大槌町副町長が“あおり運転”か?被害男性は「接近や蛇行」を主張、副町長はハイビームを消せずに走行しただけと謝罪。

引用 日刊スポーツ

岩手県大槌町の沢舘和彦副町長(61)が公用車で“あおり運転”を行ったとして、町内の男性(46)とトラブルとなっています。沢舘副町長は3日に記者会見を行った際に、あおり運転の事実を否定しました。一方で自ら現金を支払って事を収めようとしたことも明らかにしました。沢舘副町長と被害に遭ったとする男性の話は食い違っており、「あおり運転」が注目を集めている時だけに「公用車」しかも、復興支援で贈られた車両でのトラブルだけに注目を集めています。 続きを読む

「はい、終わり」勝海舟の辞世の句に似ていますが、あおり運転野郎の言葉。なぜ、この“あおり”の犯人を終わりにできないのか?

引用 ALL ABOUT

報道各社では連日、再現動画を作って放送し、その悪質ぶりを取り上げてきました。それが大阪府堺市の路上で、バイクに乗った当時大学生の男性を背後からあおり、追突して死亡させた事件です。ドライブレコーダーに記録されている、衝突後に被告が発した「はい、終わり」という言葉などから、被告が故意に追突したと判断されました。幕末の偉人勝海舟は辞世の句として「はい、これでおしまい」と読みました、同じ“終わり”にしても、このあおり男の“終わり”は自分ではなく、他人の人生の“終わり”を意味していたのです。追い越されただけで人の命を奪う非道な人間に下された判決は… 続きを読む