滋賀県大津市、市案への反対署名を受け取り拒否!市民の声を聞かない市行政が成り立つのか?

 

引用 大津市ホームページ

滋賀県大津市、市民センターの統廃合を巡って市側と市民の間で問題が起こっています。大津市は5月21日、市の施策の方針に反対する市民1万5千人分の署名の受け取りを拒否しました。市民の要望を記して署名の受け取りを自治体が拒否するのは異例のことです。提出した市民らは「住民の声を聞く意思は市側にはないのか」と怒気を高めています、専門家は「市民の為の市政という前提が否定されている」と述べています。署名は、大津市が計画している市民センターの統廃合について36ヵ所にある支所機能を10ヵ所に集約するなどの市案に対して、市民側からは「市民サービスが低下する、高齢者や障害者に対する配慮に欠ける」などの意見があり、市側に撤回を求めています。青山・瀬田南・中央の3学区自治連合会が今年、1月から5月にけけて、反対・撤回要求の署名計1万5384筆を各学区自治連ごとに集めました。 続きを読む

「人はモノじゃない」赤ちゃん遺体頭部にレジ袋。あまりに酷すぎる葬儀社の対応、両親が葬儀社を提訴。

引用 サンケイニュース

兵庫県丹波市で昨年10月に急逝した生後5ヶ月の男児が司法解剖の後、コンビニのレジ袋を被せられていた問題で、男児の両親が21日、兵庫県警の委託で遺体を修復した神戸市中央区の葬儀社「平安」に対し、精神的苦痛を受けたとして慰謝料など約220万円を求める訴訟を神戸地裁に起こしましました。この問題が公になったのは昨年末のことでした、2017年10月に死亡した男児を警察が司法解剖後に遺族に引き渡した際、頭部にレジ袋が被せてあったことが12月13日に明らかになります。同社は体液が漏れるのを防ぐためにレジ袋を使用したといいます、同社は当時のマスコミに取材に対し「お答えすることはない」と回答、県警は「再発防止に努める」としていました。こうした問題が、その場限りで処理されてしまうのは大きな問題です。今回、ご両親が葬儀社を訴えたことは大きな意義があります。 続きを読む

狛江市の高橋都彦市長がセクハラ犯と認定される!副市長らは早期辞職を要求

引用毎日新聞

東京都狛江市の高橋都彦市長は数年前から周辺の市幹部や市議から「セクハラ行為をやめるように」注意をされていたことが分かりました。5月18日に開催された非公開の幹部会議で、市幹部のひとりが発言したそうです。市長のセクハラ行為に対して、市議会の一部会派からは「辞職要求」が出されていましたが、辞職を求める声は副市長ら市幹部にまで拡大し、市長は苦しい立場に追い込まれています。 続きを読む

女性下着で成り立っているのに「女性差別」で炎上するワコールってどうなの?

引用 ワコール

大手下着メーカーのワコールがインターネット上に掲載した男性下着の広告記事に対して性的な表現を用いており“女性差別”ではないのかとの批判が相次ぎ、同社がこの記事を削除していたことが、5月18日にわかりました。ワコール側は「不適切な表現だった」と謝罪しています。広告記事は、講談社のウェブマガジン「FORZA STYLE」に4月27日に掲載されたものでした。 続きを読む

京都・嵐山で竹林に「落書き」の被害!100本以上の竹に英語などの外国語で落書き、見つけたら厳罰。

 

引用 サンケイニュース

京都・嵐山の京都市が所有する竹林内の竹に刃物のようなもので落書きが彫られていたことが、17日に京都市から明らかにされました。刃物による落書きはアルファベットやハングルが使われており、その数は100本を上回る数となっています。被害に遭った竹が発見されたのは「竹林の散策路」と呼ばれるルートで、落書きの内容は記念に名前を彫ったものなどが多いといいます。京都市によると落書きされた竹は今年の4月以降、急激に増えたそうです。 続きを読む

真夏日のところ急増!大分県日田市や熊本県人吉で30℃越えの猛暑、夏が来た?

