「アベンジャーズ エンドゲーム」がアバターを抜き、歴代世界興行収入が1位となる勢い!何がそんなに魅力なのか?

引用 アベンジャーズ
   エンドゲーム

アメリカのSFアクション映画で日本でも公開中の「アベンジャーズ エンドゲーム」の世界興行収入が、公開1週目の週末で12億ドル(約1339憶円)を突破しました。配給会社のウォルト・ディズニーが発表しています。10億ドルの大台を史上最短で記録する作品となります。本作品はアイアンマンやスパイダーマンなど、人気漫画出版社マーベル・コミックの様々なキャラクターが同じ世界として登場するシリーズでは22作目となります。アベンジャーズの作品としても4作品目で完結作となります。公開から11日目には世界興行収入は既に21億9374万959ドルを突破し、わずかな期間で社会現象を巻き起こした「タイタニック」(1997年)の興行収入を超え、世界歴代興行収入ランキング2位に踊り出ました。 続きを読む