大槌町副町長が“あおり運転”か?被害男性は「接近や蛇行」を主張、副町長はハイビームを消せずに走行しただけと謝罪。

引用 日刊スポーツ

岩手県大槌町の沢舘和彦副町長(61)が公用車で“あおり運転”を行ったとして、町内の男性(46)とトラブルとなっています。沢舘副町長は3日に記者会見を行った際に、あおり運転の事実を否定しました。一方で自ら現金を支払って事を収めようとしたことも明らかにしました。沢舘副町長と被害に遭ったとする男性の話は食い違っており、「あおり運転」が注目を集めている時だけに「公用車」しかも、復興支援で贈られた車両でのトラブルだけに注目を集めています。 続きを読む

「週刊ポスト」が“韓国なんて要らない”なんて言ってはいけない。こちらが「厄介な隣人」と思えば、向こうもそう思う。

引用 週刊ポスト

週刊ポスト誌は2日、同日発売の同誌特集「韓国なんて要らない」の内容の一部が、誤解を広めかねないものだったとして、同誌のウエブサイト「Newsポストセブン」に謝罪文を掲出しました。戦後最悪と言われる日韓関係が毎日のように取り沙汰されるなかでの、メジャー雑誌の韓国批判は行き過ぎた行為だったようです。これまで、従軍慰安婦問題やレーザー照射問題、日章旗否定‥思い返せばきりがない不条理な扱いにあってきた我国、固有の領土さえ名前を勝手につけて実効支配されてきました。しかし、政府は正面きって怒りを露わにすることはありませんでした。そこには、外交が持つ本質を日本政府が理解しているからではないでしょうか、そんな国家において影響力のある媒体が反韓の姿勢を露わにすることは許されない行為です。 続きを読む

性欲の強い原田龍二がワイドナショーで語る「キス以上は踏み出せませんね」この人の反省とは何なのか?

引用 アサヒ芸能

本日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」の最後のコーナーに原田龍二が登場、街中でインタビューを行い一般の人が逆に原田に質問をするというもの、今年5月に4W不倫が発覚、バラエティやドラマへの出演も減り、自粛モードなのかと思っていましたが、ご本人は悪びれることもなく「私のことを知っていますか?」「私がしたことをどう思いますか?」と町行く人たちに尋ねていきます。通常の神経であれば“叩かれる”ことを恐れて引き受けることのできない企画でしょうが、そこを超えてやっているのが原田龍二の人間性を表しているのかも知れません。番組に出る事こそが禊になるという考えは自分勝手な理屈であり、その自分勝手が不倫の根源であることに気が付いていないようです。 続きを読む

GSOMIAを破棄しても新大久保を閉鎖はできない!韓流文化と政治的対立は別物?今日も韓国式ホットドックは売れ続ける。

新大久保

安全保障に問題が懸念されているGSOMIAの破棄、加速していく日本と韓国の関係悪化。このまま出口が見つからないままに両国の国交が断絶するような事態に発展していくのでしょうか?関係悪化から韓流文化の発信地である「新大久保」にも“影”が刺しているのではないかと現地を取材してました。訪れた日は土曜日の昼時、山手線で駅に降り立った時には「前よりも少ないのでは?」と感じましたが、出口が近づくにつれて間違いであることがわかりました。もともと駅のつくりから改札前後が混むの仕方ないと思っていましたが、駅を出るとすぐに街中が人でごったがえしていることがわかりました。 続きを読む

もう止めるべきでは?24時間テレビ“チャリティーマラソン”に見る「柳の下のドジョウ100匹」最後のランナーは客寄せパンダ!

引用 24時間テレビ

今年も「24時間テレビ『愛は地球を救う』」の季節がやってきました。毎年、話題となるのは“チャリティーマラソン”を誰が走るかです。第1回のランナーは間寛平さんでした。「走る」ことを日課にして、いろんな大会に参加していた間さんが記念すべき第1回のランナーに選ばれたのは納得ですが、以降、さまざまな方々が挑戦しています。タレント、女優、芸人…。ある意味、その時点で話題であったり人気のある方が「ランナー」に選ばれて番組の視聴率に貢献してきたようなイメージもあるのですが、確かに、長距離をボロボロでゴールするランナーの姿は感動を呼びます。しかし、視聴者は走る姿に本当に感動を覚えているのでしょうか? 続きを読む

タレント美奈子が『ザ・ノンフィクション』で夫と8人の子供の生活を公開、私生活の切り売りは許されるのか?

