田議員を口撃、三木議員の裏情報も暴露!?

引用 毎日新聞

元国会議員の上西小百合氏が近く女優デビューするといいます。昨年、大手芸能プロダクションに所属するのではと言われていましたが、すでにケイダッシュの系列事務所・ケイパークと契約を結んでいるそうです。これまで数々の炎上騒動を巻き起こし、いつしか“元祖炎上クイーン”と呼ばれている上西氏ですが、みごとに女優への転身を果たせるのでしょうか、その為の「前宣伝」なのか、かつて日本維新の会で同期だった杉田水脈議員のLGBTに関連した「生産性がない」発言問題に関連して、杉田氏の素顔を暴露して話題となっています。 続きを読む

豪雨の最中、高知市幹部職員が北海道旅行!災害対策よりも競馬観戦が好き。

引用 高知新聞

西日本豪雨で各地に甚大な被害が出た7月上旬、高知市の幹部職員7名が競馬観戦などのため、北海道函館市に旅行していたことが28日分かりました。出発した時には、高知市では災害対策本部が設置されており、同旅行への参加者の中には教育長と総務部長がおり、両名は災害対策本部の意思決定メンバーでした。既に災害対策本部が立ち上がっていたにも関わらず、同対策本部を離れたことに関して、市関係者として責任感がないのか、そのモラルが問われる不始末です。 続きを読む

生産性が低いのは政治家ではないのか?LGBTを責める意味がわからない杉田水脈議員。

引用 マイアンテナ

杉田水脈衆議院議員が月刊誌に寄稿した「LGBTは子供を作らない、つまり『生産性』がない」と主張し、各方面から批判を浴びています。杉田議員が所属する自民党は7月24日「杉田水脈議員の寄稿した内容に関しては、議員個人の見解だと理解しています」と問題にはしない方向のようです。話題となっているのは「新潮45」2018年8月号に掲載された杉田議員の寄稿記事「LGBT支援の度が過ぎる」にLGBTのカップルは子供を作らないので生産性がないと持論を載せたことです。 続きを読む

元横須賀市長が密漁容疑で書類送検か、止まぬ地方政治家の不埒な行為

引用 総合経営協会

三浦市内の海岸で貝を密漁していたとして、神奈川県警は前横須賀市長の吉田雄人氏から任意で事情を聴いていることが7月19日までに、捜査関係者からの情報で分かりました。漁業法違反や県海面漁業調整規則違反の疑いがあるとみられており、容疑が固まれば、吉田氏を書類送検する見込みです。捜査関係者などによると、吉田氏は今月の上旬、三浦市内の海岸で、友人と二人で許可なくサザエを採取した疑いがあるといいます。三崎署は吉田氏本人から事情を聴くなどして慎重に調べを進めています。 続きを読む

もっと厳しく規制しなくては受動喫煙対策法とは呼べない「改正健康増進法」

引用 愛媛県

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が18日の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立しました。多くの人が利用する施設の屋内を原則禁煙にし、違反者には罰則も適用する内容です。今後、段階的に施行し、東京五輪・パラリンピック開催前の2020年4月に全面施行します。改正法は、事務所や飲食店など多数が利用する施設の屋内を原則禁煙とし、喫煙専用の室内でのみ喫煙できようにします。加熱式たばこは受動喫煙による健康への影響が明らかでないとして、加熱式たばこ専用の喫煙室では飲食も可能にします。 続きを読む