「ながら運転」厳罰化!事故に遭った被害者の気持ちが本当に伝わるのか?問題は運転者の注意を喚起すること。

引用 クリッカー9周年

今朝の報道番組は、どこの局でも「ながら運転」の厳罰化が取り上げられ、1日から始まった取締りの下で運転者がどう対応しているかを取り上げるところがほとんどでした。この罰則強化の裏には「ながら運転」で息子さんの命を奪われた父親の懸命な活動がありました。携帯電話などを使いながら運転する、いわゆる「ながら運転」はスマートフォンの普及に伴い年々増加し、平成30年の一年間には2,790件もの事故が携帯電話関連で起きています。しかし、その事故内容には通話時の事故だけではなく、ゲームやメールと言った運転中に“ながら”でやれば危険性が高まることが分かり切った事例が数多く含まれているのです。 続きを読む