引用 ザ・ノンフィクション

フジテレビのドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」(日曜14:00~)でタレント美奈子とその家族に密着した内容が11日に放送されました。「新・漂流家族2019夏~美奈子と夫と8人の子供~前編」への反響が集まっています。同番組では今年2月の放送で密着したばかりですが、いきなり大家族の父親になった元プロレスラーの佐々木義人さんと思春期の長男・長女、さらに子育てをめぐって対立する美奈子との不穏な空気が漂い、本日放送の「後編」では、そうした各々の感情が爆発します。 続きを読む

さらばイージーライダー!ニューシネマの騎士ピーター・フォンダ逝く。もちろん最後は「ワイルドで行こう」。

引用 イージー・ライダー

映画「イージーライダー」が公開されたのは1970年1月24日のことでした。オープニングでステッペンウルフの『ワイルドで行こう』が流れ、ピーター・フォンダがバイクで走り出し、彼の名前とデニス・ホッパーの名前が写し出されます。公開当時、若者から絶大な支持を受け、アメリカンニューシネマの代表作の一つとなりました。この映画で一躍スターとなった俳優ピーター・フォンダさんが16日、ロサンジェルスの自宅で死去しました。79歳、死因は肺がん。多くのアメリカのメディアが名優の死を悼みました。 続きを読む

ワイドナショーで“ガセ”が話題!松本人志が語る「浜田とサシ飲みするわけねぇじゃん」吉本騒動も一段落か?

引用 ワイドナショー

本日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で吉本興業の「エージェント契約」が冒頭から話題に、吉本騒動をネタに盛り上がる松本人志、東野幸治の吉本ベテラン組。その際に話題に上ったのが騒動に便乗してのガセネタ騒動、この話はもともと同番組に中居正広が出演することになった、吉本問題にも仲裁に乗り出すのではと巷で噂が流れたことに端を発しています。しかし、番組冒頭では“ひどいガセ”として完全否定されていました。 続きを読む

ワイドナショーに泉谷しげるが出演、泉谷節の前に松本均人志も涙!同世代、武田鉄也とは一味違う泉谷先生。

8月4日、フジテレビ系「ワイドナショー」に71歳の泉谷しげるさん、70歳の武田鉄也さんが出演しま

引用 asahi.co

した。冒頭は今が旬の「吉本問題」、泉谷さんは『親に逆らっちゃいけない』と一言、これに松本が物申すかと思いきや、笑いネタにしただけでスルー。その後も、浜崎あゆみのデビュー時の恋愛に関しては「気持ち悪い」でバッサリ、最後に泉谷さんが7月にライブハウスで行った6時間×60曲ライブの話題となり、番組でライブに密着した映像が流されると、番組レギュラーの松本人志さんも“目をウルウル”させて映像を見ていました。70を超え、さすがに老いが目立つ泉谷さんですが、ご自身が言うように体は衰えても心は衰えていないようです。 続きを読む

日韓関係悪化、遂に限界線を越えて文化交流にも影響。映画「ドラえもん」の公開が延期に!

引用 映画「どらえもんのび太の月面探査記」

昔、飲み屋で知り合った反社会勢力のオジサンが教えてくれました「なぜ、俺たちが反社会かって?」「誰も文句がつけられないような事にも文句つけて、金を取るからさ」と、彼らはそれを生業として生きているので、それはそれで仕方ないかとは思いますが、隣国韓国の最近のありようは、それ以上のものがあります。理不尽などという言葉では表現できないところまで来ているのです。朝鮮日報は8月2日、日本政府が韓国をホワイト国から韓国を除外した影響で映画「ドラえもん のび太の月面探査記」の韓国での公開が延期になると報じました。 続きを読む