消毒液で連続殺人、殺人容疑の看護師は何を考えていたのか?「めんどうだから」それだけの理由。

引用 朝日新聞デジタル

横浜市神奈川区の大口病院で2016年9月、入院患者が相次いで中毒死した事件で、そのうちの一人の男性(当時88歳)を殺害したとして、神奈川県警は7月7日、病院の看護士だった久保木愛弓容疑者を殺人容疑で逮捕し、発表しました。捜査関係者によると、久保木容疑者は逮捕前の任意聴取に対し、2人とも消毒液を体内に混入させて殺害をしたことを認めました。久保木容疑者は看護師をしており、亡くなった方たちは勤務する病院の患者でした、特別に被害者に恨みがあるとか強い動機があった訳ではなく、自分が担当勤務の時に患者が亡くなると「めんどう」だからと、消毒液を使って殺害していたようです。 続きを読む

これで幕引きなのか?大体大浪商の記者会見にみる責任のあり方と無念の桃山学院!

引用 スポーツ報知

ハンドボールの全国高校総体大阪府予選男子決勝は堺市家原大池体育館で6月10日に実施されました。この大会で悪質な接触プレーではないかと優勝した大体大浪商の選手のプレーが指摘された問題に関して、大体大浪商は7月5日、大阪府熊取町の同校で記者会見を行いました。これまでも、浪商側の徳永昌亮監督は「ユニホームを掴んでいるのを振りほどくために、体をひねった時に肘が当たっているというように私は見ていますし、子供たちからもそういう話を聞いています。」と故意でなかったことを説明していました。しかし、桃山学院側はこの説明を受け入れることができず、更なる説明をもとめていました。これに対応したのが今回の記者会見だったのです。 続きを読む

インターハイ予選決勝でラフプレー!大阪府の男子ハンドボール決勝戦、怒りの桃山学院

引用 モー二ングショー

インターハイに出場するということは高校で運動部に所属する生徒にとっては特別な事なのです。全国に行く、全国で認められる、そのためのインターハイを賭けた予選は大事な大会となります。大阪府の男子ハンドボールのインターハイ予選決勝で問題が起こりました、決勝は6月10日に大阪府堺市内の体育館で行われました。問題の行為が行われたのは後半13分頃、青と黄色のユニホームの浪商選手が体を右にひねると、桃山学園のエースは背中から突然に倒れました。そして、みぞおちを押さえたまま、うずくまってしまいました、みぞおちに浪商選手の肘が当たっていたのです。 続きを読む

名古屋の「ゴミ屋敷」強制執行!普通の街並みに戻ると周辺は安堵。

引用 東スポ

私はA型なので整理整頓されていない空間に身を置くことが出来ません、血液型というよりかは性格の問題なのでしょうが、ある説によると環境ではなく個人の特性によって、整理できる・できないは分かれるらしいです。どんなに大きなキレイな屋敷に住んでも散らかす人は散らかすのだそうです。先日から名古屋の「ゴミ屋敷」が話題となっています、別にここだけが「ゴミ屋敷」ではないのでしょうが、住民が個性的なこともあって話題となってきたのでしょう。その名古屋の「ゴミ屋敷」も名古屋地裁の建物明け渡しを命じた判決に基づく強制執行により「ゴミ屋敷」の歴史を終えることとなりました。 続きを読む

なんとも情けない「モミジ」を持ち帰り愛知県の市議会議員が書類送検される。

引用 ヤフーブログ

既に時効なので大丈夫だとは思いますが、まだ、何が犯罪なのか分からない頃、父に連れられて行った、国定公園内の山岳部で高山植物を採って帰ったことがあります。この時は父から「この葉っぱと同じものを、枝先15㎝くらいで切って…」と指示されたことを覚えています、また「人と会っても採ったものは見せちゃいけない」とも注意されました。子供ながらに「イケない」ことをしていることは、なんとなくわかっていました。挿し木をするために、高山植物の先端部分を採っていたのです、父の「人には見せてはいけない」と言う言葉が心臓をバクつかせたのを覚えています。この行為は森林窃盗罪という罪になるそうです、岐阜県では市議会議員が保安林から「モミジ」を持ち帰ったことで書類送検となっています。 続きを読む

生きていた「ゴルゴ13」150m先から、フィリピン市長を狙撃!

