居眠り説明に、説明データの間違い、そして「イージス・アショア」計画停止。山口、秋田を止めるなら沖縄の辺野古はどうするの?

引用 アゴラ

昨年の今くらいに開かれた秋田市でのイージス・アショアの配備をめぐる地元説明会で、驚きのひとコマが起こりました。立ち上がり質問する住民が奥を指さして「一番奥の右の人」「あなた居眠りしてでしょ」「何を考えているんだ!我々の人生がかかっているんだぞ」と怒号を飛ばしたのです。この報道を見て呆れた人は多かったのではないでしょうか、飛来するミサイルから日本本土を守る名目で導入されるイージス・アショアの説明会、参加した住民にとっては自分の頭上でミサイルが爆発するかも知れないという話をしているのに、説明する側が寝ていたのでは、怒らずにはいられません。 続きを読む

秋田県民を愚弄する防衛省のイージス・アショア説明、資料は間違いだらけ、説明では居眠り!こんなことで国が守れるのか?

引用 asahi.com

自分たちが住む地区に児童相談所が出来るだけでも問題になると言うのに、対ミサイル迎撃装置が配備されるとなれば住民が反対するのも無理からぬことです。しかし、国防ためという大義名分の元に防衛省は“住民に寄り添った”説明を行い地元住民の理解を得なければなりません。防衛省は8日、陸上自衛隊新屋演習場(秋田)への配備を検討している地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡り、秋田市内勝平地区で周辺住民への説明会を開きました。住民からは、同演習場を「適地」とした防衛省調査に誤りが見つかった問題で「信用できない」などと批判が相次ぎました。 続きを読む