アメリカの同時多発テロから19年「9.11」、若者はニューヨークに世界貿易センターという110階建てのオフィスがツインタワーであったことを知らない。

引用 ルネッサンス メトロポリタン

その日のことは決して忘れられません、仕事から帰宅して夜のニュースを見ているときにニューヨークの状況が映しだされtりました、世界貿易センターに「何事かが起こった」とされ、上層階の一部から黒い煙が吐き出される様子がLIVE映像で流れていました。その時です、ビルの右手側から飛行機が現れビルに突っ込んだのです。あまりのことに食事をする手が止まり、画面を凝視していました。これが後に「アメリカ同時多発テロ」と呼ばれる国際テロ事件の1つだったのです、一般人が日常生活においてテロ行為を目撃することなどありません、爆破や銃撃の惨劇が起きたとしても、その後の現場を取材したニュース報道を見るくらいです。しかし、このニューヨークの世界貿易センターへのテロは、多くの映像が公開され、ビル倒壊時の周辺の状況はセンセーショナルに報道されました。 続きを読む

17年目の9・11。ワールド・トレード・センターを見て思う「あの日」

引用 ヤフーニュース

昼の映画枠でニコラス・ケイジの「ワールド・トレード・センター」をやっていました。それを見て初めて「ああ、今日は9・11だったんだ」と思い出しました。あれだけの惨事だったのに17年の年月は、記憶を消し去っていこうとします、しかし、思い出してしまうと「あの日」が鮮明に思い出されてきました。日本時間2001年9月11日、午後9時くらいでした仕事から帰ってテレビを見ていると、WTCビルに飛行機が激突したとニュースが流されていました。高層ビルの中央部から煙が出て、アメリカ現地のアナウンサーの興奮して声が聞こえていました。何が起こっているのかは良く理解できていませんでした、その時です画面右側から現れた民間旅客機がビルに突入します。私と妻は「ああ!」画面を見て思わず叫んでいました。 続きを読む