大槌町副町長が“あおり運転”か?被害男性は「接近や蛇行」を主張、副町長はハイビームを消せずに走行しただけと謝罪。

引用 日刊スポーツ

岩手県大槌町の沢舘和彦副町長(61)が公用車で“あおり運転”を行ったとして、町内の男性(46)とトラブルとなっています。沢舘副町長は3日に記者会見を行った際に、あおり運転の事実を否定しました。一方で自ら現金を支払って事を収めようとしたことも明らかにしました。沢舘副町長と被害に遭ったとする男性の話は食い違っており、「あおり運転」が注目を集めている時だけに「公用車」しかも、復興支援で贈られた車両でのトラブルだけに注目を集めています。 続きを読む