ラグビー・ワールドカップも終了、なぜイギリスの行為を「銀メダル拒否」となじるのか?彼らは“誰か”を責めているわけではない。

引用 ラグビーワールドカップ

ラグビーのワールドカップ日本大会決勝が7日、7万を超える観客を集めた横浜国際競技場で行われ、南アフリカがイングランドを32対12で下し3大会ぶり3度目の優勝を果たしました。試合前には、日本代表の監督も務めた名称、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチが率いるイングランド優勢の声が強かったのですが、予想に反してイングランドの完敗。そのショックと悔しさのためなのか、表彰式でロックのマロ・イトジェ選手が銀メダルを首にかけられることを拒否し、その他の選手もメダル授与後に首からメダルを外す行為が続出しました。各国メディアは、イングランド選手のこうした行為を「ラグビー発祥の国紳士の国の選手の態度ではない」と一斉に報じました。 続きを読む