昨日は暑かったですね、都心では昼過ぎに28.6度まで気温が上がり、今季一番の暑さになりました。鹿児島では30℃に達して、今季初めての真夏日でした。東京は前日に比べて7℃も気温が上昇、気温差が大きくなっており熱中症に気を気をつけなくてはなりません。今日も西・東日本を中心に晴れて強い日差しで気温が上昇、西日本を中心に夏本番を思わせる暑さになると予想されています。 続きを読む

インド映画「バーフバリ」は絶叫上映と呼ばれる上映形態でコスプレまであるらしい。

引用 東京新聞

4月7日に新宿ピカデリーで開催された「オールナイト絶叫上映会」では、声出しOK、タンバリンなどの鳴り物使用OK、コスプレOKと、通常の映画上映会とは趣を異にした上映会が行われました。開始は夜の23時、完結編が始まったのは深夜1時半過ぎ、すべての上映が終了したのは早朝4時とハードなスケジュールながら、チケットは発売後に即完売するほどの人気でした。この上映会は東京だけではなく、大阪や福岡などでも開催されており、他のホラー映画などをいっしょに併映、ライブ用音響機材を使って映画で『爆音』を楽しむ「爆音映画祭」として開催しているところもあります。 続きを読む

栃木の山寺「雲厳寺」が吉永小百合効果で大人気!大人の休日倶楽部、黒羽編。

引用 大田原市観光協会

この春、JR東日本のデステネーションキャンペーンで栃木県が対象となっています。いつものように旅先を回る吉永小百合さんの姿を通して、キャンペーン先の風景を紹介していくのですが、今回のCMでは大田原市黒羽の古刹「雲巖寺」が話題となっています。通常は観光客が訪れるような場所ではないのですが、CMの放送後、多くの観光客が詰め掛けるようになり、交通整備員を配置するような状態となっています。 続きを読む

めざましテレビで紹介「第二の軍艦島」池島が人気、観光スポットとしての廃坑施設。

長崎県は西彼杵郡の端島は「軍艦島」として有名です。明治時代から昭和時代にかけて海底炭鉱として栄え、1k㎡ない小さな面積の島に最盛期には5,000人を超える住民が住み世界一の人口密度を誇った事もあります。しかし1974年に閉山、以降、島に残されたコンクリートの住居を乗せた島影が「軍艦」のように見えるため、「軍艦島」として有名になり、映画のロケなどに使われることもしばしばでした。また、明治期に作られた岸壁と海底坑道は『世界遺産』に指定されています。しかし、保護されているのは島の一部であり、大半は崩壊するに任せた状態となっています、このため観光資源としては利用しにくく、海上から眺めるか、上陸しても決められた場所から外観を見るだけでした。こうした端島の状況を見ていた地元の観光会社が新たに旧炭鉱施設として目を付けたのが同じ西彼杵郡内にある「池島」だったのです。 続きを読む

なぜ?疑惑と言うのか、行為があれば「セクハラ」であって、みなかみ町長は辞職しなくてはならない。

引用 産経ニュース

群馬県みなかみ町長の前田善成氏は2018年4月18日に町内の飲食店で開かれた団体の送別会で、無理やり女性を抱き寄せキスをしたと報道されました。前田町長は「相手の同意があったと思った」と行為があったことは事実として認めています。しかし、前田町長は同行為がセクハラに当たるとの認識はなく報道陣に対して「私の軽率な行動で町民のみなさまにご迷惑をおかけしたことをおわびする」と陳謝するも「町長の仕事を全うすることが私の責務だ」と述べ、辞職する考えがない事を明らかにしています。100万歩譲ったとして、相手の同意があったにしても公の場でキスをするなど公職にある者の行為とは思えません。また、被害者と思われる女性に対して失礼だとはかんがえないのでしょうか、それこそがセクハラ行為です。 続きを読む