引用 CNN

生きていたなどと書くとさいとう・たかを先生に「いつ死んだんだ」とお叱りを受けてしまいますが、ここは「本当にいた!」とすべきなのかも知れません。フィリピンの首都マニラの南に位置するタナウアンのアントニオ・ハリリ市長が6月2日、市の式典に出席中に何者かに射殺されました。警察の調べでは150m先から市長は狙撃されており、訓練された狙撃手でなければできない技術だと発表されました。 続きを読む

岡山で中学生運転の車衝突、1人死亡4人重体。運転はゲームじゃない!

 

引用 日本経済新聞社

社会の何かが緩み始めているのかも知れません、政治の世界では誰が見ても「嘘」と思われることを“ごまかす”、スポーツの世界でも勝つために平気でルールを破る、子供たちがそうした社会をどう見ているかが心配です。今日、早朝に岡山で中学2年の男女5人が乗った車が中央分離帯にある鉄柱に衝突、車から飛び出した女子生徒が死亡し、他の4人も重傷を負っています。この事故を、単なる「特別な事故」と考えてよいのでしょうか、新幹線での無差別殺人の後、富山県での拳銃が奪われた事件、何かが繋がっているような気がします。それは社会に広がる秩序の“緩み”ではないでしょうか?
続きを読む

北部九州豪雨から1年、被災地の現状を憂う。過疎化、集落の壊滅が問題。

引用 毎日新聞

2017年7月5日午後、福岡県筑後地方北部で次々と積乱雲が発生し、発達しながら東へと移動して線状降水帯が形成されました。このため同じ場所で猛烈な雨が長時間降り続きました。福岡県朝倉市、うきは市、久留米市、東峰村、佐賀県鳥栖市、大分県日田市などで1時間に100㎜を超える雨量が観測され、特に朝倉市付近では3時間で約400㎜、12時間で約900㎜の雨量が観測されました。気象庁以外が管轄する雨量計では、朝倉市寺内で5日15時20分までの1時間降水量169㎜を観測。また朝倉市黒川の雨量計では5日20時50分までの9時間に778㎜を観測するなど、その降水強度は激烈なものでした。1時間の値は1982年の長崎大水害の187㎜に迫り、9時間の値は平成25年の台風第26号において伊豆大島で観測された789.5㎜n匹敵するなど、朝倉市の山間部では局地的に9時間にわたり、気象観測史上でも最大級の集中豪雨となりました。後に、九州北部豪雨と呼ばれる大水害です。 続きを読む

小室圭さんと守屋慧さん。守屋さんは秋結婚で、小室さんはアメリカへ留学してフェードアウトか。

引用 これでいいのだ日記

高円宮家の三女・絢子さまが日本郵船勤務の男性と婚約されることが話題となっています。絢子様は2002年に亡くなった高円宮様と久子様の三女で、現在27歳。母、久子様は日本サッカー協会の名誉総裁で、ロシアワールドカップにも選手を激励するために訪問されていました。お相手の守屋さんは、現在32歳。慶応義塾大学文学部を卒業し、日本郵船に勤務していて、趣味はマラソンやトライアスロンとのことです。宮内庁は、お二人の婚約内定を7月2日に発表予定です。結婚式は10月29日に明治神宮で行われます。と、ここで引っ掛かるのが、昨年9月に婚約発表したにも関わらず、2月に結婚延期の発表をした秋篠宮眞子様とお相手の小室圭さんのことです。 続きを読む

今はもう「仁義なき戦い」ではなく「アウトレイジ」な時代なのか、名悪役・名和宏さん逝く。

引用 仁義なき戦い

だいぶ昔になりますが東映京都撮影所製作のヤクザ映画や時代劇を中心に名前が登場しないわき役・切られ役として出演していた大部屋俳優が集まった飲み会で「ピラニア会」という、ちょい出の悪役俳優で「飲み仲間」の会を立ち上げました。これが、当時話題となり室田日出夫、小林稔侍、片桐竜次、成瀬正孝、志賀勝、川谷拓三、らが参加してブームになったことがあります。1970年代中ごろに盛り上がりました、この集団の周辺には「村民」と呼ばれた製作スタッフ(中島貞夫、深作欣二、倉本聰他)もいて、メンバーは『仁義なき戦い』やTVドラマ「前略おふくろ様」などに出演していました。こうした、悪役の集団活動に参加せず、一匹オオカミで「悪役」を演じている男がいました。人は彼のことを「名悪役」とか「悪代官」と呼びますが、今の映画・テレビの世界ではお目にかかれない貴重な俳優さんでした。 続きを読む